タグ:大型

1まとめらいぶ2017/12/26(火) 19:21:44.11ID:CAP_USER9.net
【産経ニュース】
 http://www.sankei.com/smp/life/news/171226/lif1712260032-s1.html

山形県は26日、サクランボの新品種「山形C12号」の開発に成功したと発表した。
人気の高級品種「佐藤錦」など従来品種より果実が大きく、柔らかくなりにくいため日
持ちにも優れる。市場に出回るのは早くても2022年ごろになりそうだが、県は海外
輸出も視野に、佐藤錦と並ぶブランド品種に育てたい考えだ。

県によると、C12号の大きさは500円玉より大きい直径28ミリ以上が中心。19
~24ミリが中心の佐藤錦より大きく重さも約2倍。糖度20度以上と甘さも同等だ。

 従来のサクランボは実が柔らかくなり日持ちがしにくかったが、C12号は果肉が硬
く日持ちするため、輸送に時間がかかる海外への輸出も期待できる。

 吉村美栄子知事は26日の記者会見で「一口で食べられる大きさだが、食べ応えがあ
る。サクランボ県の主力品種として羽ばたいてもらえれば」とアピールした。



続きを読む

1まとめらいぶ2017/05/24(水) 19:27:53.33ID:CAP_USER9.net
米軍横田基地(東京都福生市など)で24日、大型無人偵察機「グローバルホーク」が
報道陣に公開された。

首都圏への配備は初めて。

グローバルホークは遠隔操縦で高度約1万5000メートル以上を飛行し、情報収集な
どを行う。グアムを拠点に運用される機体が2014年から日本に一時配備されている。

公開されたのは横田基地に配備される5機のうち画像や電子情報の収集を主任務とする
「ブロック30型」。大きく膨らんだ丸い機首や、約40メートルの巨大な主翼などが
特徴だ。離着陸時は横田基地から操縦し、一定の高度に達すると、米本土からの遠隔操
縦に切り替わる。

グローバルホーク運用責任者のジェレミー・A・フィールズ中佐は「同盟国と協力し、
情報収集、監視、偵察の任務を遂行していく」と話した。



【読売オンライン】
 http://sp.yomiuri.co.jp/national/20170524-OYT1T50092.html
続きを読む

1まとめらいぶ2017/03/26(日) 20:32:02.12ID:CAP_USER.net
【zuuonline】
 https://zuuonline.com/archives/144257



BMWが初の電動スクーター「BMW C evolution(シー・エヴォリューション)」を
2017年5月12日に発売する。最大の特徴は走行距離160km、最高速度129km/hという
スペック。国内メーカーの電動バイクが走行距離50km未満、最高速度50km前後のも
のが多く差は歴然だ。


大容量バッテリーと独自のテクノロジーで走行距離を160kmに「BMW C evolution」
は欧米では2014年に発売された。販売台数は1500台ほどだがスペインでは警察のバイ
クにも採用されている。日本上陸のバージョンは、旧型を大幅に進化させたものだ。電
動スクーターなどの最大の課題は走行距離をいかに伸ばすかだ。そのためには、バッテ
リー容量を大きくする必要がある。「BMW C evolution」に搭載されている大容量空冷
リチウムイオン高電圧バッテリーは94アンペア(Ah)あり、電気自動車の「BMW i3」で
採用されたテクノロジーにより160kmまでの走行を可能にした。

充電はEV充電スタンドまたは普通充電用200Vコンセントを使用し、3.5時間で80%まで
できるようになった。国産スクーターのバッテリー容量は20Ah以下のものが多く、「B
MW C evolution」に搭載されているバッテリーがいかに大容量か分かる。

最高速度128kmは高速道路でも余裕の走りを実現

最大出力、最大トルクはBMWの最新スクーター「C650スポーツ」(最大出力44kW、最
大トルク63Nm、無鉛プレミアムガソリン使用)に比べて最大出力で少し劣り、最大トル
クでは勝っている。数値的にはほぼ同様の走行性能があり、軽快な走りが期待できそうだ。
外観は「C650スポーツ」などのBMWマキシスクーターを踏襲したものだが、重心を低く
設定してあり、ハンドル操作は快適そうだ。
ブレーキシステムにはABSを標準装備している。

希望小売価格は消費税税込み148万7500円。ちなみにガソリン使用のBMWスクーター「C
650スポーツ」が114万5000円(消費税税込)、700ccのBMWバイク「F700GS」(ガソリ
ン仕様)が125万000円(消費税税込)だ。国内メーカーの電動スクーターは、電動自転車
の延長線上にあるような小型町乗りタイプがほとんどだ。大型のタイプはサイズ的には「B
MW C evolution」よりひとまわり小さいが、アクセス(山梨県甲府市)が受注生産する
「ラング EX」と「AC-Cruise(エーシークルーズ)」がある。「ラング EX」最高速度は
85km/h、走行距離は90km、価格55万9400円(税込)。「AC-Cruise」は最高速度85km/h、
走行距離120km、価格53万7800円。

日本の大手メーカーは、大型電動スクーターにあまり興味を示していないようだ。しかし、
バッテリーで走行しCO2の排出がない電動スクーターは、今後大きく普及する可能性のある
乗り物だ。走行距離をいかに伸ばしていくかという大きな課題はあるが、BMWの日本上陸
を契機に注目度が高まるかもしれない。

(ZUU online 編集部)
続きを読む

1まとめらいぶ2017/03/16(木) 17:32:31.05ID:CAP_USER.net
【response】
 http://response.jp/article/2017/03/16/292199.html







ホンダは、大型スーパースポーツ『CBR1000RR』『CBR1000RR SP』を
6年ぶりにフルモデルチェンジし、3月17日より発売する。

新型CBR1000RRは、メインフレームのエンジンハンガー剛性を最適化したほか、
新設計のアルミダイキャスト製シートレール、新デザインの前後ホイール、
新構造のチタン製マフラーなどを採用。

大幅な軽量化とマス集中化により、軽快感あるニュートラルなハンドリングを実現した。
水冷4ストロークDOHC直列4気筒1000ccエンジンは、バルブタイミングおよびリフト量、
圧縮比などの最適化と、スロットルボアの拡大、マフラー構造の最適化など吸排気系の
セッティングを組み合わせ、低回転域の力強いトルク特性と高回転域の出力向上を両立。
最高出力は従来モデル比14psアップの192ps、最大トルクは
2Nmアップの114Nmとなった。

また、車体の角速度・加速度検出による車体姿勢推定システムをはじめ、スロットル操作
に対する出力特性を選択できるパワーセレクター、セレクタブルトルクコントロール/エン
ジンブレーキなど、各種電子制御技術を採用し、快適かつ安全なライディングを
サポートする。

CBR1000RR SPには、走行状況に応じて減衰力を制御し最適な特性を提供する
オーリンズ製Smart ECシステム採用の電子制御サスペンションのほか、ブレンボ製
フロントブレーキキャリパーを装備。さらなる軽量化とマス集中化を図るため、
リチウムイオンバッテリーを搭載したほか、公道用量産車として世界初の
チタン製フューエルタンクを採用する。

外観は「タイト&コンパクト」をテーマに、軽快感とアグレッシブなイメージを表現。
必要最低限のカウル面積と、よりタイトに各カウル面を内側に追い込むことで、
コンパクト化と前面投影面積の低減を図り、軽量化とマスの集中化に寄与。

また、フューエルタンク形状を見直し、ニーグリップ両側面部の幅をスリム化。
ライダーによる荷重コントロールの自由度を向上した。

価格はCBR1000RR(マットバリスティックブラックメタリック)201万4200円、
CBR1000RR(ヴィクトリーレッド)204万6600円、
CBR1000RR SP(ヴィクトリーレッド)246万2400円。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/29(火) 16:07:14.25ID:CAP_USER.net
産経 ニュース】 



 独BMWのバイク部門、BMWモトラッドは2017年をめどに、
大型電動バイク(スクーター)を日本市場に投入する。

すでに国産ではホンダ、ヤマハ発動機、スズキが電動バイクを販売しているが、
“日常の足”的な小さい車種に限られていた。

高級ブランドから出る大型電動バイクは、4輪車における「テスラモーターズ」のように
電動をクールなイメージに変えるきっかけになるのだろうか。

(原田成樹)

 2017年にBMWが日本市場に投入するのは「Cエボリューション」。

2014年に欧米で投入され、同社によると1500台以上を売り上げた。

大型の「C650GT」「C650 SPORT」をベースにした大型バイクだが、
モーターの出力から日本では「125以上250cc未満」の分類になり、
中型免許(現・普通自動2輪免許)でも乗ることができる。

 4輪ではBMWの電動自動車「i3」を街でみかけるようになったが、
東京-大阪(約500キロ)を給油せず走るのは難しい。

スペック上での航続距離は229キロで、
東京-箱根往復に届くかどうかのレベルだ。

 ガソリン内燃エンジンから電気モーターへと移行する際に、
最も重要になってくるのが航続距離だろう。

液体ガソリンよりも「エネルギー密度」が1桁小さいリチウムイオン電池で、
航続距離を稼ぐのは至難の業だ。

 ガソリン車では大抵、50ccスクーターや普通自動2輪車(400cc)でも
400~500キロほど走れるが、Cエボは車体の至る所にリチウムイオン電池を
詰め込み、何とか4時間の充電で100キロの走行を可能にしたという。

現状のテクノロジーにおけるバイクの限界に近いと思われる。

 それでも1500台がすでに市場に出回り、
スペイン・バルセロナ市警などで使われているという。

さほど遠出はしないが、加速はほしいという需要に応える。

 気になる走りについて、BMWのテクニカル・マネジャー、
平野司さんは「全く異次元」と表現する。

内燃エンジンのスクーターだと、

「アクセルを握る」



「エンジンのスロットルが開く」



「CVT(無段変速機)がかみ合う」



「タイヤの回転数が上がる」

という段階をたどるが、電動ではアクセルを握ると電流が増えて
回転数がすぐに上がるのだという。

 搭載する「水冷電気モーター」の出力は、35キロワット。

48馬力に相当する。高速道路をかっ飛ばすには少々心もとないが、
街を格好良く走るというのに不足はない。

排ガスもない電動バイクの市場を切り開くに、話題性は十分だろう。

 Cエボは、25日から27日まで東京都江東区の東京ビッグサイトで
開かれている「東京モーターサイクルショー」で展示されている。

ミラノ発表の電動3輪も
 ヤマハブースでは、市販電動2輪車「E-Vino(Eビーノ)」が見られる。

Eビーノはスペック上では航続距離29キロで、
予備バッテリーを積めば2倍に伸びる。

学生や会社員が駅まで毎日使うような
ケースで経済性から選ばれることが多いという。

住宅街などで、音がエンジンより静かなことも好評だという。

 台湾のバイクメーカーSYM(三陽工業)も、
昨年11月の「ミラノモーターサイクルショー」で初公開したコンセプト
電動3輪車を展示している。市販は未定。

 自動車は、環境問題への対応などで電動へとシフトしていくのは必至。

ヤマハ、SYMの両社とも、今後の電動化への流れは、バイク専業から
4輪へのチャンスでもある。

ヤマハはすでに電動ではないが自動3輪車「トリシティー125」を
2014年に販売しており、年内には排気量をアップした
「同155」も追加投入する予定だ。

 4輪か2輪か3輪か-。その垣根は徐々に低くなり、電動化で部品
簡素化も進めば、自動車産業自体の参入障壁も低くなるとみられる。

タイヤが何個ついているかなどは、搭乗人数、航続距離、
加速性能などを決める際に選ぶ「ビークル(乗り物)」の
バリエーションに過ぎなくなるのかもしれない。
続きを読む

↑このページのトップヘ