タグ:古代

1まとめらいぶ2017/11/10(金) 14:15:16.67ID:CAP_USER9.net
【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171109-00010002-nknatiogeo-sctch

戦士の墓から出土、「理解しがたい細かさ」と研究者

古代の戦士の墓から見つかった石。そこにこびりついた数千年分の石灰や汚れを
落としてみると、驚くほど見事な彫刻作品が現れた。
 
幅わずか3.5センチの瑪瑙(めのう)の石が初めて発見されたのは、2015年のこと。
ギリシャ南西部で、3500年前の青銅器時代の墓から1400点もの副葬品が出土。
この石はそのなかの一つで、当時は単なる石の玉という
程度にしか考えられていなかった。

墓の発見自体、注目に値するものだった。状態の良い人骨が葬られており、
「グリフィンの戦士」と名付けられた。一緒に埋葬されていた飾り板に、頭と翼がワシ、
胴体はライオンという想像上の生物グリフィンの姿が描かれていたためだ。
その他の副葬品には、黄金の印章指輪や青銅の剣なども含まれていた。
今回の石も回収されていたものの、保管庫に放置されたままになっていた。

ところがその後、定期的な管理作業として石を磨いていたところ、彫刻らしきものが
現れた。そこで米シンシナティ大学の研究者が1年近くかけて石を磨き上げた結果、
ついにその表面に彫られた芸術作品が明らかになった。この詳細は、他の副葬品の
調査結果とともにギリシャ考古学の専門誌「Hesperia」に発表された。

「実際にこの目で見てみると、とても感動的です。見るたびに涙が出ます」と、
ストッカー氏は語る。

精巧に彫られた戦いの場面

肉眼では細かいところまでは見えにくく、顕微鏡カメラが必要だ。なかには、彫り目が
わずか0.5ミリ幅しかない部分もある。これほどの細かい作業は拡大鏡がなければ困難
ではないかと思われるが、ストッカー氏によれば、この時代の拡大鏡はまだ発見
されたことがないという。

「理解しがたい細かさ」と、シンシナティ大学のジャック・デービス教授はプレス
リリースに書いている。

さらに、デービス氏はあるインタビューで、これほど精緻な芸術作品はこの時代から
さらに1000年経たなければ登場しないとも付け加えている。
「ほかの芸術作品とは雲泥の差があります」

石に施された彫刻は、敵をひとり倒した戦士が剣を振り上げ、別の敵の首に突き
刺そうとしている場面を描いている。人間の筋肉のひとつひとつまでもが見事に
表現されており、ギリシャの叙事詩「イリアス」や「オデュッセイア」を彷彿
させる壮大な場面である。石は「ピュロスの戦い」と名付けられた。
発掘リーダーのひとりであるシャリ・ストッカー氏は、
宝飾品の一部に使われていたのではないかと考えている。

石が出土した墓は、ペロポネソス半島のピュロスにある。ホメロスの叙事詩「
オデュッセイア」に書かれているネストール王の宮殿があった場所とされている。
彫刻が正確に何を描いているのかは謎だ。ホメロスが紀元前700年に書いた
叙事詩の基となった言い伝えの一場面である可能性もあるが、双方を関連
付けるのに十分な証拠は見つかっていない。しかし、ストッカー氏と
研究者らは、当時よく知られていた伝説を描いたものだろうという。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/08/09(火) 11:55:03.14ID:z2S6hhwS0.net BE:792899348-PLT(13700)
古代の『ポケモン』か? ピカチュウのような格好をした怪しい民族の正体は?

2016年夏、海外で大ヒットしたスマホアプリ『ポケモンGO』が来日し全国でブーム
となっている。『ポケモンGO』とはスマートフォンを使いポケモンを捕獲するアプリ
で我々が普段使っている町や電車など現実世界に多数ポケモンが隠れているという。

さてそんな『ポケモンGO』のようにポケモンが現実世界に実在したとしたら
いかがだろうか。こちらの写真をご覧いただきたい。まだら模様の体、巨大な耳、
戦闘態勢に入っているだろうポージングはまるで『ポケモン』に出てくる「ピカチュウ」
を彷彿させる。と言ってもピカチュウのように愛嬌があるわけではないため
「リアル・ピカチュウ」というべき怪人か。

こちらの写真はコラージュではなくかつて南アメリカのフエゴ島に
実在していたという民族「ヤーガン族(ヤマナ族)」という先住
民族を写した貴重な写真である。

 ヤーガン族は19世紀まで広く分布しており、かのダーウィンが彼らを一目見たとき
「彼らが同じ世界に住む仲間であるとはほとんど信じられない」という一言を発した
のは有名である。もっともヤーガン族は全裸で日常生活を送る裸族であり、今回
紹介している写真は成人式など特別な儀式の際に着用していた特別な衣装で
常にこのような奇抜な格好をしていたわけではない。

ヤーガン族は現在、全滅し子孫も数人しか残っていないとされているが、
本国では非常に人気が高く「ヤーガン族博物館」なる博物館まであるという。

 関連グッズも発売されておりTシャツやバッジなどが入手可能だという。

日本での知名度はまだまだ低いが奇抜なセンスは現代に通ずるものがあり、
日本でもきっかけさえあればブームになる可能性は高い。失われた民族ヤーガン族。
肉体はなくとも彼らは今もそのスピリットを現代に伝え続けている。



【リアルライブ】
 http://npn.co.jp/article/detail/14736963/
続きを読む

↑このページのトップヘ