タグ:合体

1まとめらいぶ2017/05/30(火) 20:54:05.64ID:CAP_USER.net


「glafit」の外見は一般的な小径ホイールの折りたたみ自転車。しかしよく見ると
サドルの下にナンバープレートがついている。ウインカーやテールランプ、
ミラーもついている。なんだこれは?

「glafit」は本体重量わずか18kgながら、電動走行距離約45kmも走れる電動バイク。
10.2Ahの大容量バッテリーカートリッジはフレーム内部に収納されており、自転車を
折り畳んだ状態で出し入れ可能。乗車するには原付一種の免許が必要となり、当然
道路を走行する際も原付バイクと同じルールを守らねばならない。最高速度は
約30km/hで、前後ホイールには制動力の高いディスクブレーキを搭載。

操作はとても簡単で、自転車に乗れる人ならば誰でも乗れるだろう。ハンドルに
ついているスロットルを回すだけで後輪に搭載されたインホイールモーターが
駆動し、ペダルをこぐことなく進んでいく。記者会見後に行われた試乗会で
筆者が持った感想は「楽しい!」だった。

電動バイクなので勝手に進むのは当たり前なのだが、見た目が普通の自転車なのに
グイグイ加速していくのがおもしろい。電動アシスト自転車の場合は多少はチカラ
を入れてペダルを漕がなければ進まないが、「glafit」はスロットルを回すだけで
進む。移動手段としてはもちろん、乗って遊べる大人のオモチャとしても
欲しくなる製品だ。

さらに「glafit」は自転車のようにペダルがついているので、急な坂道などモーター
のパワーが足りなくなったときに便利。脚のチカラをモーターの補助に使うだけで
なく、スロットルを使わずにペダルだけで進むことも可能だ。

鳴海氏は自転車と同じようにも使えるようにしたことについて、「バッテリーが
切れてしまったらどうしよう……、という心配から解放されます」と語る。さらに
鳴海氏は、「会社に出勤するときは電動バイクモードで通勤し、退社時はトレー
ニングのために自転車モードで帰宅するような使い方ができる」と具体的な
使用例を紹介し、運動不足の現代人にアピールした。

「glafit」は単なる電動バイクではなく、さまざまな電子装備を搭載しているのも
おもしろい。なかでも「ガジェット好き」だという鳴海氏のこだわりが、
オプションでハンドル部につけられるUSBポート(2.1A出力)。
スマホをカーナビ代わりに使っている人にとって嬉しい機能だ。
さらに後輪についているロックは指紋認証。管理者3人とその他17人分の指紋を
登録できるので、鍵を忘れても乗車できる。また、新幹線などで移動するとき
のために使う専用ケースも開発中。旅先まで公共機関を使い、到着したら
バイクでツーリングするのも楽しそうだ。

とても魅力的なハイブリッドバイク「glafit」は、5月30日 15時からサイバー
エージェント・クラウドファンディング「Makuake」にて先行販売中。

カラーは全4種類
(ホワイトツートン、スーパーブラック、ファッションカーキ、ミカンオレンジ)。
クラウドファンディングでの価格は112,500円(税込み)で、2017年9月中の配送予定。
なお、一般販売はクラウドファンディング終了後に行われる。

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000042-rps-ind
続きを読む

1まとめらいぶ2017/01/22(日) 18:02:05.05ID:CAP_USER.net
【sorae】
 http://sorae.jp/030201/2017_01_20_ama.html



思わずディストピアという言葉が頭をよぎりましたが、じつは結構実用的です。
アマゾンは2016年12月、多数のドローンが合体する
「メガドローン」の特許を取得しました。
 
Amazon Technologies Inc.が2015年2月に出願した
「collective unmanned aerial vehicle」というこのドローン特許では、
小型のドローンをまるでパッチワークのように組み合わせる
アイディアが説明されています。

 このように多数のドローンを合体させるメリットとして、「より重いものを持ち運べる/よ
り長距離を移動できる」などのメリットが予測されています。さらに一つ一つのドローンは
必要があれば分離可能で、それぞれが配達へと飛び立つことも可能なんです。
 
例えば普通のサイズのドローンは最大でも30分の飛行、重くて4.5kg程度の荷物しか
輸送できません。しかしこのような合体ドローンなら「もっと重いものをもっと遠くへ」
輸送することができます。しかも、航空機のような滑走路は必要ないんです。
これは実現が楽しみですね!
 
さらに、このようにドローンを組み合わせて飛行させることで「他の航空機や地上施設からも
判別しやすい」といったメリットも生まれます。このような合体ドローンは実現へのハードルも
高くなさそうですし、意外と本当に将来運行されることになるかもしれません。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/11/01(火) 12:11:09.39ID:CAP_USER.net
えん食べ





ケンタッキーフライドチキン(KFC)各店で、新商品「CHIZZA(チッザ)」が
11月2日から数量限定で販売される。

CHIZZAは、チキンとピザをかけあわせたもの。国内産チキン1枚肉に、トマトケチャップ、
オニオン、コーン、サラミ、チーズ&チーズソースの“ピザトッピング”をのせ、
オーブンで焼き上げてある。単品価格は980円。

KFC「CHIZZA(チッザ)
チキンにチーズとろ~りピザをオン!

なお、全国発売に先駆け、東京ドームシティラクーア店では
11月1日13時から先行販売される。
続きを読む

1まとめらいぶ2015/10/06(火) 19:46:14.26ID:???*.net
シャープは6日、モバイル型ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」を開発し、
2016年前半に発売すると発表しました。この製品は、幕張メッセで開かれる
CEATEC JAPAN 2015でも展示され、動きの様子を見ることができます。

高さ19.5センチ、重さ390グラム。ロボ・ガレージ代表取締役で、
ロボットクリエイターの高橋智隆氏と同社が共同で開発しました。
音声通話はもちろん、メールやカメラ、液晶タッチパネルを搭載。
新たに開発した小型プロジェクターも搭載しています。
CEATEC JAPAN 2015では、首からぶら下げたケースに
収まった「RoBoHoN」や通話する際の様子が紹介されました。

同社は

「ロボットとして様々なコミュニケーション動作やキャラクター性によって
自然な対話を実現しているので、愛着を持って使用していただけます」

としています。

【THE PAGE】 
 http://thepage.jp/detail/20151006-00000003-wordleafv

画像

続きを読む

↑このページのトップヘ