導入 : まとめらいぶ

タグ:導入

1:まとめらいぶ 2022/01/28(金) 21:12:44.257 ID:0C1hK42Cd
セブン―イレブン・ジャパンは28日、レジのタッチ画面の映像が空中に浮かび上がり、
実際の画面に触れることなく操作、会計できるセルフレジの実証実験を2月1日から
都内6店舗で順次始めると発表した。新型コロナウイルスなどの感染リスクを減らす狙い。

レジ台の下に設置されたタッチ画面の光が特殊なガラスパネルを通過し、レジ台の上部に
像が浮かび上がる仕組み。センサーが指の動きを感知し、操作できるようになっている。

no title



引用元: 【画像】セブンイレブン、ホログラムレジの導入始まるwww

(C)2015 - 2022 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2021/03/22(月) 09:10:45.11 ID:el2is5Ff0● BE:144189134-2BP(2000)
支払いセルフレジ

no title

スーパーの支払いセルフレジ

no title

【ダイヤモンド・チェーンストア】
 https://diamond-rm.net/technology/60853/amp/

引用元: スーパーによくある 支払いだけセルフレジ導入 セブンイレブン(画像あり)

(C)2015 - 2021 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2020/07/22(水) 22:35:44.78 ID:poFjpJLA0● BE:601381941-PLT(13121)
コンビニの陳列をこなせる遠隔操作ロボ「Model-T」登場 

ファミマやローソンが試験導入

コンビニの陳列などができる遠隔操作型ロボット、「Model-T」をロボティクス企業の
Telexistenceが発表しました。身体への負担が重い陳列業務の遠隔化・自動化で、人が
場所を選ばず安全に働ける新たな店舗オペレーションを実現するとのことです。

no title

胴体とアームに22の関節を備えた人型ロボット。

手狭な空間でも人間のように作業を行えるため、導入時に
必要な店舗環境の改修を最低限に抑えられるとしています。

操縦は人間がVR機器を介して実行。
ロボット側のカメラから操縦者側のディスプレイに映像が表示されるまでの遅延を50ミリ秒
まで抑え、身体感覚とのズレをほぼ感じない、正確な操作環境を実現したといいます。

no title

多様な形の商品に対応できるよう、ロボットハンドには新開発の
「Andrea-Yamaura End Effector」を採用。

1本で“つかむ”と“吸いつかせる”をこなせるため、
商品ごとに腕を付け替える手間が不要となります。

no title

no title

同社はファミリーマートと協業しており、今夏をめどに都内の店舗で実験的な商品陳列が開始する予定。

ローソンも9月オープンの「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」で導入します。

【ねとらぼ】
 https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2007/22/news143.html

引用元: 【画像】 コンビニの陳列が可能な人型ロボット誕生 ファミマやローソンで導入へ

(C)2015 - 2020 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶNG NG BE:829826275-PLT(12931).net

希望の党(代表・小池百合子東京都知事)の衆院選公約の原案が4日、判明した。

【読売オンライン】
 http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news1/20171004-OYT1T50055.html


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶNG NG BE:837857943-PLT(16930).net




藤本明裕社長が同日、都内で開催した2017年度下期商品政策発表会で明らかにした。

藤本社長は「店舗の人手不足は今後も重要な課題となる。店舗オペレーションの
省力化を行うことで、店内調理のファストフードを提供するミニストップの強み
が生きる体制を目指す」と語る。

セミセルフレジは、商品登録と袋詰めは店舗スタッフが行い、精算と釣銭の授受
をお客自身が行うもの。

新しいレジを導入することで、2台のレジを1人のスタッフが見ることができ、
店舗人員の省力化を目指す。

藤本社長は、「コンビニのレジ業務は重要な業務の一つだが、シニアや外国人
スタッフにとっては最大のハードルともなっている。これまでは、一人の
従業員がレジを含め何でもできる体制を目指していたが、セミセルフレジ
を導入することで、レジ専任スタッフ、品出し専任スタッフ、店内調理
専任スタッフといった役割分担も可能になる。レジ業務を行わない職種
ができれば、シニアや外国人スタッフの採用が増える可能性がある」
と述べた。

【流通ニュース】
 https://ryutsuu.biz/it/j090719.html
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ