タグ:小売

1まとめらいぶ2017/11/21(火) 17:05:44.24ID:CAP_USER.net
イオングループのコンビニ「ミニストップ」(千葉市)は21日、成人向け雑誌の取り
扱いをやめると発表した。12月1日から千葉市内の43店でとりやめ、来年1月1日
から全国の約2200店に広げる。買った総菜を自宅で食べる「中食」市場の拡大など
で、コンビニを訪れる女性が増えている。顧客に不快感を与えるケースがあるとして成
人誌の取り扱いをやめることにした。

 ミニストップによると、成人誌について、来店した女性や家族連れから、「やめてほ
しい」「子どもに見えてしまう」などという声が寄せられ、今年5月ごろから取り扱い
の中止を検討していた。雑誌の売り上げに占める成人誌の割合は5%程度。取り扱いを
やめることで女性客らの集客アップを期待している。

 千葉市は今年2月、市内の一部のコンビニで、陳列棚の成人誌に不透明なフィルムを
巻いて、表紙の一部を隠す取り組みを試験的に行う方針を発表した。しかし、作業負担
の大きさや売り上げが減ることへの懸念を示すコンビニ側との協議は難航。千葉市はフ
ィルムを巻く取り組みを断念する考えを21日に明らかにした。

 一方、コンビニ大手では成人誌の全面的な取り扱いの中止には慎重だ。ローソンは、
全国に約1万3千店舗のうち約2500店ですでに成人誌を販売していない。成人誌を
置くかどうかは加盟店オーナーの判断で、「雑誌のなかでも単価が高く、店舗の売り上
げに貢献しているところも多い」(広報)という。

【朝日新聞】
 http://www.asahi.com/articles/ASKCP3TNFKCPULFA005.html
続きを読む

1まとめらいぶ2017/05/11(木) 06:17:27.57ID:CAP_USER.net


中古本販売大手のブックオフコーポレーションが高級路線に力を入れている。
フリマアプリ「メルカリ」など、ネットを通じた個人間の直接売買が広がって
いるあおりを受け、主力の書籍やCDの売り上げが振るわなかった。2017
年3月期の純損益は11億円の赤字で、赤字は2期連続。

 対抗措置として打ち出すのが、競合の少ない富裕層へのアプローチだ。子会
社のハグオールは、伊勢丹などの百貨店で買い取りサービスを展開し、売り上
げは前年の2・3倍となった。ただ、事業の拡大ペースを見誤り、大型の物流
倉庫を借りたため、採算が合わなかった。今後は倉庫を縮小し、黒字化をめざ
す。堀内康隆社長は「富裕層でも、中古品を取引することへの抵抗感は薄れて
いる。戦い方を考えながら改革を進めていく」。

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00000088-asahi-bus_all
続きを読む

1まとめらいぶ2017/04/05(水) 07:05:33.57ID:CAP_USER.net
【nnw】
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170405/k10010937211000.html

インターネット上の仮想通貨、ビットコインの利用が国内でも増える中
大手家電量販店のビックカメラが東京都内の一部の店舗で支払いの手段
として、導入する方針を固めました。

関係者によりますと、ビックカメラは東京・千代田区と新宿区の2店舗
で7日からビットコインで支払いができるようにする方針を固めました。

大手の小売業で、ビットコインの導入は珍しいということですが 、この
会社では普及が進んでいる海外からの旅行者の利用に加え今後は国内の
利用者も増えると見込んでいて、全国の店舗への拡大も検討していくと
いうことです。

ビットコインはインターネット上でやり取りされる仮想通貨の1つで、
スマートフォンで送金ができ手数料が安いことが特徴で、国内でも導入
する飲食店などが増えています。

仮想通貨をめぐっては、3年前に取り引きの仲介業者が経営破綻したの
をきっかけに、今月から仮想通貨と実際の通貨を交換する業者が登録制
となるなど規制が強化されました。利用者保護の取り組みも進む中、小
売店の間で導入が広がっていくのか、注目されます

ビットコイン

【イメージ画像】
続きを読む

↑このページのトップヘ