タグ:対抗

1:まとめらいぶ 2018/10/06(土) 20:10:10.97 ID:CAP_USER9
JA菊池(熊本県菊池市)は10日、秋に収穫される「ハロウィンスイカ」を初めて発売する。
種がほとんど無く、十分な甘さとシャリ感が特徴という。

31日までの限定販売。

 品種「ひときわ」の中で糖度11度以上のものをブランド化した。
同県合志市のスイカ部会4人が、計50アールのハウスで栽培した。
生産量は2500個で、1玉4千円程度。県内外に出荷するほか、
インターネットでも売り出す。

カボチャに対抗、ハロウィーンの“人気者”の座を狙う。担当者は「ただし、新鮮さが売り。
汁気たっぷりなので、ランタンにするのはお勧めしません」。

【西日本新聞朝刊】 

no title

【西日本新聞】
 https://www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/national/article/455503/

引用元: 【商品】熊本のJAがカボチャに対抗しハロウィンスイカを販売 担当者「汁気たっぷり」(画像あり)

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2015/11/04(水) 20:11:18.19ID:S0cxZhyw0.net BE:844481327-PLT(12000)
【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車は4日、
ソウル市内で記者会見を開き、世界的に急成長している高級車市場への進出を
正式に宣言した。新ブランドを設立し、2020年までに高級車6種のラインアップを
取りそろえ、トヨタ自動車のレクサスやフォルクスワーゲン(VW)のアウディ、
メルセデス・ベンツなどに対抗したい考えだ。

新ブランド名は世界市場で知名度があり、現代の高級セダンの主力車種となった
「ジェネシス」に決めた。ブランドの立ち上げ初期は2世代目のジェネスと来月発売
される大型ラグジュアリーセダンで始め、今後5年間、4種の新規モデルを開発し、
計6種にラインアップを拡充する計画だ。新たに開発するモデルは中型セダン、
大型・中型スポーツタイプ多目的車(SUV)、スポーツクーペなど。
中型セダンは17年後半に発売される。

同社の鄭義宣(チョン・ウィソン)副会長は新ブランドの方向性について、
「人間中心の進歩(Human Centered Luxury)を目指す」と明らかにした。
同社によると、新ブランドは

▼安全・便利・連結性重視の人を考える革新技術
▼乗り心地よくダイナミックな走行性能
▼躍動的なデザイン
▼簡潔で便利な顧客経験の四つのコンセプトを柱とする。

同社は世界的なカーデザイナー、ルク・ドンカーヴォルケ氏を専務クラスの役員
として迎え入れた。同氏はアウディやランボルギーニ、
ベントレーなどでデザインを担当していた。

鄭副会長は「現代自動車はまた新たに出発する」として、
「焦らず地道に充実化を図り、世界高級車市場での地位を固めたい」
と意欲を示した。

朝鮮日報
続きを読む

↑このページのトップヘ