『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.10.3

      声優

      1まとめらいぶ2017/09/13(水) 09:16:25.24ID:CAP_USER.net
      レベルファイブ企画・原作の『妖怪ウォッチ』の映画第4弾

      『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』(12月16日公開)に、
      妖怪の“先輩”ゲゲゲの鬼太郎が登場することが12日、わかった。

      ジバニャンも
      「えええーーーっ! あの伝説の鬼太郎センパイが、
       妖怪ウォッチの映画に出るニャンか!?
       まじヤバいニャン!」と大興奮。

      声優は1968年に初代鬼太郎役を演じた野沢雅子が担当し、
      目玉おやじ、ねこ娘、子泣きじじい、砂かけばばあ、一反もめん、
      ねずみ男と、おなじみの“鬼太郎ファミリー”も総出演する。



      今度の映画『妖怪ウォッチ』の舞台は、シリーズの主人公・ケータの時代から
      30年後の世界。恐るべき妖怪ウイルス“鬼まろ”によって、穏やかな日常は終わりを
      告げる。人類滅亡の危機を救えるのは、妖怪ウォッチに選ばれし者。
      新たな妖怪ウォッチを手にし、人間と妖怪の絆を取り戻せるのか。

      登場人物はみな一新され、妖怪たちは驚きの姿で登場。

      これまでとは一味違ったシリアスな要素も加わり、新しい世界観になっている。



      『ゲゲゲの鬼太郎』は、今日の妖怪漫画・妖怪アニメの生みの親ともいえる、
      水木しげるさんの代表作。

      1965年に漫画連載がスタート(※連載当初の『墓場の鬼太郎』が後に改題)、
      68年にアニメ化。その後も5度アニメシリーズ化され、子どもから大人まで
      親しまれてきた。

      映画『妖怪ウォッチ』では、ある危機を迎えたジバニャンたち一行が、
      伝説の存在である鬼太郎に助けを求めてゲゲゲの森にたどり着き、
      大人たちをかつて夢中にさせた妖怪たちと、今子どもたちを夢中に
      させている妖怪たちの対面が実現する。

      鬼太郎でアニメ初主演を飾った野沢は
      「初めてのシリーズ主人公、鬼太郎は私の中でしっかり生きています」と思い
      入れの強さを明かし、「今から完成がとっても楽しみでワクワクしています。
      妖怪は不滅です」とコメントを寄せた。

      製作総指揮/原案・脚本の日野晃博氏は
      「今回、妖怪ウォッチの世界観はシリアスに変わっているのですが、
       ここで大人が見るに堪えるものにするというコンセプトが生まれました。
       現代の大人において『妖怪』と言えば、やはり鬼太郎ではないでしょうか。
       というわけで、鬼太郎とコラボしたいという発想に至りました」と意図を説明。
      「これが実現できたことは、スタッフ一同感無量です」と感慨深げだ。

      また、鬼太郎のようなジバニャンの姿、通称「鬼太ニャン」の姿もお披露目された。
      鬼太郎の妖気の影響を受けて変化した姿のようで、
      劇中のどこかで「鬼太ニャン」も登場する。



      【ORICON NEWS】 
       http://www.oricon.co.jp/news/2097151/full/
      【【アニメ】映画『妖怪ウォッチ』に鬼太郎が登場 声優・野沢雅子『ワクワクしています』】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/01/12(木) 11:02:10.78ID:CAP_USER.net


      Eテレで放送中のコマ撮りアニメ番組「プチプチ・アニメ」。その特別企画で、
      声優の豊崎愛生さんが原案・キャラクターデザインをつとめることが決定しました。

      小さなころから絵を描くのが好きで、雑誌で4コママンガを連載するなど、
      かわいくてふしぎなキャラクターを生み出してきた豊崎さん。

      その豊崎さんが、
      今回プチプチ・アニメのために考案したキャラクターは・・・

      「ユニコーンのキュピ」。



      真っ白ボディにつぶらな瞳のキュピは、大のきれい好き。
      どんな汚れも見逃さず、ゴシゴシ、キュッキュッ、
      小さな体で磨いてピカピカにしちゃいます。

      今回は、キッチンで大活躍!

      鍋の汚れを自らの体で磨くキュピ



      ライバル?

      のハリネズミ「ハリゴロウ」(写真左)も登場。



      「ユニコーンのキュピ」放送は3月の予定です。

      一家に一匹いてほしくなるような、キレイ好きキュピの奮闘ぶり、
      どうぞお楽しみに!

      <豊崎愛生 プロフィール>
      1986年徳島県生まれ。2006年声優デビュー。主な出演作はアニメ「けいおん!」(平沢唯)、
      「めだかボックス」(黒神めだか)など多数。

      声優4人で結成されたユニット「スフィア」としても活動中。

      プチプチ・アニメ 特別企画「ユニコーンのキュピ」
      【放送予定】  Eテレ 3月 プチプチ・アニメ内にて

      【NHK アニメワールド】
       http://www6.nhk.or.jp/anime/topics/detail.html?i=4369
      【【声優】豊崎愛生さんがNHK『プチプチ・アニメ』の原案・キャラクターデザインを担当!】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/03/07(月) 22:10:01.96ID:CAP_USER.net
      若手女性声優の中でも、特に高い人気を誇るのが花澤香菜さん。

      今回は、花澤さんが演じた数多くのキャラクターの中で、
      「特にハマっていた」というアニメのキャラクターをチョイス。



      ●千石撫子(物語シリーズ)
      花澤さんの代表的キャラクターといえば、
      『物語』シリーズに登場する千石撫子がまず挙がります。
      花澤さんのかわいらしい「お兄ちゃん」というせりふに、
      多くの男性視聴者がやられたことでしょう。

      ●黒猫(俺の妹がこんなに可愛いわけがない)
      作中でも屈指の人気を誇るキャラクターですが、
      花澤さんが演じたことでさらに人気が加速しました。
      花澤さんはツンデレキャラを数多く演じられていますが、
      その中でも極上ともいえるツンデレ具合です。

      ●シャルロット・デュノア(IS<インフィニット・ストラトス>)
      男性だと偽っていたけど実は美少女で……というよくあるパターンのキャラクター。
      男性を装っていたときの少年声と、正体が発覚してからの甘えるような声の
      2パターンが堪能できました。

      ●椎名まゆり(STEINS;GATE)
      主人公の幼なじみで、「トゥットゥルー♪」が口癖。明るくのんびりとした
      マイペースな性格が特徴で、花澤さんの声がよくマッチします。
      花澤さんの演じるおっとりキャラの神髄といえるでしょう。

      ●常守朱(PSYCHO-PASS サイコパス)
      天真らんまんで前向きかつ正義感の強い性格のキャラクター。
      花澤さんの元気声が映えます。ただ、ネガティブな展開の多い作品なので、
      そうした場面に直面した際の張り詰めた演技も見どころです。

      ●立華かなで(Angel Beats!)
      作中の「死後の世界の学校」で生徒会長を務めるキャラクターです。
      主人公たちと当初は敵対状態にありましたが、後に打ち解けます。
      基本は無口なので、それだけにたまにしか出ない貴重なデレ
      口調の破壊力は抜群。「天使」という愛称で呼ばれていますが、
      中の人も含めて天使です。

      ●小野寺小咲(ニセコイ)
      同作品のメーンヒロインの一人。明るく優しい性格の持ち主で、友達思い。
      やや内向的な一面もあるため、好きな人の前ではすぐにパニックに
      陥ってしまいます。そのあたふたしたシーンは花澤さんの
      かわいらしい声も相まって魅力的です。

      ●河合律(僕らはみんな河合荘)
      主人公と同じ河合荘で暮らす高校生。美少女ですが、無口で無愛想で
      友人もおらず、毎日本ばかりを読んでいます。しかし少しずつ
      感情を表に出していく様は、花澤さんの無口
      キャラの中でも屈指の魅力があります。

      ●篠宮綾瀬(ギルティクラウン)
      事故によって車椅子生活を強いられていますが、活発な性格で、
      男性に対しても勝気なキャラクター。花澤さんの演じたキャラの中でも
      特に強気ですが、時に恋する乙女になる瞬間も注目です。

      ●緑川花(監獄学園 プリズンスクール)
      花澤さんの演じたキャラクターの中で、最も暴言がさく裂したキャラクターです。
      見た目はかわいいのですが、空手の有段者で男性に罵声を浴びせながら
      容赦なく打ち倒します。花澤さんの声でののしられたい
      大きなお友達はたまりませんでした。

      マイナビ
      【【声優】花澤香菜さんの『ハマりキャラ』と言えば誰だと思う、シロでしょ。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/02/09(火) 18:30:23.26ID:CAP_USER.net
       マンガ家の蛭子能収さんとアニメやマンガなどの専門学校
      「代々木アニメーション学院」がコラボして制作したアニメ「魔法おっさん少女 
      エビス★ちゃん」が同学院の公式サイトで公開された。

       同学院が提示した4コママンガのオチを蛭子さんが考え、
      アニメ化した企画で、蛭子さんは声優にも挑戦し、主演の少女を演じている。

       「魔法おっさん少女 エビス★ちゃん」は、
      競艇場に現れたモンスターに魔法少女が挑む……というストーリー。

       「何か蛭子さんにちなんだ舞台やお話にしたい」という学生からの意見により、
      蛭子さんの好きな“競艇”にちなんだ作品になったといい、原画、背景、声優、
      音響を同学院の学生と講師が担当した。

       蛭子さんは、学生に「競艇ってのはね、ボートを切る波にも規則性があるんだ。

       横じゃなくて縦なの。

       そうすると、本物に近くなるよ」とアドバイスしたり、声優挑戦のために
      基礎練習である腹筋に挑戦し、上体を起こすたびにズボンのポケット
      から小銭がどんどん落ちていくハプニングなどがあったという。

      まんたんウェブ



       蛭子能収さんと代々木アニメーション学院がコラボしたアニメ
      「魔法おっさん少女 エビス★ちゃん」のビジュアル
      【【話題】蛭子能収『魔法少女アニメに参加』少女役で声優挑戦】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/01/16(土) 22:40:32.82ID:CAP_USER.net
      「私は声優の演技が嫌いなんです」

      この言葉は、田中真弓氏が若かりしころにあるアニメ監督から言われた一言。

      確かに声優ではなく、俳優が演じているアニメは多々ありますよね。

      そもそも、声優と俳優の演技の違いってなんなんだろう。

      その理由について、女優として舞台に立ち続け、
      声優として『ONE PIECE』のルフィ役や『ドラゴンボール』のクリリン役などで
      活躍している田中真弓氏は、今回のインタビュー中で、
      声優も俳優も本質的には同じと話してくれました。

      ■ 声優という職業はない
      本日はインタビューを受けていただきありがとうございます。

      「声優の演技が嫌い」の一言にはどういう意図があったのでしょうか。

      田中真弓氏(以下田中):それは「型にはまっていて、個性や特色が見られない、
      類型的な、説明的な芝居はするなよ」と釘を刺されたのだと思いました。

      それは声優が類型的な、説明的な芝居になってしまっているということですか。

      田中:若い声優さんたちは特にそうなってきて、それがうまくなってきてしまっている。
      それはそれで凄いことなんですけど、でもその人は、もっと
      上手い人が出てきたらとって変わられてしまう。

      声優という職業は、そうではないんだ
      というところに気づかなければならないと私は思います。

      そうではないと言いますと。

      田中:声優は、俳優の中の仕事のひとつと捉える。

      俳優という職業と全く別個に声優という職業があると思っている人が多いので、
      声優は俳優で、たまたま声だけがもってかれたという形が本来は望ましいですね。



      田中:図で説明すると、俳優という中に、声優は完全に入ります。

      そしてナレーターやアナウンサーとだぶる部分もあります。

      重なっていないのは、とても正確さが求められる仕事。

      俳優としてナレーションをする場合は、
      イントネーションの違いなどの個性がOKになる。

      人間を表現するものだから、キレイすぎる人だけだと変ですよね。

      そして歌もそう。俳優が歌う歌は、ピッチや音が外れていても、
      気持ちが伝わることを第一義に考える。

      なぜ声優の演技が記号的になってきてしまったのでしょうか。

      田中:アニメーションは、3~4時間くらいで録らなきゃいけないから、
      時間の制約があるんです。

      舞台だったら1ケ月みっちり稽古できますが、声優の仕事は台本をもらって
      3~4時間で全部を仕上げるわけだから、掘り下げるよりは
      わかりやすいお芝居が望まれているわけですよ。

      (中略)

      この前も学生に将来どうなりたいかを聞いた時に、
      「ガンダム声優になりたい」と答えた子がいたので、
      それは俳優だよと、説明しました。

      若くて安いうちだけ使われるというのでOKならそれでいい。だから、いわゆる
      アイドル声優っていうのは私には意味がわからないんだけど、
      アイドル=若いということですよね。

      思い出でいいならばそれはそれでいい。そうじゃないならば、アイドル声優を
      やれてるうちに、自分の50~60歳を想像できないとダメですよね。

      声優をやっていたいならば、何かを露出したいと考えるならば、
      想像力は必要ですよね。なのでしっかりそこは教えています。



      MAG2 NEWS
      【【大御所声優】田中真弓『声優は、俳優の中の仕事のひとつ』『アイドル声優っていうのは意味がわからない』】の続きを読む

        このページのトップヘ