タグ:実証

1:まとめらいぶ 2019/09/22(日) 12:50:28.95 ID:yUURq+vQ9
フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)紙の報道によると、カリフォルニア大学サンタ
バーバラ校のジョン・マルティニス教授率いるグーグルの研究チームが、初めて量子超越性を
実証した。量子コンピューターは、従来の最も強力なスーパー・コンピュータでさえも不可能
なタスクを実行できるということが示された瞬間だ。この主張は米国航空宇宙局(NASA)の
Webサイトに投稿された論文に掲載されたが、その後、取り下げられた。MITテクノロジー
レビューはグーグルにコメントを求めたが、まだ回答は得られていない。

グーグルは今年に入って、米航空宇宙局(NASA)の所有するスーパーコンピューターをベンチ
マークとして使用し、量子超越性の実証実験をすることで合意した。フィナンシャル・タイムズ紙に
よると、NASAのサイトに投稿された論文では、グーグルの量子プロセッサーは、現在、最先端の
スーパーコンピューターとして知られる「Summit(サミット)」で約1万年かかる計算を、3分20秒で
終えたと述べられていたという。研究者たちはさらに、彼らが知る限り今回の実験は
「量子プロセッサーでしか実行できない初の計算を記録する」ものだと述べていたとしている。

量子コンピューターが非常に強力なのは、量子ビット(キュービット)を利用するからだ。
1か0の値しか取れない従来のビットとは異なり、キュービットはその両方の値を同時に取れる。
さらに、こちらの記事で説明しているような他の量子現象と併せて、従来のコンピューターでは
逐次処理するしかなかった大量データの高速並行処理が可能となる。科学者らは長年にわたり、
量子コンピューターが従来のコンピューターより絶対的に優れていることを実証しようと
取り組んできた。

もし量子超越性が本当に実証されたのだとしたら、それは極めて重要な出来事だ。今週、グーグルの
今回の論文のニュースが報じられる前に、マサチューセッツ州ケンブリッジでMITテクノロジー
レビュー主催の「EmTech(テムテック)」カンファレンスが開催された。同カンファレンスでの
量子コンピューティングについての議論の中で、マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授であり、
量子物理学の専門家であるウィル・オリバーは、コンピューティングにおける量子超越性の実証を、
航空業界におけるキティホークでのライト兄弟の世界初の動力有人飛行になぞらえた。量子超越性の
実証により、この分野の研究はさらに弾みがつき、量子コンピューターはより早くその約束を果たせる
ようになるはずだと述べた。その計り知れない処理能力はやがて、新たな薬物や物質を発見したり、
より効率的なサプライチェーンを生み出したり、人工知能(AI)の質を向上させたりするのを容易に
するかもしれない。

とはいうものの、今回のグーグルの量子コンピューターがどういったタスクに取り組んでいたのかは
不明だ。おそらく非常に限られたものであろう。自身も量子コンピューターを研究しているIBMの
ダリオ・ギルは、MITテクノロジーレビューに宛てた電子メールによるコメントの中で、おそらく
非常に限られた量子サンプリングの問題を中心に設計された実験であり、必ずしも量子マシンが
すべての処理を牛耳っているわけではないだろうと述べ、「実のところ、量子コンピューターが
従来の古典コンピューターに対して『最高位』に君臨することはないでしょう。しかし、それぞれに
特有の長所がありますから、それらと協調して稼働することはあり得ます」と付け加える。多くの
問題において、従来のコンピューターが今後もずっと、最適のツールであり続けるだろうということだ。

量子コンピューターが主流となるにはまだまだ道は長い。量子コンピューターがエラーを起こしやすい
こともよく知られているとおりだ。ほんのわずかな気温の変化や小さな振動でも、キュービットの
デリケートな状態が破壊されてしまう。研究者らは構築しやすく、管理しやすく、拡張しやすい
マシンの開発を続けており、そのいくつかはクラウドコンピューティングで利用できるようにも
なった。だが、さまざまな問題を処理できる量子コンピューターが広く利用されるようになるには、
まだ何年も待たなければならないだろう。

no title

【MIT テクノロジーレビュー】
 https://www.technologyreview.jp/nl/google-researchers-have-reportedly-achieved-quantum-supremacy/


引用元: 【量子コンピュータ】グーグル(Google)、ついに世界初の「量子超越性」実証か 約1万年かかる計算を、3分20秒で終える★2

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/09(水) 18:59:55.13ID:CAP_USER.net
【日経 テクノロジー】
 http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/030901000/

シャープは、同社の扇風機に搭載する機能について、
長時間使用時に感じる“だるさ感”を抑える効果が
あることを実証したと発表した(プレスリリース)。

同社では、この機能を改良したものを2016年モデルに搭載しており、
「PJ-F3DG(プラズマクラスター扇風機 ハイポジション・リビングファン)」
として2016年4月15日に発売する。

価格はオープンだが、市場想定価格は3万1000円前後(税別)。

月産3000台を予定する。

 扇風機の風を長時間浴びると、体から熱が奪われるとともに肌表面の
水分が蒸発して体表面の温度が下がり、血流が悪くなりやすい。

これが“だるさ感”の原因と考えられるという。

解決の方向性は2つ。1つは、ムラの少ない風を作り出すこと。

これは、数千キロ飛ぶことができるアサギマダラ蝶の
羽根のうねりやくびれを羽根の形状に応用することで実現した。

もう1つは、扇風機からの風に保湿機能を持たせることだ。

こちらは、同社のプラズマクラスター技術を用いた。

水分子で囲まれたプラズマクラスターイオンがあることで、
肌表面の水分蒸発を抑えられるとする。

 これら2つの機能を搭載した製品「PJ-E3DG」と、こうした機能を搭載しない
従来羽根扇風機「PJ-E3AS」を用いた実証実験を、総合医科学研究所にて行った。

被験者は20~60代の女性24人で、被験者の自覚症しらべによる評価
(主観評価)を、同一被験者による比較テスト(クロスオーバーテスト)を行った。

機能搭載製品では、従来羽根扇風機に比べて、
試験開始120分後に、効果が認められたとする。

 今回発売する新製品「PJ-F3DG」では、アサギマダラ蝶の特徴に加えて、
アゲハ蝶の尾状突起を組み合わせた羽根形状を採用する。回転時に
3重の軌跡を描くようになり、7枚羽根でありながら21枚羽根相当と、
風の滑らかさが向上したとする。PJ-E3DGは14枚羽根相当だった。



続きを読む

1まとめらいぶ2015/08/30(日) 17:40:54.39ID:???*.net
紅茶が歯周病菌と口臭抑制…

キリンの研究所実証

 キリンの「飲料技術研究所」(横浜市)は、紅茶が歯周病菌と
口臭を抑制する効果があることを実証したと、
日本口臭学会などで発表した。

 同研究所は北海道医療大の鎌口有秀准教授と共同で、
紅茶に含まれるポリフェノールが、
歯周病菌の活動や口臭成分の濃度に与える影響を調べた。

 飲用の10分の1の濃度に薄めた紅茶を加えた培地で、
歯周病菌を6日間培養し、菌の濃度の変化を測定した。
すると、抗菌作用を持つポリフェノールとして知られる緑茶
カテキンと同程度に、歯周病菌の増殖が抑えられたという。

 歯周病菌が作り出す、歯茎を溶かすたんぱく質分解酵素への影響も調べた。
歯周病菌液に飲用の100分の1の濃度の紅茶を加えたところ、
最大で8割強、酵素の活動が抑制されたとしている。

読売新聞

紅茶と女性

【イメージ画像】
続きを読む

↑このページのトップヘ