タグ:夜

1:まとめらいぶ 2019/09/08(日) 22:41:31.95 ID:UoIlZYX39
955hPaキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 強い台風15号が首都圏に接近している。強い勢力を維持したまま、8日夜遅くから9日明け方には
関東地方または静岡県に上陸、9日昼前にかけて関東甲信地方を通過する見込みだ。

 気象庁は8日午前11時から記者会見を開き、中村直治予報官が「関東を直撃する台風としては、
これまでで最強クラスといっていい。記録的な暴風となる恐れがあるので、風が強まる前に、
早め早めの避難や安全確保を」と警戒を呼びかけた。

 今回の台風15号は、大きさが比較的コンパクトなことから、接近とともに急に風が強まり、
雨が強まることが予想されるという。中村予報官は「今晴れているということで安心している人も
多いかもしれないが、接近とともに世界が変わる」としている。

 台風15号は8日午後1時現在、八丈島の南西約100キロを1時間に約30キロの速さで北北西に
進んでいる。中心気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル。

 気象庁によると、統計開始以降の記録では、これまで関東地方に上陸した台風は13個
(神奈川県5個、千葉県8個)あるが、もし、今回の台風15号が現在の勢力を維持したまま
関東地方に上陸したとすると、中心気圧は過去最も低かった時と同レベル、最大風速は
過去最も強かった35メートルを上回ることになる(静岡県に上陸した台風の中には、
さらに中心気圧が低く、最大風速が強い台風はある)。

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00010000-wordleaf-soci

no title

関連動画



引用元: 【台風】気象庁「夜には世界が変わり猛烈な風・雨になる」(原文まま)★8

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/07/17(月) 18:18:42.19ID:CAP_USER9.net
【livedoor NEWS】 
 http://news.livedoor.com/article/detail/13348751/

 まもなく夏本番だが、実は、家で熱中症になるリスクは高く全体の約4割を占めている。
その中でも、特に寝るときには注意が必要だ。

■ 家での熱中症は、居間と寝室が多い

 16日、東京都心では今年一番の暑さになり、今週も30℃以上の真夏日が続く予想だ。
しかし、高温になるのは外だけではなく家の中も。

 家の中で熱中症が一番多い場所は、長い時間を過ごす居間。その次は、なんと寝室だ
という。日中に太陽の熱で温まった建物の屋根や壁は、冷めにくく夜でも室温が30℃
を超えることもある。

 特に、高齢者は冷えや節電などを理由に冷房をあまり使用せず、住宅での熱中症が
約6割にものぼる。では、夜の熱中症を予防するには、どうすればいいのだろうか?
帝京大学医学部付属病院・高度救命救急センター長の三宅先生に聞いた。

■ 寝る前の飲み物に注意!

寝る前に気をつける飲み物は?

 三宅先生「基本的にはアルコール、カフェインを含んでいる飲み物です」

 アルコールやコーヒー、緑茶などに含まれるカフェインには、利尿作用があるため、
せっかく水分をとっても、排出されてしまい熱中症のリスクが高まってしまう。

 寝る前に飲むのは基本は“お水”。冷たいものは寝付きを悪くするため“常温”がよい。
脱水ぎみの人には経口補水液やスポーツドリンクもオススメだ。

 また、水分は飲みだめができないので、トイレに目が覚めたときなどに、
こまめに水分補給をすることが肝要だ。

縁側の扇風機

【イメージ画像】
続きを読む

↑このページのトップヘ