タグ:国際

1:まとめらいぶ 2019/09/14(土) 15:38:00.41 ID:xBB4K4Et9
【AFP=時事】「ウォンおじいさん」はつえを頭上にかざし、催涙弾の発射をやめるよう
機動隊に訴えた。85歳のウォンさんは、香港民主派デモの最前線でデモ隊を守っているのだ。

 高齢のウォンさんだが、定期的に香港デモの衝突現場に姿を現し、機動隊とデモ隊の間に
率先して身を置く。今や日常となった衝突を鎮めたいとの思いからの行動だ。

「若者が殺されるぐらいなら、年寄りが死んだ方がいい」と、繁華街の銅鑼湾(Causeway Bay)で
起きた一連の衝突の合間にAFPの取材に答えたウォンさん。頭からガスマスクをぶら下げながら、
「私はもう年だが、子どもたちは香港の未来だ」と語った。

 ここ3か月にわたって行われている大規模デモは、時に暴力的な様相も呈してきた。参加するのは
若者が圧倒的に多く、一部調査によると、参加者の半数は20~30代で、77パーセントが大卒だという。

 ウォンさんと仲間の「チャンおじいさん」(73)はデモに参加する高齢者の中でも特に積極的だ。
2人が所属しているのは、「守護孩子(Protect the Children)」と呼ばれるグループで、そのメンバー
の大部分を高齢者とボランティアが占めている。ほぼ毎週末、警察とデモ隊の間に入り仲裁を試みるが、
警察が突撃すると分かれば、デモ隊のために時間稼ぎをすることもある。

■平和的な方法

 銅鑼湾で催涙弾が再び飛び交い始めると、チャンさんはウォンさんの手をぎゅっと握った。
「死ぬなら一緒だ」と叫びながら、衝突の最中に戻らないようウォンさんを引き留めたのだ。
チェンさんはいつも、ヘルメットの代わりにスローガンが書かれた目を引く赤い帽子をかぶっている。

 守護孩子の主な目的は若者の保護だ。しかしウォンさんらは、デモ隊に対しても警察を挑発
しないよう強く求めている。「香港の本質的価値は平和的な方法で守るべきだ」

 一連のデモで、これまでに12歳の子どもから70代の男性まで1100人以上が逮捕されている。
多くは暴動の罪に問われており、10年の禁錮刑が科される可能性もあるという。

■「年寄りが面倒を見よう」

 ウォンさんは、抗議活動しかないと意気込む若者らの気持ちを理解できると話す。これまで何十年に
もわたって、中国が公然と独裁主義を維持しながら、豊かになり、そして力をつけていく様子を
見てきたからだ。

 守護孩子を主催するロイ・チャン(Roy Chan)さんは、高齢の参加者を尊敬しているとしながら、
その一方で高齢者たちがこのような場に出てこなければならない現状を残念に思うと述べる。

「人生の最後の数年間は家で快適な生活を送るべきだ」

「だが、彼らは戦いに加わり、若者を守っている」

 ウォンさんは銅鑼湾に現れた翌日、今度は空港近くで行われていた抗議デモの現場に登場した。
そして、「ほら、子どもたちは家に帰るんだ」「年寄りに面倒を見させてくれ」と声を上げた。

【ライブドア ニュース】
 https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17081303/

no title

引用元: 【国際】つえを手にデモ隊を守る、香港のおじいさんたち「若者が殺されるぐらいなら、年寄りが死んだ方がいい」

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/04/01(日) 22:25:29.69 ID:CAP_USER9
 【ニューヨーク共同】
巨額の賞金が当たる全米規模の数字選択式宝くじ「メガミリオンズ」で3月30日、
約5億2100万ドル(約553億円)の大当たりが出た。運営組織が1日までに
発表した。米国の宝くじ史上10番目の高額賞金という。

 東部ニュージャージー州で購入されたが、当選者は明らかになっていない。メガ
ミリオンズは計6個の数字の組み合わせを選んで購入する宝くじで、大当たりが出
なければ賞金を繰り越し、膨れ上がる仕組み。

 今回の賞金は分割で受け取った場合の額で、現金での一括受け取りを選択すると
約3億1720万ドルになるという。

【デイリー】
 https://www.daily.co.jp/society/world/2018/04/01/0011124735.shtml

高額当選

【イメージ画像】

引用元: 【国際】米宝くじ、550億円大当たり 史上10番目の高額

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/04/05(水) 19:37:56.07ID:CAP_USER9.net
アトランタ(CNN) 地上に縛りつけられた生活から抜け出し、空中に浮かぶビルで
自由に暮らせたら。そんな願いをかなえる未来型の建物の構想が発表され注目を集めて
いる。米ニューヨークの建築事務所「クラウズ・アーキテクチャー・オフィス(CAO)
」が発表した「アナレンマ・タワー」はなんと、地球周回軌道に乗せた小惑星からケーブ
ルでビルをつり下げるという構想だ。ビルは「ホーム」と呼ばれる都市の上空を拠点に、
北半球と南半球の間を毎日行き来する。拠点都市としては、米国よりはるかに建設費の
安いドバイが提案されている。欧州宇宙機関(ESA)の探査機「ロゼッタ」が彗星
(すいせい)に着陸し、米航空宇宙局(NASA)が小惑星のかけらを月の周回軌道
に乗せる計画を進めるなど、宇宙開発技術の急速な発展とともに、構想が実現する可
能性は高まっている。設計担当者がCNNに語ったところによると、ビルの建材には
軽量で耐久性のある炭素繊維やアルミを使うことを想定している。吊り下げ用の強力
なケーブルを作る技術も必要だ。電力は宇宙空間に設置した太陽光パネルで常時供給
され、雲や雨から集めた水分を循環させて使う。ビル最上部の高度は3万2000メ
ートルに達し、最大時速約480キロで空中を移動する。地上と行き来するために大
型の無人機を運航させるほか、最新型の電磁式エレベーターも設置するという。発想
のきっかけを問われた設計担当者は「人類が洞くつを出た時から、我々の建物はより
高く、より軽く進化してきた。いつか建物が地面から離れ、我々が洪水や地震、津波
の被害から解放される日が来ることを信じている」と答えた。

画像



【CNN】
 http://www.cnn.co.jp/fringe/35099308.html
続きを読む

1まとめらいぶ2017/03/30(木) 20:00:02.86ID:CAP_USER9.net
【3月30日 AFP】猛烈なサイクロン「デビー(Debbie)」によって大きな被害が出た
オーストラリア北東部で30日、エアー(Ayr)という町に近い道路上にオオメジロザメ
が打ち上げられているのが見つかった。

28日に上陸したサイクロンは大雨をもたらし、30日現在も救出活動が難航している。

(c)AFP





【AFP】
 http://www.afpbb.com/articles/-/3123334
続きを読む


1
まとめらいぶ2017/03/08(水) 17:23:07.31ID:CAP_USER9.net
猫のパーシーさんは、トレーラードライバーのポール・ロバートソンさんの相棒だ。
いつも仕事中のポールさんとトレーラーで旅をしている。

 仕事中、ポールさんがオハイオ州で休憩したとき、パーシーさんの姿が見えなくなった。
ポールさんは大切な相棒失ったと思い、悲しい思いでトレーラーを走らせた。その後、
400マイル(約640キロメートル)程走行し、インディアナ州でトレーラーを
停車すると、パーシーさんが這い出してきた。なんと、400マイル走行する間、
トレーラーの下部構造にしがみついていたらしい。何はともあれ、
相棒が見つかってめでたしめでたし!

猫のパーシーさん



猫のパーシーさんと飼い主のトレーラドライバーのポール・ロバートソンさん



【産経フォト】
 http://www.sankei.com/photo/story/news/170308/sty1703080006-n1.html
続きを読む

↑このページのトップヘ