『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.3.31

      家電

      1まとめらいぶ2017/03/16(木) 17:20:56.36ID:CAP_USER.net
      【価格.com】
       http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kaden/ctcd=2041/id=63418/






      LGエレクトロニクス・ジャパンは、自発光ディスプレイ搭載の有機ELテレビ
      「LG OLED TV」の2017年モデルとして、全3シリーズ4モデルを発表。4月
      上旬より発売する。ラインアップは、「OLED W7P シリーズ」より、65V型
      の「OLED 65W7P」「OLED E7P シリーズ」より65V型の「OLED 65E7P」、
      「OLED C7P シリーズ」より65V型の「OLED 65C7P」と
      55V型の「OLED 55C7P」の計4モデル。

      上位モデル「OLED 65W7P」の特徴は、テレビの究極の形を追求し、専用の
      ブラケットのみで壁面に直接張り付けるような新感覚のデザイン「Picture-on-Wall
      (ピクチャー・オン・ウォール)」を採用した点。壁からパネルの表面まで約3.9mm
      の薄さで一体化し、テレビ画面が宙に浮いているようなデザインを実現した。そのほか
      のモデルは 「OLED E7P」は、ガラス製バックカバーの上に、一枚の壁紙のような
      極薄パネルが一体化したような「Picture on Glass」デザインを採用。有機ELなら
      ではのスマートデザインとなっている。また、「OLED C7P」は最薄部が約4.6mmと、
      横から見ると一枚のブレードのような「Blade Slim」デザイン。壁際のみならず、
      リビングのどこに置いてもスタイリッシュであるという。2017年モデルの大きな
      進化として、画質面においてはピーク輝度を25%向上。また、日常的に観る映像
      コンテンツの約9割を占めると言われる輝度レベル(APL)が50%以下のシーン
      での輝度処理を飛躍的に改善したことにより、コントラストの美しい映像を映し
      出せる。さらに、色彩能力を向上させる技術「True Color Accuracy」を導入した
      ことにより、色の再現性は前モデルの約6倍となり、4Kや8Kなどの次世代放送で
      採用される広大な色域規格「BT.2020」もカバーする。また、さまざまなHDR
      規格に対応する当社独自の最新技術「Active HDR」を採用。「ドルビービジョン」
      のほか、1コンテンツに1メタデータの「HDR10」のコンテンツでも、1フレーム
      ごとに活性処理を行うことで、輝度と明暗比を向上させ、今までのテレビでは再現
      できなかった色を映し出し、臨場感あふれる視聴体験を可能にします。さらに今後、
      「HLG」規格への対応も予定しているという。音響面では、テレビ製品では世界で
      初めて、立体的な音響表現を実現したサウンド規格「ドルビーアトモス」を搭載。
      最上位モデル「OLED 65W7P」は、ドルビーアトモスとの最適化を追求した
      専用のムービングスピーカーを開発した。

      65V型の「OLED 65W7P」の主な仕様は、パネル解像度が3840×2160ドット、
      チューナーは地上/BS/110度CSデジタル×2を装備。視野角が上下左右178度。
      インターフェイスは、HDMI入力×4、コンポーネント/ビデオ入力×1、ヘッド
      ホン出力×1、光デジタル音声出力×1、USB 3.0×1、USB 2.0×2、LAN×1など
      を備える。スピーカーはハイトムービングスピーカー×2(20W)、ミッド
      レンジ+ツイーター×4(20W)、ウーハー×2(20W)。
      パネルサイズは145(幅)×82.5(高さ)×0.4(奥行)cm、重量は7.6kg
      (スタンド含まず)、コンパニオンボックスのサイズは
      126(幅)×19.8(高さ)×7.8~9.4(奥行)cm、重量は10kg。
      市場想定価格は1,000,000円前後(税別)。
      【【家電】『LG』薄さ3.9ミリ壁紙のような65型有機ELテレビを国内発売】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/10/21(金) 14:13:24.14ID:CAP_USER.net
      【価格.com】
       https://mag.kakaku.com/woman/?id=4646








      シャープは2017年10月20日、専用のアタッチメントを装着すれば、髪を乾かすついでに
      簡単に頭皮のケアができるドライヤー「プラズマクラスタースカルプエステ IB-GX9K」
      (以下、IB-GX9K)を発表しました。10月27日発売予定で、
      市場想定価格は25,000円前後です。


      マッサージしながら、プラズマクラスターをたっぷり届けてすこやかな頭皮に!

      「IB-GX9K」は、皮膚の表面を心地よい強さで滑らせる「かっさ」美容法を参考に開発された
      「かっさアタッチメント」を搭載。普段どおりに髪を乾かした後、心地よくマッサージしつつ、
      髪の毛をかき分けて頭皮に効率よく高濃度プラズマクラスターイオンを届けることで、
      手間をかけずに頭皮の環境を快適に保つといいます。「頭皮の悩みはあるけれど、
      何をしたらよいかわからないし、あまり手間やお金をかけたくない」という人でも、
      毎日のヘアドライの後の習慣として取り入れられるとのこと。
      【【家電】『シャープ』頭皮マッサージができるプラズマクラスタードライヤーを発売】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/06/20(月) 18:11:47.88ID:CAP_USER.net
      家電 Watch











       イーバランスは、近紫外線で蚊などの虫を捕獲する光センサー
      搭載の捕虫器「insect forever EB-RM7900G」を6月22日に発売する。

      価格は19,800円(税込)。

      近紫外線で誘導した蚊などの虫を、ファンの風圧で吸引する捕虫器。
      吸い込んだ虫は、本体カゴ部に追い込み、風化死滅させる。
      殺虫剤などを使わないため、枕元にも置いておけるという。

      また、光センサーを搭載し、夕方に周囲が暗くなると
      自動で電源がONになり、朝方に明るくなるとOFFになる。

      省電力で1時間の電気代は約0.154円で、
      1カ月では約36円(1日8時間利用した場合)。

       本体サイズは約122×181mm(直径×高さ)で、重さは約0.5kg。
      電源はAC100Vで、電源コードの長さは約1.2m。消費電力は7W。
      【【家電】部屋に侵入した蚊や虫を近紫外線で捕獲する捕虫器が発売】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/06/04(土) 17:52:51.41ID:CAP_USER.net
      roomie











      家電は、ここまで「家具」に近づいたのか!

      ……と、驚くテレビが、SAMSUNG(サムスン)から登場しました。

      この「SERIF TV」をデザインしたのは、フランスの兄弟
      によるデザインチームRonan & Erwan Bouroullec。

      特徴ある流線型が美しいフレームは、横から見るとアルファベットの「I」の形です。

      この形のおかげで、上に猫が座れたり、雑貨を飾ったりできます。

      こういう所に、従来の家電にはない、あたたかさと便利さを感じます。

      市場にあるテレビの、“最先端で薄くて大きくて”という傾向を排除し、
      もっとインテリアに溶け込めむデザインを目指したそうです。

      テレビの画面が黒いのが嫌という方って結構多いのですが、
      それは今の技術ではどうにもならないところ。

      ただ「Serif TV」にはカーテンモードというのがあり、
      電源が入った時に抽象的なグラフィックが流れます。

      メーカーの名前がパッと出る仕様ではないのが、高評価だとか。


      スチールの脚、布張りの背面もかっこいい。

      サイズ展開は40、32、24インチの3種類です。

      しかし! 残念ながら、発売は韓国とヨーロッパだけなんです。

      ちょっと変わったテレビを出すサムスンさん、日本にも来るのを待っています!
      【【家電】『サムスン』シンプルでインテリアと調和するデザイン重視のテレビを発売】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/03/09(水) 18:59:55.13ID:CAP_USER.net
      【日経 テクノロジー】
       http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/030901000/

      シャープは、同社の扇風機に搭載する機能について、
      長時間使用時に感じる“だるさ感”を抑える効果が
      あることを実証したと発表した(プレスリリース)。

      同社では、この機能を改良したものを2016年モデルに搭載しており、
      「PJ-F3DG(プラズマクラスター扇風機 ハイポジション・リビングファン)」
      として2016年4月15日に発売する。

      価格はオープンだが、市場想定価格は3万1000円前後(税別)。

      月産3000台を予定する。

       扇風機の風を長時間浴びると、体から熱が奪われるとともに肌表面の
      水分が蒸発して体表面の温度が下がり、血流が悪くなりやすい。

      これが“だるさ感”の原因と考えられるという。

      解決の方向性は2つ。1つは、ムラの少ない風を作り出すこと。

      これは、数千キロ飛ぶことができるアサギマダラ蝶の
      羽根のうねりやくびれを羽根の形状に応用することで実現した。

      もう1つは、扇風機からの風に保湿機能を持たせることだ。

      こちらは、同社のプラズマクラスター技術を用いた。

      水分子で囲まれたプラズマクラスターイオンがあることで、
      肌表面の水分蒸発を抑えられるとする。

       これら2つの機能を搭載した製品「PJ-E3DG」と、こうした機能を搭載しない
      従来羽根扇風機「PJ-E3AS」を用いた実証実験を、総合医科学研究所にて行った。

      被験者は20~60代の女性24人で、被験者の自覚症しらべによる評価
      (主観評価)を、同一被験者による比較テスト(クロスオーバーテスト)を行った。

      機能搭載製品では、従来羽根扇風機に比べて、
      試験開始120分後に、効果が認められたとする。

       今回発売する新製品「PJ-F3DG」では、アサギマダラ蝶の特徴に加えて、
      アゲハ蝶の尾状突起を組み合わせた羽根形状を採用する。回転時に
      3重の軌跡を描くようになり、7枚羽根でありながら21枚羽根相当と、
      風の滑らかさが向上したとする。PJ-E3DGは14枚羽根相当だった。



      【【家電】シャープ『プラズマクラスター扇風機』を発売!使用時の“だるさ感”抑える効果を実証】の続きを読む

        このページのトップヘ