タグ:奨学金

1:まとめらいぶ 2018/02/14(水) 22:22:06.975 ID:qAYzz+EWd
no title

引用元: 【画像】借金(奨学金)してんのに返済しないクズ人間出身大学ワースト10が公表される   

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/07(月) 20:31:10.24ID:CAP_USER.net
【日刊 SPA!】
 http://nikkan-spa.jp/1060073

人生において、大学のモラトリアム期間ほど自由を謳歌できるときはないだろう。

そんななか、学費の支払いと奨学金の返還のため、
日々アルバイトに明け暮れて過ごす学生たちがいる。

そして多くの社会人は、「大学時代に何をしていたか」が、
自身の人格形成にとって大いに影響があったと振り返る。

「奨学金=借金」の返還に苦しめられる若者たち
 奨学金は「独立行政法人 日本学生支援機構」が運営しており、
現在はおよそ2.6人に1人が奨学金を受けている。

’08年当時、就職難やリストラの影響で奨学金の返還ができない
長期滞納件数が増えていたことから、日本学生支援機構には不良債権が
年々増加し、現行の督促制度では奨学金の運営が困難となっていた。

 そこで、’08年6月に国が設置した有識者会議では、
「奨学金を“教育ローン”という金融商品と同等の位置づけにして
延滞者の情報を個人信用情報機関に登録し、他の金融商品と
合わせて過剰貸付を抑制し多重債務を防止する」という提案がなされた。

わかりやすく言えば、
「奨学金を返還しない者はブラックリストに登録せよ」
ということになる。

この有識者会議の提案を受けて、日本学生支援機構は同年11月に
全国銀行個人信用情報センター(KSC)に加盟し、このときから
奨学金の滞納者がブラックリストに登録されるようになった。

「ブラックリストの会in東京」のメンバーとして翌年1月、
日本学生支援機構に対して滞納者ブラックリスト化の撤回を求めた
政治学者の栗原康氏は「日本学生支援機構からは、奨学金
滞納者のブラックリスト化は学生にとって“教育的に有意義”だ、
という答えがかえってきた」と当時の出来事を振り返る。

 続けて、自身も奨学金を受ける立場の栗原氏は「ブラックリストに登録されると、
まずクレジットカードは作れなくなりますよね。

するとむしろ、奨学金のせいで働けなくなったり、
アパートを借りられなくなったりする。

それに憤りを感じて、集団で学生支援機構に抗議へ行ったことがあるんです。

その時の回答には『これは学生に対する教育的配慮です』と書いてあった。

借金を返すことを学ぶことが教育なんだと
本気で思ってやってるんでしょうね」と憤慨する

 つまり「奨学金=借金」であり、奨学金を返還しないことは社会的に悪である。

だからこそ、その情報を個人信用情報機関へ提供することは、
学生にとって借金をしないために

“教育的に有意義”

だという論理が成り立つ。

近年では高学歴プア、ポスドクといった言葉が取り沙汰されているが、
奨学金滞納者の貧困も例外ではない。以下には、
「ブラックリストの会in東京」に対する日本学生
支援機構の回答を掲載している。

1. 奨学金返還延滞者の個人信用情報機関への登録、
およびその手続きの中止(平成21年2月5日)

 近年、高等教育機関への進学率の向上、学費の増大等を背景にして、
当機構の奨学金事業は拡大の一途をたどっており、平成20年度には、
無利子奨学金2,793億円、有利子奨学金6,512億円、合計貸与
人員は122万人であり、平成10年度に比べると、
無利子奨学金で1.4倍、有利子奨学金では約10倍、
合計では3.5倍に及んでいる。

この事業規模の拡大に伴い、返還金の要回収額も増加しており、
平成16年度においては2,297億円であるのに対して、
平成19年度には3,175億円に達しております。

このような奨学金事業の拡大の中で、要返還者数も258万人の規模となっており、
これと同時に延滞額も増えてきております。

 このため、当機構では、昨年6月に「奨学金の返還促進に関する有識者会議」が
取りまとめた「日本学生支援機構の奨学金返還促進策について」において、
返還開始後一定の時期における延滞者について、当該延滞者の情報を
個人信用情報機関に提供することにより、延滞者への各種ローン等の
過剰貸付を抑制し、多重債務化への移行を防止することは、
教育的な観点から極めて有意義であるとの提言を受け、
延滞者に限って、その情報を個人信用情報機関へ
提供することといたしました。

 また、当機構の延滞者への調査結果においても、延滞理由として、
借入金の返済を理由とする者が25.3%に及んでいることからも、
多重債務化防止は喫緊の課題と考え、活用することといたしました。

(以下省略)

 学費は下がらずとも、世帯所得は減るばかり。

かつての奨学金の“意義”は、もう失われてしまったということだろうか。

督促状

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2016/02/11(木) 17:45:36.89ID:jMcodf010.net BE:639823192-PLT(15000)
大学というブラックビジネス 

人生のスタートから借金漬けになる学生たち

体調を崩して大学を辞めたいという学生の奨学金の書類を見て驚いた。

月々10万円、4年間で合計480万円を借りた結果、金利は3パーセントで、
最終支払額が700万円を超えている。日本学生支援機構で借りた奨学金である。

日本学生支援機構は、以前は日本育英会だった業務を引き継ぐ独立
行政法人であり、大学生がまず奨学金を申し込むのは、ここである。

暗澹たる気持ちになった。就職先もなく、働ける見込みもないまま、
結局700万円以上の借金を背負い、この学生の将来はどうなるのだろう。

まさにマイナスからのスタートである。現在私が借りている住宅ローンは、
変動金利とはいえ、金利が1パーセントを超えたことはない。

住宅を購入するための金利をはるかに超える金利が、
教育を受けるために課されている。驚くべきことではないか。

もちろん成績優秀であれば、無利子で借りることも可能ではあるのだ。

しかしそれだからこそ、
有利子で借りる学生は「自分の力が及ばなかった」と自分を責めやすい。

教授会には、授業料の延滞者のリストが回ってくる。

授業料の遅延者の氏名を知ったあと、どうするかは悩ましい問題だ。

保護者のまったくのミスで授業料を払い忘れ、退学になった例もあるからである。

しかし先生から、「授業料が振り込まれていないんだけど」とは言いにくい。

毎回出てくる氏名には、気が付かないふりをするしかない。

かつて授業料を払えない保護者のために、大学がローン会社と提携して、
紹介することになった。しかしすぐにそれはあまり意味がないことが判明した。

大学の授業料を滞納する保護者の多くは
すでに債務者であり、ローン自体が組めなかったのである。

考えてみれば当然である。親にとって、子どもの授業料はなにはともあれ
払ってあげたいものだろう。それを滞納しているのだから、
相当に行き詰っているのだ。

Yahoo! ニュース
続きを読む

↑このページのトップヘ