動画 : まとめらいぶ

タグ:動画

1:まとめらいぶ 2022/08/01(月) 12:53:42.00 ID:H6IxPapo0

https://twitter.com/i/status/1553754169382936577

https://pbs.twimg.com/media/FZAW653UsAEokmi.jpg

no title

no title

no title

引用元: 【悲報】以前は7万人動員のももクロ、西武ドームでガラガラ達成【画像、動画あり】

(C)2015 - 2022 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2:まとめらいぶ 2022/04/13(水) 15:31:10.935 ID:xcqx0qGwM
no title

引用元: 【画像】パパ活で会った未成年の女の子「マンション買ってよ~!でないと動画核拡散するからー」←どうする?

(C)2015 - 2022 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2021/09/02(木) 12:13:00.42 ID:utghGMhZ0● BE:392070626-2BP(2000)
ショベルカー「裏技」操作で死亡事故 ネットでは「神業」と紹介も

 トラックの荷台からショベルカーを下ろす際に機体ごと転落し、運転していた作業員が
死亡する事故が6月、高松市内であった。高さのある荷台からスロープなどを使わず、
アームを地面につけて機体を支えながら下ろす「裏技」的な操作を誤ったとみられ、
高松労働基準監督署の監督官は「想定外で危険な方法」と驚く。決して推奨され
た方法ではないが、作業現場によっては日常的に行われているとみられ、
動画サイトにも複数の映像が投稿されている。

 高松労働基準監督署は8月24日、高松市内の土木工事会社と社長を労働安全衛生法違反容疑で
高松地検に書類送検した。労働安全衛生規則では、100キログラム以上のものを積み下ろしする
場合には、安全確認などを行う作業指揮者を配置することが定められているが、
事故当時はいなかった疑いがある。

 事故は6月1日朝、会社の敷地内で起きた。高松労基署によると、作業員の40代男性は
トラックの荷台に積まれた約2トンのショベルカーを運転。1人で地面に下ろす際に機体が
バランスを崩して転倒し、自らも運転席から投げ出され、アームの下敷きになり死亡した。
荷台の高さは80センチメートル。作業員の重機運転歴は20年以上だったという。

https://www.asahi.com/articles/ASP8Z3VS9P8WPTLC001.html

画像

no title

動画

https://www.youtube.com/watch?v=havEvPywdl8



https://www.youtube.com/watch?v=SaErLOTpXKk


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コマツ: CD110Rゴムクローラー2本セット800*150*67
価格:1504800円(税込、送料無料) (2021/9/2時点)


引用元: 【動画像】裏技を使ってショベルカーをトラックから降ろした男性、事故って死亡 

(C)2015 - 2021 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2021/04/13(火) 18:32:27.67 ID:MxzZZIBc9
グラフィックスが“初代プレステ”レベルと話題のJTB製バーチャル空間 
サービスの意図を聞く

[井上輝一,ITmedia]
 JTBが4月7日に発表したバーチャル空間事業「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」の
動画が物議を醸している。グラフィックスのクオリティーが低いとして「初代プレステレベル」
など批判の声が上がっているのだ。

 実際に動画を見てみると、人物アバターは容易に数えられるほど少ないポリゴン数で構成され、
東京駅のシーンでは駅舎と周辺の高層ビル数棟、バーチャルショップ以外に建物は見当たらない。
北海道のシーンでは案内役に牛が写真で登場。丘と海が見える方向へアバターが歩いていくと
大きなカニが空中に現れる。その次に映る花畑は、低ポリゴンのなだらかな地形に花畑の写
真を貼り付けただけのように見える。


 バーチャル空間の映像が一通り流れた後、JTBの山北栄二郎社長のアバターから実写へカメラが
切り替わり、山北社長が「今ご覧いただいたのは新しいサービス『バーチャル・ジャパン・
プラットフォーム』の象徴的な1シーンです」と説明した。

 動画に対し、YouTubeのコメント欄やTwitterでは「アップロードに20年かかった動画」
「4月1日に公開すべきだった」「世界に対して恥ずかしい」など批判が殺到している。
問題の動画の再生数は、4月12日現在で約24万回。コメント数は約1500件。同社のYouTube
公式チャンネルに上がっている動画が軒並み3桁ほどの再生数であることからも、
その“注目度”が伺える。

 JTBはこのプラットフォーム上で、全国各地の観光関連業者と世界中の消費者との交流を促進し、
2024年までにアクティブユーザー1000万人を目指すとしている。

 グラフィックスは開発途上のものなのか、それともこのままで問題ないと考えているのか。
JTBに意図を取材した。

(略)

FIXERをパートナーにしたのは「実績とビジョンの共有」

(略)

【IT media NEWS】
 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2104/12/news115.html

no title

no title

 

引用元: 【日本】JTBがバーチャル動画を公開するも「初代プレステ」「アップロードに20年かかった動画」と批判されてしまう

(C)2015 - 2021 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2021/02/18(木) 18:43:39.63 ID:266KG6ge0● BE:896590257-PLT(21003)
JR西日本、“押して開けるだけ”で通行できる第4種踏切の半自動式踏切ゲート開発。

山陰線で現地試験

JR西日本は第4種踏切の安全対策として半自動式の「踏切ゲート」を開発した

JR西日本は2月18日、踏切警標のみの第4種踏切の安全対策の一環として新たな踏切ゲートを
開発し、現地試験を実施することを発表した。同社は踏切障害事故削減に向け、リスクの高い
第4種踏切の踏切数を減らすことに努めているが、新たな踏切ゲートをてつでん、サンポールと
共同開発。山陰線 長門三隅駅~長門市駅間の中山第1踏切において現地試験を実施する。

新開発の踏切ゲートは、踏切通行者に物理的な一時停止と左右確認を促すとともに、軽車両を
除く自動車の通行不可な踏切を対象に開発したもの。踏切一旦停止線付近に、水平に開閉する
長さ約1.5mのゲートを自立させた形状となっている。

通行者が横断する際にゲートを「押して開ける」のみの操作が行なえるようになっており、
押し開け操作後は一定時間、開状態を維持。通行者が遮断棒を支える必要がないので、
自転車などの軽車両も降車せずに押し開け操作ができる。その後、ゲートは自動的に閉鎖する。

【トラベル Watch】
 https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1307343.html

no title

no title

no title

【Youtube】

 

引用元: 【画像・動画】JR西日本とサンポール、自分で開ける踏切を開発。

(C)2015 - 2021 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ