タグ:寿命

1:まとめらいぶ 2019/01/24(木) 15:11:39.06 ID:CAP_USER
かつては水銀電池、現在はヨウ素リチウム電池が主流だというペースメーカーは、原子力電池を
試した時代もありました。ですが日本デバイス治療研究所いわく、漏洩放射線の問題や、放射性
物質に関する様々な法規制を受けることから、発展しなかったのだそうです。

しかしheise onlineによりますと、今ロシアの研究者たちが、医学的に使用可能な原子力
電池への道を進んでいるのだとか。

■大きな一歩を踏み出すことに成功

この原子力電池とは、低電力の用途に適し長寿命の使用ができるベータボルタ電池を指します。
ロシアの研究者たちは、この技術再開発で著しい技術的進歩を遂げ、ガス遠心分離機で可能な
エネルギー源である放射性同位体ニッケル-63を69%以上に濃縮することに成功しました。

このニュースは、ロシアの国営メーカーでモスクワの核燃料を担うTVELが発表。
バッテリーの寿命は濃縮度に依存し、2019年までにシベリアのゼレノゴルスクにある研究施設で
いずれ80%以上の濃縮が達成されるはずだ、とも述べています。TVELによると、寿命が50年
までのコンパクトな原子力電池は現在、機器製造や無線電子機器のトレンドになっているのだそうな。

■小型化できるとなれば

小型の原子力電池は、小さなエネルギー源を長期間メンテナンスフリーにする必要がある
場合に理想的です。最たる例がペースメーカーですね。

原子力発電所のように崩壊熱を利用して発電するのではなく、ニッケル63やトリチウムなどの人工
放射性同位元素の自然崩壊で生じる放射線を電気へ変換するメカニズムになるとのこと。
これがベータボルタ電池なのです。

■どうやって遮蔽する?

放射性崩壊によるこの種の直接発電は、ベータボルタイックと呼ばれています。人工的に製造された
同位体Ni(ニッケル)-63は100年の半減期を持っていますが、危険なガンマ線ではなく穏やかな
ベータ線を発するすることから、漏洩するかもしれない放射線は「シンプルなプラスチック包装」で
シャットアウトできるというのです。

ちなみにですが、原子力ペースメーカーは、1970年代半ばにアメリカとドイツで一部の患者に
同位体プロメチウム-147の電池が埋め込んでみたものの、サイズ、寿命、そして放射線に対する
遮蔽に問題があった過去があります。ですがガス遠心分離機による濃縮で、未来のエネルギー
装置が手に入ったのです。

体内に原子力を埋め込むのはちょっとコワい気もしますが、完璧に実用化が保証されれば
昭和のロボットの気分になって愛着が湧くかもしれませんね。

no title

【GIZMODO】
 https://www.gizmodo.jp/2019/01/atombatterie-russia.html

引用元: 【エネルギー】寿命は50年。ロシアが超長持ちする電池を再開発(原子力で)

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/02/08(金) 00:41:52.68 ID:CAP_USER
LED電球が世の中に登場した初期のころは、パッケージの箱に
「5万時間もの長寿命」「10万時間使用可能」などとうたわれていました。
しかし、記事作成時点では販売されているLEDの多くが7500~2万5000時間程度の寿命と
なっています。「なぜLED電球の寿命は当初よりも減っているのか?」という疑問について、
エンジニアのTed Yapo氏が解説しています。

What Happened to the 100,000-Hour LED Bulbs? | Hackaday

【ハッカデー】
 https://hackaday.com/2019/02/05/what-happened-to-the-100000-hour-led-bulbs/

Yapo氏によると、電球の寿命を語る際にはかつて白熱電球の生産と販売を支配するために結ばれた
国際的カルテル「ポイボス・カルテル」について避けて通れないとのこと。第1次世界大戦後の
1924年に結ばれたポイボス・カルテルは、アメリカ・フランス・ハンガリー・イギリス・ドイツと
いった複数の国の企業によって結ばれ、白熱電球の寿命が1000時間を超えないようにするという
規制を設けました。

ポイボス・カルテルが結ばれる以前は1500時間~2500時間以上の寿命を持つ白熱電球もありました
が、カルテルは「長寿命の白熱電球は効率を下げ、光量にも問題が出る」として、参加企業が1000
時間を超える寿命の電球を売らないように取り決めを結びました。カルテルは白熱電球の寿命を
およそ半分にし、11~16%程度明るさを増やすだけで、以前の倍の売り上げを達成することが
できたそうです。

メンバー企業が販売する電球は常時検査され、寿命が1000時間よりも著しく短かったり、著しく
長かったりすると罰金が科せられるシステムでした。この罰金契約については外部に公表されず、
電球の寿命が一律で1000時間程度であることには、効率性などの面での理論的根拠があると
見せかけられていたとのこと。カルテルは第二次世界大戦時に機能不全となりましたが、
20年近くにわたって白熱電球の発展を妨げ続けたとYapo氏は述べています。

電球のパッケージに「寿命は1000時間」と書かれている場合、この「寿命」とは平均定格寿命のこと
を指します。これは規定の条件下で試験した際の平均寿命値を示したものであり、「電球の初期
サンプルのうち50%が寿命を迎えた時点」が、平均定格寿命となるそうです。つまり、全電球の
うち半数程度しかパッケージに書かれた寿命を達成できず、残りの半数はパッケージの寿命を
超えて光り続けます。

LED電球の寿命について考えるために、実際のLED電球の仕組みについて考える必要があります。
Yapo氏は同じA19型のLED電球でありながら、寿命が「7500時間」「1万5000時間」「2万5000時間」
という3種類の電球を購入し、中身を確認してみたとのこと。

以下の画像にある3種類のLED電球は、左から「7500時間」「1万5000時間」「2万5000時間」の寿命
となっています。LED電球は光を発するLEDチップだけでなく、電源から送られる交流電流を直流
電流に変換するLEDドライバ、電解コンデンサなどの部品から構成されているとのこと。寿命が
7500時間のLED電球はLEDチップとLEDドライバが同じボード上に存在している一方、1万5000
時間や2万5000時間の寿命を持つLED電球はLEDチップとLEDドライバが熱的に切り離されている
ことがわかります。

LED電球がさまざまなが部品を備えている以上、故障する原因はLED電球にとって最も重要といえる
LEDチップだけでなく、他の部品にもあると考えられます。アメリカ合衆国エネルギー省(DOE)は
LED技術の研究開発を支援しており、LEDランプの寿命と故障原因に関するデータも収集している
とのこと。

以下の画像は、DOEが収集した5400個もの屋外に設置されたLEDランプの故障原因を円グラフにした
もの。興味深いことに、LEDチップ自体が原因となって故障した割合は全体の10%に過ぎず、59%は
LEDドライバの故障によってLEDランプが故障していることがわかりました。故障原因の31%を
占める住宅の問題は、屋内使用のLED電球を考える際には必要ありません。このデータは、
LED電球の寿命について重要なのはLEDチップではなく、LEDドライバであることを示しています。

no title


LED電球の寿命は、構成部品のうちどれか一つの寿命以上にはなりません。LED電球を構成する
部品の中で最も寿命を制限しているのが、半導体と電解コンデンサであるとYapo氏は主張して
います。この2つはいずれも高温によって故障する確率が上昇し、周囲の温度がおよそ10度
下がると寿命が2倍になるとのこと。

【ギガジン】
 https://gigazine.net/news/20190207-what-happened-lifetime-led-bulbs/

引用元: 【LED】初期「10万時間使用可能」➡現在「5000時間」なぜLED電球の寿命はだんだん短くなっているのか?

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/06(日) 19:37:41.40ID:CAP_USER*.net
日本人の平均寿命は80歳ほどですが、幽霊にも寿命があって
それがだいたい400年から500年らしいとネットで話題になっています。

これ、オカルト界では割と知られた話らしく、1614年から1615年に行われた
大坂の陣から400年が経過したため最近では大阪城周辺の不思議
現象が年々減ってきているそうです。

ちなみに怨念が強いほど寿命は長いとされ、
今のところ最強クラスは崇徳天皇で800年レベルと言われているそうです。

今から400年前は江戸時代初期。

1615年前後にあった幽霊が発生しそうな出来事はこちら。

1582年:本能寺の変で織田信長が自害
1591年:千利休が切腹を命じられる
1600年:関が原の戦い
1615年:豊臣秀吉の側室・淀殿が自害
1637年~1638年:島原の乱

これを調べていて気づいたことがありました。

たしかにこれ以前の霊について
目撃情報があったという話はあまりないように感じます。

あってもギリ平安ぐらい。

それ以前だと

「縄文人が枕元に立ってた!」
「透明なナウマンゾウが家の中を駆け抜けた」
「やっべ卑弥呼が夢に出ちゃったよ」

なんて話を聞いたことはありません。

たまたま筆者が聞いたことがないというだけかもしれませんが。

生きている人間よりも今まで死んでいった人間の数が圧倒的に多く、
霊界の人口密度を考えると400年くらいが寿命としては
ちょうどいいということなのかもしれませんね。

(文:大路実歩子)





おたくま 経済新聞
続きを読む

↑このページのトップヘ