タグ:増加

1まとめらいぶ2017/07/01(土) 21:17:08.13ID:CAP_USER.net
過労などが原因で「心の病」を患い、労災認定された人が2016年度は498人
となり、2年ぶりに過去最多を更新した。職場のパワハラが原因で認定されるケー
スの増加が目立つ。体の病気による労災認定は、政府の「働き方改革」で残業時間
の上限規制の適用を5年間猶予されることになった運送業が突出して多く、規制の
強化を求める声が出ている。


 厚生労働省が30日、16年度の「過労死等の労災補償状況」を公表した。労災
は各地の労働基準監督署が認定する。労働者の病気やけがが業務に起因するかどう
かを、労働時間や勤務形態、仕事中に起きた出来事などから総合的に判断する。う
つ病など「心の病」を発症して労災を請求した人は1586人。4年連続で過去最
多を更新した。

 労災認定されたのは498人。14年度(497人)を上回り、こちらも最多と
なった。原因別にみると、職場でのパワハラを含む「嫌がらせ、いじめ、暴行」が
74件。生死に関わる病気やけが、極度の長時間労働といった「特別な出来事」
(67件)や「仕事内容・仕事量の変化」(63件)などの原因を上回り、比較
可能な11年度以降で初めて最多となった。

 年代別では、20代の増加が目立つ。30代~50代が前年度より微減となる
中、20代は20人増えて107人となり、全体を押し上げた。

 労災認定された人のうち、自殺や自殺未遂をしたのは84人。広告大手、電通
の新入社員で15年末に過労自殺した高橋まつりさん(当時24)も含まれる。
労災の請求件数や認定件数の増加について、厚労省の担当者は「(電通事件で)
精神障害が労災対象になることが周知されたことも要因の一つだ」としている。

 過労死問題に詳しい森岡孝二・関西大名誉教授は、パワハラが原因の労災が増
えた背景について「人手不足なのに業務量が増え、働き手にかかる負荷が高まる
『高圧釜』状態の職場が多い。人間関係がギスギスし、パワハラが生じやすくな
っている」と分析。20代の若者が即戦力として期待される傾向が強まり、職場
で過度なプレッシャーにさらされているとも指摘し、「業務量を減らしたり、親
身に相談・指導したりする配慮が職場に求められている」と話す。

 体の病気による労災認定も増えた。くも膜下出血や心筋梗塞(こうそく)など
「脳・心臓疾患」で労災認定された人は前年度より9人多い260人。うち10
7人が過労死した。職種別では「自動車運転従事者」が89人と、突出して多か
った。うち29人が過労死した。

 発症前2~6カ月の時間外労働が「過労死ライン」とされる1カ月あたり80
時間を下回るケースでも14人が労災認定され、うち9人が過労死した。

 政府が3月にまとめた「働き方改革実行計画」は、残業時間の上限規制につい
て、運送業への規制適用を5年間猶予し、その後の上限規制も他業種より緩める
とした。過労死弁護団全国連絡会議幹事長の川人博弁護士は「例外規定が極めて
危険であることが改めて実証された。除外業種をつくらないことが重要だ」との
コメントを出した。(村上晃一、牧内昇平)

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00000009-asahi-soci

続きを読む

1まとめらいぶ2017/05/09(火) 19:25:21.67ID:CAP_USER.net
【朝日新聞】
 http://www.asahi.com/articles/ASK5966K0K59UCVL02F.html

 NHKは9日、2016年度の単体決算(速報値)を発表した。受信料収入は契約
件数が増えたことなどから、前年度より144億円増加して6769億円(税抜き)
となり、3年連続で過去最高となった。事業収入は7073億円で、初めて7千億円
を超えた。事業収入から事業支出を引いた事業収支差金は280億円で、27年連続
の黒字になった。

契約

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2017/01/17(火) 06:52:35.69ID:CAP_USER.net




NHK・Eテレ学校放送番組『おはなしのくに』。

定番中の定番、「つるのおんがえし」は壇蜜が演じる。

鶴の化身の映像表現にも注目



NHK・Eテレ学校放送番組『おはなしのくに』。

「吉岡里帆×ももたろう」1月23日放送





その他の写真

放送開始から27年目を迎える、NHK・Eテレの学校放送番組一番の長寿番組
『おはなしのくに』で、“定番の昔話シリーズ”「ももたろう」「さるかにがっせん」
「つるのおんがえし」「うらしまたろう」を改めて放送する。

CMに登場する“ももちゃん”や“うらちゃん”は人気だが、
肝心のモチーフになっている話を知らない子どもが増えているというのだ。

同番組は、1990年に放送開始され、幼稚園・保育所~小学校3年生向けに読み聞かせや
読書の楽しさを伝えてきた。学校の授業で観たことがある人も多いだろう。

今回、「定番の昔話を知らない」「読んだことがない」という子どもが増えているという
学校現場での声にこたえ、定番中の定番4本が放送される。

昔話を演じるのは、同局のドラマでも顔なじみの俳優たち。

「ももたろう」(1月23日、再放送30日 前9:00~9:10)では、連続テレビ小説『あさが来た』に
出演し、舞台やドラマ、CMでも活躍中の吉岡里帆が、桃太郎を演じる。鬼との対決シーン
では殺陣にも挑戦。犬・サル・キジ、おじいさん、おばあさん、鬼の演じ分けにも注目だ。

「さるかにがっせん」(2月6日、再放送13日 前9:00~9:10)では、大人計画の個性派
俳優・皆川猿時が「悪い猿をやっつけに! それならおらも力を貸そう」と、
人間が一人も登場しない昔話に挑む。

猿のほかにも、蟹、蜂、栗、臼、そして牛のフンまで(!)一人芝居で演じ切る。

「つるのおんがえし」(2月20日、再放送27日 前9:00~9:10)では、鶴の化身である娘を、
壇蜜がはかなげに切なく演じる。「はたを織っている間は、決して中をのぞかないでください」
という約束が破られた時、娘から鶴への変化(へんげ)、鶴が障子の向こうで身を削りながら
機織りをするシーンはさながら「動く影絵」だ。

「うらしまたろう」(3月6日、再放送13日 前9:00~9:10)は、むかしむかし、うらしまは
助けた亀に連れられて、竜宮城へ。そこで見た夢と、玉手箱を開けて老人になってしまう
人生の悲哀を、柄本時生さんが演じる。見どころは浜辺にたたずむラストシーン。
これまでの浦島太郎では見たことのない無常感漂う演出にも注目。

子どもだけでなく、大人も楽しめる内容となっている。

【オリコン ニュース】
 http://www.oricon.co.jp/news/2084590/full/
続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/14(月) 16:33:07.35ID:CAP_USER.net
【internet.watch】

 昨年1年間におけるネット利用状況の変化を
分析したレポートを株式会社ジャストシステムが公表した。

同社が15~69歳の1100人を対象に毎月1回実施している
「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」の
2015年度総集編としてまとめたもの。

 Windowsで使用されているブラウザーでは、シェア順位の変化があった。

「Internet Explorer(IE) 11」の利用率は1月度調査で38.7%だったが、
12月度調査では34.1%に減少した。

2015年5月以降、IE 11の利用率の減少傾向が続いているとしている。

一方、「Google Chrome」は1月度調査で34.8%、12月度調査で34.5%であり、
利用率としては横ばいだが、IE 11の利用率が減少
したことでシェアではトップになった。

 なお、Microsoftでは、2015年7月にローンチしたWindows 10の
標準ブラウザーとして「Microsoft Edge」を採用しているが、
今回の調査で同プラウザーは個別ではカウントされていない。



電子書籍の利用率は1月度調査で18.5%だったのに対し、
12月度調査では19.0%とほぼほ横ばいで推移した。

一方、「利用するつもりはない」とする人が1月度調査では36.4%だったものの、
12月度調査では43.3%と上昇。

「あまり関心がない」の23.4%(12月度調査)と合わせて
7割近くのユーザーが電子書籍に関心がないことがわかった。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/01/25(月) 19:25:14.81ID:9qHYeatS0.net BE:639823192-PLT(15000)
若者にとって日本は“絶望の国”なのか… 

増えていく自殺と「希望格差」

Sankei Biz

絶望の国 日本は世界一「若者自殺者」を量産している

PRESIDENT Online



続きを読む

1まとめらいぶ2015/08/04(火) 20:44:01.98ID:???*.net
中年フリーター:氷河期の非正社員ら、歯止めかからず273万人に

日本の非正規雇用労働者の数は、
1990年代前半のバブル崩壊後に経済が長期停滞した
「失われた20年」の間に右肩上がりに増加し、
その数は2015年1~3月期平均で1979万人と、
労働者全体の37.7%に達している。ここ数年は景気が比較的安定し
採用環境も改善していることなどから、34歳までのいわゆる
「若年フリーター」はピークの03年からは減少している。
だが、90年代後半からの「就職氷河期」に直撃された世代を含む
35歳以上の「中年フリーター」については増加に歯止めがかかっていない。
年金・保険などセーフティーネットの強化や正社員への転換を
後押しする制度作りなどに社会全体で取り組む姿勢が求められている。

現在、「中年フリーター」はどのくらい存在するのか。
政府の明確なデータが存在しないため、その定義を
「35~54歳の非正規の職員・従業員(女性は既婚者を除く)」とし、
雇用問題に詳しい三菱UFJリサーチ&コンサルティング
調査部の尾畠未輝研究員に試算してもらった。

それによると、
中年フリーターの数は90年代は130万人台で安定していたが、
バブル崩壊から約10年が経過した2000年代に入ってから
目立って増え始め、15年には273万人に達している。

非正規雇用は以前は主婦パートが中心だったが、
その後、グローバル競争への対応を求められるようになった
企業の雇用手法の変化などを背景に、世帯の主要な稼ぎ手であっても
契約社員や派遣社員として働く人が増えていった。

「新卒一括採用」が今なお企業の主体である日本では、
就職時に派遣社員などの形で非正社員として採用されると、
中途で正社員に転換することはなかなか難しい。
これが、非正規労働を継続させる理由となり、
就職氷河期のフリーター層が年をとり、
「中年」の年代にさしかかっている。

尾畠氏は、非正規問題への対応について
「賃金を一律に上げるのではなく、それぞれの仕事に見合った
対価を支払う必要がある。景気が悪くなったら突然クビを切るような
不安定さには問題がある」と指摘。中年フリーターについては
「長期的に同じ仕事を続けてきたなら、その技術を生かせる
マッチングの機会を増やすなどの対応ができると思う。
また、労働者側の意欲も大事だ」と指摘した。

就職氷河期にフリーターとなった経験を原点に
作家活動をしている雨宮処凛さんは、毎日新聞のインタビューに
「(非正規雇用労働者の問題に)どこかに決着の地点があると思ったけれど、
10年たってもまったくない。10年前は若者の貧困だったけど、
今はもう若者じゃない。中年になっていて、それがどんどん初老になり、
高齢者になっていく」と強い危機感を語った。

【尾村洋介/デジタル報道センター】

毎日新聞

中年フリーターの人数の推移


続きを読む

↑このページのトップヘ