タグ:商品

1:まとめらいぶ 2018/12/28(金) 08:49:58.10 ID:QKOTQF5w0
購入者を怒らせてしまう

no title

no title

引用元: 【悲報】メルカリ民、とんでもない梱包で商品を発送する

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/09/21(金) 20:39:57.74 ID:CAP_USER9
Amazonが2018年秋のハードウェア新製品発表会を行いました。発表されたのはすべてAIアシスタント「Alexa」を活用する製品で、
AIスピーカーのEchoシリーズだけでなく、カメラやスマートコンセント、電子レンジ、掛け時計まで含まれています。

◆01:第3世代Echo Dot
Echoのエントリーモデル「Echo Dot」の第3世代が登場。

Echo Dot (3rd Generation) | Alexa-enabled Bluetooth Speaker

no title

【YouTube】

 

第3世代Echo Dotは日本でも、2018年10月30日に税込5980円(送料無料)で発売されます。

◆02:Echo Auto
車載用のAlexa端末「Echo Auto」が登場しました。

no title

自動車のダッシュボードに置いて使うことが想定されています。Alexa端末を家庭に導入している場合、車内からの各種命令が可能になります。

Echo AutoはAmazon.comで49.99ドル(約5600円)で発売予定で、記事作成時点ではセール価格で24.99ドル(約2800円)となっています。
ただし、日本への発送には対応していません。

◆03:第2世代Echo Show
ディスプレイ付きのAlexa端末「Echo Show」は第2世代へと進化しました。

ベゼル幅が狭まった第2世代Echo Showは、背面がファブリック素材へと変更されています。

第2世代Echo Showは日本でも2018年12月12日に税込2万2480円で発売予定。記事作成時点では、
PhilipsのHueランプのセットも税込2万2480円とお得な価格で予約注文を受け付けています。

no title

【gigazine】
 https://gigazine.net/news/20180921-amazon-new-hardware-2018/

引用元: 【商品】AmazonがAlexa内蔵のハードウェア新製品を一挙に発表、電子レンジや掛け時計までAlexa対応に

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/08/31(金) 17:51:41.71 ID:CAP_USER9
 @morinaga_angel
 https://twitter.com/morinaga_angel

計量カップもボウルもオタマも泡だて器も不要!袋の中でもみもみするだけ。そんな驚愕のホットケーキミックスが登場しました!
その名も「もみもみホットケーキミックス」。ぜひみなさんも、もみもみしてみてくださいね。もみもみ体験のコメントもお待ちしてまーす♪


森永製菓 @morinaga_angel 2018-08-27 15:30:05
これは画期的!と話題の「森永もみもみホットケーキミックス」。もうお試しになりましたか?これならお子さんでも簡単に楽しく
ホットケーキが作れると人気急上昇中。夏休みの思い出作りに親子でもみもみホットケーキいかがですか?

【森永製菓】
 https://pbs.twimg.com/media/Dluzsw2V4AAkE9p.jpg:small
 http://www.morinaga.co.jp/sp/products/detail.php?id=PRD2014-01-0010

no title

引用元: 【商品】計量カップもボウルもオタマも泡だて器も不要!袋の中でもみもみするだけのホットケーキミックスが登場!

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/07/28(金) 20:21:26.96ID:CAP_USER9.net
森永乳業のロングセラーアイス商品「ダブルソーダ」の販売が終了した。
1983年の発売以来、手頃な価格と変わらぬ味で幅広い世代から人気を集めてきた
アイスバーが、34年の歴史に幕を閉じた。
ネット上では、惜しむ声があがっている。

なぜ、販売を終えたのか。森永乳業広報部の担当者は2017年7月28日、J-CASTニュース
の取材に対し、「販売量の減少により、終売の判断をいたしました」と説明した。

前身含めると半世紀以上のロングセラー

ダブルソーダは1983年3月、森永乳業がユニリーバと提携して立ち上げた「エスキモー」
ブランド(2010年に終了、以降は「森永乳業」ブランドに統一)から発売された。

最大の特徴は、一つのアイスに木の棒が2本付いている点だ。
幅広の形をしたアイス部分は縦に「パキッ」と2つに割ることができ、家族や友達、恋人
などと半分ずつシェアして食べることができた。2017年の販売終了時のメーカー希望
小売価格は60円(税別)だった。

今回、ダブルソーダの販売終了をツイッターで報告して注目を集めたのは、
一般社団法人「日本アイスマニア協会」(東京都港区)の代表理事を務める
「アイスマン福留」さんだ。7月28日朝の更新で、

「棒が2本『半分個』にして食べられる、あの思い出のアイス『ダブルソーダ』が
今年の春で販売終了となったそうです」

と伝えたのだ。

このツイートは投稿から半日で1万2000回以上リツイート(28日18時時点)されるなど
大きな反響を呼び、投稿のリプライ(返信)欄などには、

「子供の頃はソーダ味と言ったらダブルソーダでした」
「ダブルソーダなくなるのかよ!大好きだったのに...」
「最近見かけないなぁと思ったら販売終了になっていたんですね...。
小さい頃よく食べた思い出があります。寂しいなぁ」
「俺の青春を彩ってくれたアイスが...」

といった悲しみの声が相次いで寄せられている。

森永乳業の広報担当者によると、販売の終了は2017年3月末。
また、ダブルソーダの前身商品として「ソーダアイス」(1965年発売)があるという。
こちらも含めると、今回の販売終了によって、半世紀以上にもわたって販売が続いた
超ロングセラー商品の販売が終了したことになる。

【J-CASTニュース】
 https://www.j-cast.com/2017/07/28304499.html

30年以上の歴史に幕を閉じた森永乳業の「ダブルソーダ」

続きを読む

1まとめらいぶ2017/06/29(木) 01:01:11.00ID:CAP_USER.net
【engadget】
 http://japanese.engadget.com/2017/06/26/photonic-fence/

開発者は元マイクロソフトCTO



元マイクロソフトCTO、ネイサン・マイアーボルド氏が設立した
Intellectual Ventures Lab(IVL)が、飛んでくる害虫だけを識別して撃ち落とす
レーザー機器「Photonic Fence」を、もうすぐ実用化します。2009年から開発を始めた
Photonic Fenceは現在、米農務省での実地検査中とのことで、承認が出ればまずは害虫
被害に悩む農家向けに商品化する計画です。

Photonic Fenceのすごいところは複数の光学測定器を使用して、飛んできた虫の羽ばたく
周波数、形状、大きさ、対気速度(大気の流れとの相対速度)を測り、狙撃対象かどうかを
判別できるところ。たとえば蚊のような小さな虫でもその雌雄までを判別可能です。



検出距離は100mと長いうえ幅30m、高さ3mの射程範囲を備えるため、田畑をカバーする
ように配置すれば、まさに見えない電撃フェンスを構築できます。さらに毎秒20匹の
速度で識別、狙撃が可能なため、IVLは虫が群れでやってきた場合でも99%は駆除
できるとしています。

IVLはPhotonic Fence開発の動機はアフリカ・サハラ砂漠周辺での公衆衛生の改善を目的
としていました。しかし、開発中に米国ではミカンキジラミ被害が深刻化しており、
フロリダでは過去15年で70%も柑橘類の生産量が減少していることを知り、現在は
まず害虫被害に悩む農家に向けた商業プロジェクトへと進路変更しています。

IVLは農務省の検査が問題なく完了し次第、いろいろな害虫に悩む農家に向けて
Photonic Fenceを売り出したいとしています。

ちなみに、IVL共同設立者のマイアーボルド氏は料理研究の大家でもあり、科学的に料理を
解説する2438ページ(英語版)の著作「Modernist Cuisine」シリーズを各国で出版している
ほか、2011年にはTEDカンファレンスでも料理本出版のためにあらゆる調理器具を
真っ二つにした話が好評を得ていました。
続きを読む

1まとめらいぶ2017/05/19(金) 20:07:25.22ID:CAP_USER.net
カシオ計算機は、耐衝撃ウォッチ「G-SHOCK」の新モデル「GPW-2000」を発売する。
標準電波とGPS電波に加え、スマートフォン経由で接続したタイムサーバからも最新の
時刻を取得する仕組みを搭載した。その肝となる技術が、カシオがGPW-2000のために
開発した新モジュール「Connected エンジン 3-way」だ。同モジュールの開発にまつ
わる話を聞くと、腕時計に対するカシオのこだわりが見えてくる。
[秋山未里,EE Times Japan]

「G-SHOCK」の最新シリーズ



「G-SHOCK」の「GPW-2000」 出典:カシオ

 海外に行く時、腕時計の時刻調整を煩わしく思ったことはないだろうか?筆者には、
空港で時刻を合わせたはずが、鉄道に揺られているうちにタイムゾーンを超えてしま
い、下車時刻を間違えたという苦い経験がある。しかし、時刻を完全に自動で調整し
てくれる最新の腕時計を手に入れれば、そのような煩わしさから解放されるかもしれ
ない。

 カシオ計算機(以下、カシオ)は2017年5月19日、「G-SHOCK」の新製品として
「GPW-2000」を発売する。航空コンセプトの「GRAVITYMASTER」シリーズの最
新モデルになる。本製品の目玉は、3つの時刻取得システムを搭載したことだ。この
システムを実現するために開発されたのが、新世代モジュール「Connected エンジ
ン 3-way」である。GPW-2000の“肝”ともいえる同モジュール。従来品のモジュー
ルとの違いはどのような点にあるのだろうか。開発者に話を聞いてみた。

“地球上に死角なし”の完全自動腕時計を目指して

 日本で時刻合わせに用いられている最も一般的な手法が標準電波の受信だ。国内で
は、2カ所ある電波塔から電波が発信されており、その電波を受信することで正確な
時間を時計に反映できる。しかし、海外では電波塔のない地域も多く、そうした地
域への渡航した際には、正しい時刻に合わせられない、という弱点があった。

 そのため、カシオは、2014年より標準電波に加えてGPSの衛星電波を受信する機能
を追加し、標準電波とGPS衛星電波の2つを受信できるようにした。これにより、どこ
にいても正しい時刻を自動で調整できる時計が完成したかのように思われた。しかし、
開発者たちはこれで満足しなかった。

 タイムゾーンが1つしかなく、しかもサマータイムのない日本で暮らしているとあま
り実感がわかないが、実は世界の他の国や地域では、政治情勢などの影響で頻繁にタ
イムゾーンやサマータイムの変更が行われている。カシオの電波時計には、都市のタ
イムゾーンとサマータイムの情報をプリセットしてあるが、これらの情報は書き換え
ることができなかった。そのため、その時計を発売した後にタイムゾーンやサマータ
イムの変更ががあっても、自動で時刻を合わせることができなかったのである。

3つの時刻取得システム

 その課題を克服するため、GPW-2000には、標準電波とGPS衛星電波の受信に加え、
スマートフォンをBluetooth Low Energy(BLE)で接続し、スマートフォンを経由し
てタイムサーバに接続する3つの時刻取得システムを採用。タイムサーバからの情報に
基づいて時刻を自動的にアップデートするという方法だ。これにより、標準電波+GP
Sのハイブリッドシステムよりも、最新のサマータイムを反映した、より正確な時刻に、
自動的に調整できるようになる。

 カシオが初めてBLE対応のG-SHOCKを発売したのは2012年。この製品は時刻取得に
スマートフォン本体の時刻データを使用していた。2016年発売の製品からはスマートフ
ォンを経由してタイムサーバに接続するため、スマートフォンの性能に依存しない分、
より正確な時刻を獲得できるようになったという。タイムサーバには1日4回、自動的
に接続され、時刻の調整が行われる。

【EE Times Japan】
 http://eetimes.jp/ee/articles/1705/18/news010.html
続きを読む

1まとめらいぶ2017/02/28(火) 20:39:48.17ID:CAP_USER.net
【engadget】
 http://japanese.engadget.com/2017/02/27/xiaomi-smart-mirror/

【イメージ】
 https://static.home.mi.com/app/shop/img?id=shop_7d516603eee6451d49a3a1c8cacae078.jpeg&w=1080&h=802



中国のシャオミは2017年2月21日、新製品
「Smart Rearview Mirror」を公開しました。

8.88インチの横長ディスプレイを採用し、対話型の音声操作や4G LTE / Wi-Fi接続、
通話、ナビ、ドライブレコーダー、さらに車間距離警告などドライバーアシスト
機能も搭載します。本体価格は中国市場では999人民元(約1.6万円)。

シャオミ(小米)の Smart Rearview Mirror は、自動車のインナーリアビューミラーを
横長のスマートフォンとカメラで置き換えたようなデバイス。

ディスプレイの解像度は1920×480ドットで、約1670万色のカラー表示に対応します。
機能はカーナビゲーションの他、電話や音楽再生など。 ミラーの背面には広角160度で
F1.8と明るいレンズを備えた OmniVision 2718 カメラセンサーを搭載。フルHD 30fps
で前方を記録するドライブレコーダーの機能もあります。

ドライバーアシストシステム「ADAS」は、前後の車間距離
(FCS、PVS)や左右の車線逸脱警報 (LDW) に対応。
 
CPUにはMediaTek製のMT8665プロセッサを採用。シャオミによると、
本体やクラウド上の他に最大64GBまでのmicroSDカードへの映像の記録が
可能で、-20℃から70℃までの幅広い環境下で快適に動作するとしています。

WiFiや4G LTE通信サービスにも対応。LTE使用時には15のバンドに
接続することが可能で、下り最大100Mbpsの高速通信サービスを利用できます。

シャオミは クラウドファンディング でSmart Rearview Mirror への出資を
募っており、すでに目標額の1200%を達成済み。3月31日までには出荷の見込みです。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/11/20(日) 09:34:18.57ID:CAP_USER.net
【JCAST トレンド】
 http://www.j-cast.com/trend/2016/11/20283132.html



日立マクセルは、1972年発売当時のデザインを復刻した音楽用カセットテープ「UD」を
2016年11月25日に数量限定で発売する。66年に国内で初めてカセットテープを製品化
したマクセルが発売50周年を記念して企画した。

同社の「UR」グレード相当のテープを使用し、当時の製品の再現性を
高めるためブラックハーフの採用や日本製にこだわったという。

同社によれば、近年LPレコードなどアナログ音源のよさが見直されてきており、
カセットテープで新曲をリリースするアーティストや、車載用をはじめカセット
デッキが発売されるなど再び注目を集めているという。

カセットテープになじみ深い世代にはノスタルジーを、また使ったことのない
若い世代には新鮮さを感じられる商品として発売するとのことだ。

ラインアップは、録音時間10分、46分、60分、90分の4種類。

価格はいずれもオープン。
続きを読む

↑このページのトップヘ