タグ:古車

1:まとめらいぶ 2018/05/26(土) 12:20:19.15 ID:kjy4u8ca0● BE:842343564-2BP(2000)
【carview】
 https://carview.yahoo.co.jp/news/goods/20180526-10313031-carview/

新型LSの登場に沸き立つセダンのカスタム業界だが、現実的なベースとして、盛り上がりを
見せるのが先代モデルの後期型だろう。今まで雲上の存在だった国産最高級車が手に届くと
なれば、ガチガチにイジり倒すのもいいが、上品さを活かした仕立てもドレスアップの
醍醐味ではないだろうか。 そんなオーナーにうってつけなブランドが「レクソン」。先代
LS後期に与えたシリーズは『エクスクルーシブ』となり、フロント・サイド・リアに装着
される小振りなスポイラーは、純正然とした上品なラインが特徴。 デモカーのように極端
な低車高でなくとも、実にジェントルな姿に仕上げることができる。

no title

引用元: 車カス「奇抜さは要らない、レクサスLSを上品に仕立てられる稀有なボディキット」(笑)

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/02/13(火) 23:29:41.82 ID:pwUjyY2c0 BE:416336462-PLT(12000)
沖縄県那覇市牧志の国際通りで2月13日、パトカーと乗用車のカーチェイスがあった
との情報が入りました。事件の可能性も。発表によりますと2月13日午後8時30分
ころ、那覇市牧志の国際通りで、暴走する乗用車とパトカーのカーチェイスがあったと
いうことです。乗用車は歩道に乗り上げて止まり、国際通りには10台以上のパトカー
が駆けつけています。以下は、Twitterユーザーが那覇市牧志の国際通りで暴走した乗用
車を撮影し、投稿したものです。乗用車の周りを大勢の警察官らが囲っており、乗用車
のフロント部分が破損しているのが確認できます。現場周辺には規制線が張られるとと
もに、通行人らが様子を伺い騒然としています。また、救急車や消防車も駆けつけてい
ることなどから、負傷者が出ている可能性も。このカーチェイスで、国際通りが通行止
めとなり交通にも影響が出ています。現時点では、乗用車がパトカーに追われてい原因
などについてはわかっておりません。沖縄県警は乗用車の運転手から事情を聴いていま
す。

【ニュース速報Japan】
 https://breaking-news.jp/2018/02/13/038375

no title

no title

no title

今、国際通りで車が歩道に突っ込む大きな事故がありました(>_<)

歩道を歩いてた人がはねられたけど、私じゃないです…
ニュースになる前に一応ご報告。

緊急車両30台くらい来てて、凄いことになってる…。

@kiva_log
 https://twitter.com/kiva_log

引用元: 国際通りでカーチェイス、逃走車はクラッシュ

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2016/12/10(土) 20:13:07.77ID:CAP_USER.net
【京都新聞】
 http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20161210000062



 若者の自動車離れが指摘される中、人気漫画と関連づけた中古車を販売したり、店舗を
若者向けに新装したりするなど趣向を凝らして売り込む動きが出ている。京都市内の中古車
販売店でも売り上げを伸ばす店舗もあり、工夫によっては若者を引きよせられそうだ。

 京都市南区の中古車販売店「カーランド」は、4代目スプリンタートレノおよびカローラレビン
(通称ハチロク)を専門に扱っている。一時は低迷していたが、人気漫画「頭文字(イニシャル)D」
の主人公が乗っている車両と同型のため一気に売り上げがアップ。製造年は1983年からと
古いが、価格は新車時より高く200万円を超える。

 同店代表の得知雅人さんは「漫画の登場とともに同車の人気は急上昇し、販売価格は
10倍前後になった」と笑顔で話し、市内だけでなく海外からも若いファンが来るという。

 中古車業界に詳しい自動車評論家の西川淳さん(51)=京都市上京区=は「中古車業界も
全体として若者の車離れが進んでいるが、最近の若者は製造年が古い車を好んで
購入している。販売店も工夫次第だ」と話す。

 西川さんによると、大阪市港区で1970年頃の旧型車を中心に取り扱う店舗が、カフェなどを
併設することで若者の客を増やしているといい、「レトロな雰囲気が、ファッションとして受け
入れられている」と旧型車人気を分析、今後もこの傾向が続くと見ている。
続きを読む

↑このページのトップヘ