『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2018.1.8

      完全

      1:まとめらいぶ 2018/01/12(金) 17:32:14.97 ID:cb+xB/JV0 BE:829826275-PLT(12931) ポイント特典
      「たんぽぽ温泉デイサービス」お年寄りのレジャーランド!客を呼び、従業員も満足する
      介護の理想郷の全貌に迫る!

      【テレ東】
       http://www.tv-tokyo.co.jp/information/2018/01/11/206553.html

      お年寄りのレジャーランド
      笑顔あふれる介護の理想郷
      愛知県一宮市にある「たんぽぽ温泉デイサービス」は、地元の高齢者に愛される巨大介護
      施設。一般的なデイサービスの施設は利用者が30人程なのに対し、「たんぽぽ温泉デイ
      サービス」は、1日約250人が集う日本最大級のデイサービスだ。施設内では、天然温
      泉やパチンコ、カジノ、カラオケ等が楽しめ、リハビリメニューも水中エクササイズや陶
      芸教室等、250種類もあり、「お年寄りのレジャーランド」と評判を呼んでいる。客を
      呼び、従業員も満足する介護施設の全貌に迫る!

      【YouTube】

        

      no title

      no title

      no title

      no title

      no title

      no title

      引用元: 【画像】日本最大の介護施設が完全にカイジだと話題にwⅴwⅴwⅴwⅴwⅴwⅴwⅴ

      (C)2015 - 2018 まとめらいぶ

      【【画像】日本最大の介護施設が完全にカイジだと話題wwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/11/24(金) 09:13:29.37ID:CAP_USER.net
      iPhone 7/7 Plusからイヤホン端子がなくなり、アップルが「AirPods」(1万6800円)を
      発売して、注目されるようになった完全ワイヤレスイヤホン。そこにソニーが、業界初の
      ノイズキャンセル対応モデルである「WF-1000X」(2万4880円)を発売した。2機種を
      使い比べて、WF-1000Xを選ぶ価値があるかを検証してみよう。

      ■ずれる心配がないWF-1000X

       まず、ソニーのWF-1000Xの外見からチェックしていこう。WF-1000Xを箱から取り出し
      AirPodsと並べてみると、サイズはWF-1000Xのほうが大柄で6.8gと重め。ただし、Air
      Podsは完全ワイヤレスイヤホンのなかでも超小型かつ軽量なので、WF-1000Xは中程度
      のサイズともいえる。

       WF-1000Xはカナル型(耳栓型)タイプで、耳穴へのフィット感を決めるイヤーピースも
      素材別に2種類、サイズ含め合計7個が付属する。完全ワイヤレスイヤホンで心配な、耳から
      の落下を防ぐフィッティングサポーターも装着済み。実際に耳に付けてみると、首を振って
      もズレる気配がない。

      AirPodsも装着時に落下することはあまりないが、冬場はコートの襟に当たってズレる心配
      がある。より安心して使えるモデルはWF-1000Xだろう。

      ■音質はWF-1000Xの圧勝

       気になるWF-1000XとAirPodsの音質の違いをテストしていこう。

       まずは静かな室内で音楽を聴き込んでみた。AirPodsもナチュラルで聴き心地のよいサウ
      ンドだが、ソニーのWF-1000Xに付け替えてみると、曲冒頭のエレキギターの音の刻みの
      解像感などで圧勝。高域までダイナミックに響くし、ベースの低音の質感もタイトで歯切
      れよい。ボーカルの歌声もバンド演奏のなかで立体的に浮かび上がる。

      ジャズの音源でも楽器の質感が表れ、音の情報量が多いソニーのWF-1000Xが優れていた。
      AirPodsは聞き疲れしないよさはあるが、改めて比較すると音の情報量を出し切れていない
      ようだ。

       騒音の響く電車や駅構内へ持ち出してみると、ノイズキャンセリングが働くWF-1000Xは
      なおさら有利だ。

       まず、AirPodsは遮音性の低いイヤホンで外音が耳に届くが、WF-1000Xは元の遮音性の
      高さに加えてノイズキャンセルで電車の走行音の重低音をほぼカット。ほぼ無音の状態から
      音楽を鳴らせるので、元の音質差以上に音情報、低音の量感に差が出た。

      また遮音性が低いAirPodsはボリュームを上げないと音楽を聞きづらいし、電車の車内で
      音量を上げるとシャカシャカ音が漏れる。一方、WF-1000Xはノイズキャンセルでボリュ
      ームを上げる必要がなく、しかもカナル型なので音漏れもしない。

       遮音性の低いAirPodsは周囲の音が聞こえるから安全という面もあったが、ノイズキャン
      セリングのWF-1000Xは、本体ボタン一つで外音を取り込む機能も備えている。

      【nikkei style】
       https://style.nikkei.com/article/DGXMZO23355190Q7A111C1000000
      【【製品】ソニーの完全無線イヤホン、音質ではアップルに圧勝。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/03/15(火) 18:54:23.49ID:CAP_USER.net
      【インサイド】
       http://www.inside-games.jp/article/2016/03/15/96868.html


      ナムコは、
      2016年3月18日より「ポテトチップス味コーラ」を
      クレーンゲーム景品として導入します。

      「ポテトチップス味コーラ」は、2015年12月に登場した
      「ポテトチップス コーラ味」に続くクレーンゲーム景品です。

      今回は、「うなぎコーラ」などを制作した木村飲料を開発パートナーとし、
      誰もが未体験な驚きの新味飲料を完成させています。



      ポテトチップス味コーラ」では、
      ポテトチップスをコーラで流し込んだ時の口中を完全再現。

      飲み物でありつつもスナック感覚が味わえるという、
      誰もが口にしたことのない味でありながら、
      一度は口にしてみたいと考える味を実現したとのこと。




      「ポテトチップス味コーラ」は、
      2016年3月18日よりナムコのアミューズメント施設限定で登場。

      詳細は特設ページをご覧ください。

      なお、「ナンジャタウン」内のゲームコーナーでも取り扱いが行われます。

      【ポテトチップス味 コーラ 商品概要】
      ・名称:炭酸飲料
      ・原材料名:果糖ぶどう糖液糖/炭酸、カラメル色素、香料、酸味料
      ・内容量:240ml

      ●栄養成分表示(100ml当たり)
      ・エネルギー:43kcal
      ・たんぱく質:0g
      ・脂質:0g
      ・炭水化物:11.6g
      ・食塩相当量:0.00g

      ポテトチップスの風味が出るよう独自に開発したフレーバーを使用。

      飲んだ後にまるでポテトチップを食べたかのような感覚になるのが特徴のコーラです。

      【【食品】ナムコが『ポテトチップス味のコーラ』を開発、ポテチをコーラで流し込んだ時の口中を完全再現。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/02/11(木) 21:53:43.63ID:CAP_USER.net
      ロシアで行われたサバゲー参加者4500人





























      togetter
      【【画像】ロシアで行われたサバゲーの一コマに『完全に実戦だろ!』というツッコミ多数】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/01/14(木) 12:48:27.53ID:GOtUeWBI0.net BE:726440816-2BP(3000)
      Bluetoothを介したワイヤレスイヤホンは今や多くのメーカーが製造しています。

      日本のメーカーではオンキヨーなどが有名でしょう。

      そしてiPhone 7が3.5ミリイヤホンジャックを廃止するのに合わせ、
      Appleもワイヤレスイヤホンを開発するようです。

      2014年に買収したヘッドフォンメーカー「Beats Electronics」の
      「Beats」ブランドを使い、Appleはこの秋にiPhone 7と同時にリリースする
      ことを視野に入れた新しいBluetoothイヤホンの試作品を開発しています。

      何が新しいかというと完全ワイヤレス、つまり左右の耳にかける部分を
      つなぐケーブルすら存在しないという点です。

      情報筋によると、今週のCESで出展されたモトローラの「Hint」ヘッドセット
      (上の画像)やブラギ社の「Dash」ヘッドフォンと似た
      コンセプトを持っているとのことです。

      (略)

      トリビアルニュース

      【【Apple】完全ワイヤレスイヤホンを開発中!これ耳から外れたら終わりだろ wwwwww】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/12/03(木) 21:34:43.92ID:aMsuvv9e0 BE:479913954-2BP(2500)
      画像













      2020年の市場規模は5.6兆円、中国初のドローン飛行ルールが来月にもスタート

      2015年11月30日、北京日報によると、小型無人機ドローンの飛行ルールを定めた
      中国初の規定が来月にも施行される見通しだ。

      ドローンは航空写真の撮影や測量、農薬散布など幅広く利用されているが、
      これまでその飛行について定めた規定がなく、送電線や自動車などに衝突する
      トラブルがたびたび発生していた。現在、中国国内のドローンのうち高度150
      メートル以下の飛行が全体の90%、重量別では25キロ以下が同じく90%を
      占めており、新規定はこれに当てはまるドローンを中心にルールを定めている。

      現在、中国市場には5000元(約9万5000円)以内で購入できる製品も出回るなど、
      ドローンは一般市民にとって身近な存在になりつつある。2020年に世界市場は
      約900億ドル(約11兆円)規模に成長し、うち460億ドル(約5兆6000億円)以上を
      中国が占めるとの予測も出ている。

      (翻訳・編集/野谷)

      Record China
      【【画像】中国ではドローンが既に活用されていることが判明!日本は完全に時代に取り残される】の続きを読む

        このページのトップヘ