『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.5.1

      史上最強

      1まとめらいぶ2017/03/09(木) 18:28:08.62ID:CAP_USER.net
      【bloomberg】
       https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-08/OMHCXU6S972801









      イタリアの高級スポーツカーメーカー、フェラーリは7日、量産車としては同社史上
      最も速いモデルを公開した。販売台数増加を目指しつつもフェラーリとしての魅力を
      失わないよう、車の性能で妥協を許さない同社の評判に見合う新モデルとなった。

        ジュネーブ国際自動車ショーで初披露された「812スーパーファスト」は12気筒、
      800馬力のエンジンを搭載。わずか2.9秒で時速100キロメートルに加速、走行時に時速
      340キロを超えることも可能で、フェラーリ史上最強の量産モデルだ。

      セルジオ・マルキオンネ最高経営責任者(CEO)はブルームバーグテレビジョンの
      インタビューで、イタリアでの価格が29万2000ユーロ(約3500万円)の同モデルは
      2017年分が既に売り切れたと話した。


       マルキオンネCEOは、「われわれは常に需要を下回る供給にとどめる必要がある」
      と説明。15年の新規株式公開(IPO)後、株主に売上高と利益を増やすことを約束
      しているフェラーリは、独自性を失わずに販売を拡大するという課題に直面している。

      同CEOはラインアップを拡充しながら、812スーパーファストのような高性能車を
      前面に押し出し利益の勢いを保とうとしており、19年までに年間9000台を販売する
      との目標を達成する公算だ。

        各モデルで供給を絞ることはフェラーリの評判を守る上で鍵となる。販売台数を
      年9000台を上回る水準に増やすには、「今よりもっと幅広い商品が必要だ」と
      マルキオンネ氏は話す。同氏は新たな技術やプラットフォームへの大型投資を
      しなくても、フェラーリの商品レンジを広げる「驚くべき余地」が残っている
      とこれまでに語ったことがある。こうした低リスクでの拡大は、ブティック型
      メーカーのフェラーリにとって極めて重要だ。

       IHSオートモーティブのアナリスト、イアン・フレッチャー氏(ロンドン在勤)は、
      より実用性や快適さを求める購入者を呼び込むため、フェラーリが昨年「ファミリーカー」
      として公開したGTC4ルッソの5ドア・バージョンを検討する可能性があると指摘する。

       フェラーリは5ドアモデルを加えるかどうかをまだ決めていないが、マルキオンネ
      CEOはジュネーブで記者団に対し、従来のスポーツカーの顧客以外にも手を伸ばして
      いきたいと述べた。その一方で、ベントレーやメルセデス・ベンツの「マイバッハ」など
      超高級オールテレイン(全地形万能)車に対する需要が拡大しているが、フェラーリは
      スポーツタイプ多目的車(SUV)の生産はしないとあらためて表明した。

        フェラーリは過去に独自の魅力を守るため、年間生産台数を7000台に限定していた。
      16年の販売台数は8014台に達し、今年は約8400台を見込んでいる。過去最高益を昨年
      達成し、今年は少なくとも8%の増益を計画している。
      【【クルマ】フェラーリ史上最強モデル初披露、3500万円でも2017年分は既に売り切れ。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2015/07/08(水) 11:45:58.82ID:xcUSJVLh0.net BE:357092553-PLT(12000)


      FCA上層部がランチアブランドの復活を提案中?
      FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)関係者が、
      WRCでかつて猛威を奮ったデルタ インテグラーレやストラトスで
      お馴染みのランチアブランドの復活についての議論の真っ只中
      であると英AUTOCARが伝えています。

      FCAの上層部は、
      現在事実上の廃止状態にあるランチアブランドをこのまま
      放置しておくのはもったいないと考えている模様。

      何より、ランチアは、通算46勝、WRC6連覇という前人未到の快挙を
      成し遂げたグループAマシン、デルタ インテグラーレを始め、
      日本でもスーパーカーブームで知名度を上げた
      グループ4ラリーカーのストラトス、さらにWRCの最盛期とも
      言えるグループB時代の象徴的存在とも言えるモンスターマシン、
      デルタ S4や037ラリーといった伝説級の名車達を
      次々と世に送り出してきました。

      ランチアブランドが機能していない現在でも、ランチアの勇姿を
      リアルタイムで目撃した世代はもちろんのこと、一日あたり
      世界中で10万人がオンラインでプレーしているとも言われる
      グランツーリスモシリーズを始めとするレースゲームへの
      登場によって、リアルタイムの活躍を知らない世代まで、
      世界中の多くのファンを魅了し続けています。



      SEEK DRIVE
      【【ワールドラリーチャンピオンシップ】WRC史上最強マシン、ランチア デルタが復活!?。】の続きを読む

        このページのトップヘ