1まとめらいぶ2016/09/14(水) 12:34:36.87ID:CAP_USER.net
トヨタは2ドアスポーツクーペ『86』の大幅マイナーチェンジに合わせ、
改良新型に採用された新技術の概要を公表した。
「アルミテープによる空力コントロール」を実現するというもので、
低コストながら操縦安定性の向上に大きく貢献するという。

車体が帯びた電気を、最適に配置したアルミテープによって効果的に放出、
これにより走行中の車体の空力バランスを部位ごとに変化させ、直進安定性、
回頭性などの向上に寄与しているそうだ。

より具体的には、空気は+(プラス)に帯電しており、クルマは走行することで
+帯電をしやすく、これにより車体まわりの空気を引きはがす力が働き、
空気の流れが乱れるため十分なエアロダイナミクス(空力)を
発揮することができない。

それをアルミテープによって放電し空気の流れを整えることで
タイヤ接地性の向上やロール制御、ヨースタビリティ、
操舵応答などに効果をもたらす、というもの。

response



続きを読む