タグ:声

1:まとめらいぶ 2019/09/29(日) 22:14:37.11 ID:PTB76Fdn9
「ガラケー使用者は変人!?」“キモトサン”に続き“ひょっこり飛び出し男”も

 埼玉・桶川市で車の前にわざと飛び出し
急ブレーキをかけさせる通称“ひょっこり飛び出し男”が、「ガラケーだ」と話題だ。

 19日朝に送検された32歳の成島明彦容疑者は、その後の取り調べで「急ブレーキをかけさせ、
運転手の驚く顔を見ると楽しくなる」「イライラも解消する」などと供述。ネット上では、
「やっと逮捕されたのか」「大した罪にはならないんだろうな」「本当に迷惑!」
といった声が相次いでいる。

 この日のワイドショーでは、黒ずくめの服に金髪にサングラスにヘッドフォンという出で立ちで、
口にはタバコをくわえ、ガラケーをいじりながら歩く逮捕前の成島容疑者の姿が繰り返し放送された。

 これに、「平成初期のファッションか?」「全てがダサすぎる……」「32歳でこのセンス」
といった声のほか、「こいつもガラケーか」「変わり者はガラケーなのか?」「ガラケーって、
癖強いやつ多いよな」「ガラケーに不名誉なレッテル貼られそう」「人前でガラケー出しづら~」
といった声が相次いでいる。

 ガラケーといえば、茨城県で起きた「あおり運転」殴打事件の際、宮崎文夫容疑者の車に
同乗していた喜本奈津子容疑者が二つ折りケータイで撮影する姿が話題になったばかり。
当時もネット上では「今時ガラケーなのが怖い」「年寄りでもないのにガラケー使ってるとか、
ヤバイ」「ガラケーとか、昭和っぷりが凄すぎ」といったコメントであふれた。

「迷惑行為による犯罪者が続けてガラケーを使用していたことで、一般のガラケー利用者が
『変人ではないかと疑われて距離を置かれそう』『人前で出しにくい』と肩身の狭い思いを
しているようです。確かに1台持ちにもかかわらず、頑なにスマホに乗り換えない知人を
思い出すと、癖の強い変わり者が多いような……。ちなみに、宮崎容疑者が逮捕時に
持っていたピンク色の二つ折りケータイは、ガラケーではなく進化系の『ガラホ』だそうです」
(記者)

 今も現役で販売されているガラケー。一気にイメージが怪しくなってしまったが、
それでも気にせず持ち続ける人はやはり“変わり者”かもしれない。

【エンタMEGA】
 https://entamega.com/23822

YUKA160218540I9A9461_TP_V

【ガラケー】

引用元: 【携帯】ガラケー使用者は変人? 「今時ガラケー持ってるのは怖い」との声も★9

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/06/13(木) 06:49:49.46 ID:5iBryrPP0 BE:209847587-PLT(12031)
no title

『嵐』大野智が、毎年恒例の大型特番『24時間テレビ』(日本テレビ系)の
〝今年のチャリTシャツ〟のデザインを手掛けた。6月8日に放送された
バラエティー番組『嵐にしやがれ』(同系)で、そのデザインが公開されたのだが、
視聴者からは「うまいけど怖い」「病んでる人がイメージしたって感じ」などと、
心配の声が続出している。

今年3月、史上最多となる5回目の「24時間テレビ」メインパーソナリティーを務めることが
発表された「嵐」。売り上げ金がそのまま寄付金になる「チャリTシャツ」のデザインを、
2004年以来15年ぶりに大野単独でデザインすることになり、大野は番組のテーマ
『人と人~ともに新たな時代へ~』から着想を得てデザインを決めていったようだ。

■ これが本来の大野タッチ

スタジオでデザインを見た「嵐」メンバーは総じて称賛。
一方で、ネットでは大野の独特な雰囲気を持つデザインに、

《ちょっと怖いと思ってしまいました》
《病んでる人がイメージしたって感じ》
《呪われた絵みたい》
《うまいけど怖い、自分が病んでたときに書いてた絵みたい》
《作者隠して、絵だけ出したら「気持ち悪い」の声しかなさそう》

などと、怖がる声が続出した。

【エキサイト】
 https://www.excite.co.jp/news/article/Myjitsu_085911/ 

no title

no title

no title

引用元: 『嵐』大野智デザイン“チャリTシャツ”に「病んでる」「気持ち悪い」の声【画像】

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/03/14(木) 15:55:25.07 ID:4Tum57WF9
タレントの加藤茶が12日にアメブロを更新。

45歳下の妻・綾菜さんの手作り弁当を公開した。

no title

no title

現在、歌手の水森かおりが主演を務める舞台『水森かおり特別公演』(東京・明治座)に
出演中の加藤はこの日「毎日、明治座で舞台 頑張ってます。沢山の方が見に来てくれて
嬉しい限りです。お花や差し入れやプレゼントありがとう。」と感謝の言葉をつづって
楽屋前で撮影した自身の写真を公開した。

また「1日二回公演の日は嫁さんが弁当を作ってくれます。おいらと、マネージャーの分です。」と
綾菜さんの手作り弁当を公開、その他にも「昨日は、おやつに差し入れの苺をたべました。」
と苺の写真や「友達が観に来てくれて 大好きな羊羹を差し入れしてくれました。」とようかんの
写真も公開、「嬉しいです。何から食べようかな~」と楽しそうにつづってブログを締めくくった。

これに対してファンからは「奥さんの作ったお弁当美味しそうですね」「愛情いっぱいの奥様ですね」
「愛妻弁当最高です!茶さんは、幸せ者ですね」「なんて豪華で栄養満点の体に良さそうなお弁当!」
などの声が寄せられている。

【ライブドアニュース】
 http://news.livedoor.com/article/detail/16158723/

26:まとめらいぶ 2019/03/14(木) 16:08:01.32 ID:gyedVVn90
>>1
美味しそうでいいじゃん

44:まとめらいぶ 2019/03/14(木) 16:17:24.66 ID:Q0gT9RlD0
>>1
なんか顔がヤバくない?

引用元: 【芸能】加藤茶、妻・綾菜さんの手作り弁当を公開「なんて豪華」「美味しそう」の声

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/02/16(土) 11:11:53.03 ID:EWjmHvC+9
no title

モデルでタレントの益若つばさ(33)がインスタグラムで公開した写真がファンの間で話題に
なっている。益若は12日にインスタグラムを更新し、「アイコン変えっぴです」と、インスタ
グラムのアイコンを変更したことを報告。アイコンに使われている写真は10日にも投稿した
写真の別カットと思われる写真で、益若がまるで人形のように映っているものとなっている。

さらに益若はポストの中で、「今日は色々今後の打ち合わせをしてきました」といい、
「この10年私はメイクやファッションに携わるお仕事をしてきましたが、この10年間で女性が
自信を持ってもっともっと可愛くなるようなお手伝いをしたいなぁ…と、より強く思うように
なってきました」と今後の展望について言及。「みんなが可愛くなって困っちゃうと言われる
くらいがんばるのでこれからも楽しみにしていてくれると嬉しいです」とつづっていた。

この投稿にファンからは、「これからも頑張って下さい!」「新しいアイコンすごく素敵」と
いう声が集まっていたが、一方では、「なんかゾンビみたいです…」「この写真怖い…」
「このシリーズの写真、怖いです」といった声も寄せられてしまっていた。

若干ホラー感のある写真なだけに、苦手意識を抱いてしまったファンもいたようだ。

【デイリーニュースオンライン】
 http://dailynewsonline.jp/article/1693248/

引用元: 【芸能】益若つばさ、”お人形ショット”披露も「怖い」「ゾンビみたい」の声相次ぐ

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/12/07(木) 13:41:50.25ID:CAP_USER.net
世界で加速する電気自動車(EV)の普及が、各国政府の財政問題に発展する可能性が
出てきた。ガソリンの代わりに電気で走るEVが普及すれば、揮発油税などの税収減が
不可避になるためだ。2050年には先進国の関連税収が8割落ち込むとの試算もあり、
財政赤字の膨らむ日本にとって課題になりそうだ。

「EVもガソリン車と同じ道を走っているので、相応の負担をしてもらう必要がある。
ガソリン税がなくなったらどうするのか」

 石油連盟の木村康会長(JXTGホールディングス会長)は9月の記者会見でこう述
べ、税負担の「公平性」を訴えた。

 ガソリンにかかる揮発油税は元来、1リットル=24.3円だが、政府は「暫定税率
」として2倍の48.6円を徴収している。地方自治体に配分する地方揮発油税の5.
2円を含めると、計53.8円とドライバーに重い負担となっている。

 これに対し、EVや水素を使う燃料電池車(FCV)は燃料にかかる税金がない。現
在も重い税負担に不満が根強い石油業界には不公平感が募る。

 背景には、揮発油税の理念がある。当初は一般財源だった揮発油税は、第1次道路整
備5カ年計画が始まった1954年度に「道路特定財源」に衣替え。政府は自動車の普
及に伴う道路整備という特定の目的のもとで徴税し始めた。

 そのため、道路整備で利益を得る運転手やクルマ所有者など「受益者」負担を原則と
する理念を掲げた。政府は道路特定財源として揮発油税に続き、68年に自動車取得税、
71年に自動車重量税を創設し、高速道路などの整備に活用してきた。

 だが、道路特定財源は必要性の乏しい道路も「財源ありき」で整備する事態につなが
り、批判が噴出。2009年度からは一般財源化し、道路整備と直接結びつかなくなっ
たが、「受益者負担の色合いは依然としてある」(業界関係者)。

 このため、EV所有者らにも負担を求める方法として、「最終的には走行距離に比例
して税金をかける走行税に変えるしかない」(石油大手首脳)との声が上がる。

 石油業界が危機感を強めるのは、世界中でEVへの移行を促す規制の導入が相次ぐ中、
EVやFCVの燃料に税金が課せられないままでは、ガソリン・軽油の需要縮小に拍車
が掛かるとの懸念があるためだ。

 ドイツは30年、フランスや英国は40年にガソリン車などの販売を禁止する方針。
世界最大の自動車市場の中国も19年からEVやFCVなど新エネルギー車を一定割合
販売するようメーカーに義務付ける。

 ◆2兆円が吹き飛ぶ

 結果、ガソリンや軽油などにかかる税収は大幅に落ち込む見込み。日本エネルギー経
済研究所の試算によると、15年の経済協力開発機構(OECD)参加35カ国の自動
車用ガソリン・軽油関連の税収は3700億ドル(約42兆円)に上る。

 だが、自動車の電動化が急速に進むシナリオでは、30年に35カ国の新車販売の3
0%がEVやFCVなどに代わり、税収は2700億ドルと27%減少する。50年に
は新車販売のうちガソリン車などがなくなると想定し、税収は790億ドルと15年の
2割程度に縮小する。

 日本では15年度の揮発油税の税収(国税分)は約2兆4600億円。これが2割程
度になると、消費税1%分に相当する約2兆円が吹き飛ぶ計算だ。

 政府・与党は19年10月に消費税率を8%から10%に引き上げ、増収分は教育無
償化などに充てる方針。20年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化
する目標の達成が一段と難しくなる中、急速なEV化は財政健全化の思わぬハードルに
なりそうだ。

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000002-fsi-bus_all
続きを読む

↑このページのトップヘ