タグ:参加

1まとめらいぶ2016/04/05(火) 22:05:36.03ID:UmgycoK7.net
週刊新潮で不倫を報じられ、事実であること認めた
作家の乙武洋匡氏(39)が5日、東京都内のホテル
で誕生パーティーを開いた。

当初はこの場で夏の参院選に向けて出馬表明になるとみられていた。

非公開のため詳細は不明だが、謝罪したとみられる。

 乙武氏のパーティーには各界からさまざまなは人物が出席。

ジャーナリストの田原総一郎氏、脳科学者の茂木健一郎氏、
実業家の堀江貴文氏、タレントの神田うのらが駆けつけた。

 乙武氏や不倫報道後、初めて公の場に姿を見せた。

Yahoo! ニュース

画像

続きを読む

1まとめらいぶ2016/02/09(火) 18:30:23.26ID:CAP_USER.net
 マンガ家の蛭子能収さんとアニメやマンガなどの専門学校
「代々木アニメーション学院」がコラボして制作したアニメ「魔法おっさん少女 
エビス★ちゃん」が同学院の公式サイトで公開された。

 同学院が提示した4コママンガのオチを蛭子さんが考え、
アニメ化した企画で、蛭子さんは声優にも挑戦し、主演の少女を演じている。

 「魔法おっさん少女 エビス★ちゃん」は、
競艇場に現れたモンスターに魔法少女が挑む……というストーリー。

 「何か蛭子さんにちなんだ舞台やお話にしたい」という学生からの意見により、
蛭子さんの好きな“競艇”にちなんだ作品になったといい、原画、背景、声優、
音響を同学院の学生と講師が担当した。

 蛭子さんは、学生に「競艇ってのはね、ボートを切る波にも規則性があるんだ。

 横じゃなくて縦なの。

 そうすると、本物に近くなるよ」とアドバイスしたり、声優挑戦のために
基礎練習である腹筋に挑戦し、上体を起こすたびにズボンのポケット
から小銭がどんどん落ちていくハプニングなどがあったという。

まんたんウェブ



 蛭子能収さんと代々木アニメーション学院がコラボしたアニメ
「魔法おっさん少女 エビス★ちゃん」のビジュアル
続きを読む

1まとめらいぶ2015/10/15(木) 14:41:26.20ID:???.net
このたび、セガサミーグループのCGアニメーションスタジオ・マーザ・アニメーション
プラネット株式会社は、株式会社カプコンの人気ゲームシリーズ『バイオハザード』を、
長編フルCGアニメーション映画として製作すると発表しました!

 すでに日本以外の全世界配給も決定しており、
今後国内配給会社を決定した後、2017年の公開を予定しているとのことです!

 『バイオハザード』は、シリーズ累計販売本数6,500万本を超えるサバイバル
ホラー・アクションゲームで、昨今のゾンビブームの火付け役ともいえる人気作。
フルCGアニメとしてこれまでも第1弾『バイオハザード ディジェネレーション』(2008)、
第2弾『バイオハザード ダムネーション』(2012)が公開されてきましたが、
今作はスタッフを一新した、完全リブート!

 気になるスタッフの一部も明らかになったので、ご紹介しましょう♪

◆実力派スタッフが集結! 実写映画ではアリ得ない!?

エグゼクティブ・プロデューサーを務めるのは、
劇場版「呪怨」シリーズを手がけ、USリメイク版では実写で
日本人初の全米興行収入1位を達成した、ホラー映画界の巨匠・清水崇氏。

監督は、実写版「機動警察パトレイバー」シリーズやシリーズ最新作
『ウルトラマンX』などドラマティック・アクション映像に長けた、辻本貴則氏。

脚本は、『PSYCHO-PASS サイコパス』
『がっこうぐらし』などの話題作を手がける人気脚本家・深見真氏。

音楽は、実写映画及びアニメ作品の楽曲だけでなく
、TVドラマやゲーム音楽でもその才能を発揮する川井憲次氏。

原作監修として、カプコンから『バイオハザード』シリーズ等の
数々の人気ゲームをプロデュースした小林裕幸氏が参画。

◆「ゾンビブーム」の原点復帰! 世界に恐怖を拡散する!

『バイオハザード』の世界観を元に、歴代ゲームに登場した人気のキャラクターたち、
そして不気味な存在感を醸し出す新キャラクターたちが、予測不可能な展開でバトルを
繰り広げる! 昨今の「ゾンビブーム」の原点となる『バイオハザード』シリーズの新作
映像を、最新のハイクオリティCG技術で魅せていく。CG映画では初登場となる
人気キャラクター、クリス・レッドフィールドとレベッカ・チェンバース、
おなじみのレオン・S・ケネディが新たな脅威に立ち向かう!

乞うご期待です。

◆新作CG長編映画『バイオハザード』作品情報

2017年 全世界公開予定!
エグゼクティブ・プロデューサー:清水 崇
監督:辻本貴則
脚本:深見 真
音楽:川井憲次
原作監修:小林裕幸(カプコン)



animete.tv
続きを読む

↑このページのトップヘ