タグ:動物

1まとめらいぶ2017/11/23(木) 18:03:41.54ID:CAP_USER9.net
【11月23日 AFP】(更新)エネルギー革命をもたらすと考えられてきたLED(発光ダイ
オード)照明が広く利用されることが、世界中で過剰な光による「光害」の拡大に拍車
をかけているとの研究論文が22日、発表された。光害の増加により、人間と動物の健康
に悲惨な結果がもたらされるという。

 米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)」に発表された今回の
論文が根拠としている人工衛星観測データは、地球の夜の明るさがますます増しており、
屋外の人工照明に照らされた範囲の表面積が2012年~2016年に年2.2%のペースで増加
したことを示している。

専門家らは、この事態を問題視している。夜間の光は体内時計を混乱させ、がん、糖尿
病、うつ病などの発症リスクを高めることが知られているからだ。

 動物に関しては、夜間の光は昆虫を引き寄せたり、渡り鳥やウミガメの方向感覚を失
わせたりなどで死に直結する可能性がある。

 論文の主執筆者で、ドイツ地球科学研究センター
(German Research Center for Geosciences)の物理学者のクリストファー・カイバ(Christopher Kyba)氏は、同じ量の光を供給するために必要な消費電力がはるかに少
ない、より効率的な照明のLED光自体だけが問題なのではないと説明する。

 そうではなく、人間がますます多くの照明を設置し続けることが問題なのだと、カイ
バ氏は今回の研究について議論する電話会議で記者らに語り、「以前は明かりがなかっ
た場所に新たな照明を増やすことがある程度、節約分を相殺してしまう」と指摘した。

 専門家らが「リバウンド効果」と呼ぶこうした現象は、低燃費の自動車にもみられる。
必要な燃料がより少ない車を買うと、車をより頻繁に使うようになったり、より遠くか
ら通勤することにして通勤時間が長くなったりする可能性がある。

■史上初の地球の夜景

 今回の研究は、夜間光向けに特別に設計された史上初の放射計「可視赤外撮像機放射
計(VIIRS)」の観測データに基づいている。VIIRSは、2011年10月から地球を周回し
ている米海洋大気局(NOAA)の地球観測衛星「スオミNPP(Suomi NPP)」に搭載
されている。

 研究チームは、休暇シーズンの光量の増加を回避するために、各年の10月の夜間光量
に限って分析した。

 論文によると「南米、アフリカ、アジアなどの全域でほぼ例外なく、照明の増加が発
生した」という。照明が減少した地域はほとんどなかったが、シリアやイエメンなど戦
闘で荒廃した国々では照明の減少が顕著だった。

 イタリア、オランダ、スペイン、米国などを含む世界で最も明るい地域の一部はみな
比較的変化が少なかった。これは、例えばイタリアでは2012~2016年の期間に、ミラ
ノでLED照明への切り替えによる放射光の減少がみられたとしても、国内の他の地域
で光の増加が起きたということだ。

 また、衛星は多くのLED照明で顕著な青色の波長を捕捉できないため、衛星データ
では夜間光全体が過小評価されている可能性が高いと、研究チームは注意を促してい
る。

■「重大問題」への解決策

 米科学誌「エコロジカル・エコノミクス(Ecological Economics)」に発表された
2010年の研究によると、過剰な夜間光は、野生動物が生息する自然環境に害を及ぼし
たり星空の観測を不可能にしたりするだけでなく、「野生動物、健康、天文学などへ
の悪影響とエネルギーの浪費」で年間70億ドル(約7800億円)近くの損失を引き起こ
すという。

今回の研究には参加していない南カリフォルニア大学
(University of Southern California)建築学部のトラビス・ロングコア
(Travis Longcore)助教(建築学など)は、夜間照明面積の年2.2パー
セント増加について「持続不可能」と表現した。

解決策としては、光量が低い照明を使用する、人がいない時は照明を消す、動物や人の健
康への悪影響が最も大きい傾向のある青色や紫色の代わりに黄橙色のLED光源を選ぶなど
が挙げられる。

また、夜間照明が治安を向上させるなどの世の中の思い込みについては疑う必要がある。
ロングコア助教は、AFPの取材に「照明を増やすと犯罪が減るという決定的な証拠は存在
しない」と語り、「実際、照明の追加によって人々が何をしているかを犯罪者が見やすく
なるために犯罪が増加することを示す部分的な証拠がある」と続けた。

「必要と思い込まれている多くのことはまったく不要だ。それは行き過ぎなのだ」

【AFP】
 http://www.afpbb.com/articles/-/3152655
続きを読む

1まとめらいぶ2016/02/08(月) 08:25:24.27ID:DQ5R6fpO0.net BE:837857943-PLT(12931)
寒い時期になると見かける機会が増える「犬の服」。

寒さを防げて快適!に思えるのは人間だけで、
犬にとって効果はビミョウなのはご存じでしょうか?

犬の体温は平熱でも38℃ほどと高いのに加え、からだには体温調節のための
汗腺・エクリン腺がほとんどない暑がり体質、夏に服を着せると熱中症になる
可能性が大幅にアップしキケンです。冬に着せても「耳」の温度が高くなるだけで、
「おなか」はほとんど変化なし… 

厳寒の地でない限り、服を着せても意味はなさそうです。

■ オーバーヒートしやすい「犬」

「犬には汗腺(かんせん)がない」

「犬は汗をかかない」

と言われていますが、これは半分マチガエで、

・ 体温調整の汗 … エクリン腺(せん) … 足の裏や鼻の頭などに限定

・ においの汗 … アポクリン腺 … 全身

から生まれた誤解。走り回ったあとにハァハァするのは舌や口からの気化熱に
よって体温を下げるためで、全身汗まみれになることはありません。

汗っかきをコンプレックスに感じているひとにとってはうらやましい話でしょうが、
同時に体温調整が苦手の意味でもあります。

加えて犬の体温は37.5~39℃と高く、犬種によって
差があるものの、全般的に「暑がり」な動物なのです。

【ねたリカ】
 http://netallica.yahoo.co.jp/news/20151218-07587770-mynavis

続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/24(木) 06:43:46.18ID:epB8c/39.net




脱ぎ捨てたセーターやパジャマのそでにネコが潜り込み、
愛らしい顔をチラ見せする“そでねこ”が話題だ。

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などに“我が家のそでねこ”の写真を
アップする人が急増中。ネコに興味がない人も思わず見入ってしまい、癒やされている。
小学館からはこのほど、写真集「そでねこ」(税抜き1000円)が発売された。
どのネコもみな暖かそうで、見ている人間の心までポカポカにしてくれる。

【Sponichi Annex】
 http://www.sponichi.co.jp/society/news/2015/12/24/kiji/K20151224011740970.html
続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/11(金) 07:32:54.04ID:CAP_USER*.net
◆塗料で虎柄に!中国でブーム『タイガー犬』は週末犬と呼ばれ1週間の命

12月7日放送 『とくダネ!』 (フジテレビ系列)で中国で
販売されてるタイガー犬が紹介されました。

◇パンダ犬

写真:



ペットを高値で売る為に毛染めをさせられ、動物のヘアカラーが問題になっています。
中国といえば白黒に塗られたパンダ犬が話題となり、非難を浴びたことが
記憶に新しいですが、次にブームを起こしているのはタイガー犬。
中国ではなぜこのような業者が横行しているのか
番組ではその秘密に迫りました。

◇タイガー犬とは?

写真:



中国ではこのタイガー犬、ペットショップではなく露店で販売されているそうです。
渋滞中の車にタイガー犬を2匹持って近づく業者の男は「タイガー犬はどう?
250元(5000円)ですよ」とドライバーに声をかけてきます。
その間、タイガー犬は不安そうに細い声を上げて鳴いている。
小犬に着色しているだけにも関わらず「希少価値の高い犬」として販売されています。
不自然で染色と分かりそうですが、こんなことで騙される人は果たしているのか?
と疑問に感じてしまいます。

◇中国でも問題視されていた

写真:



中国国内でも大きくメディアに取り上げられ、非難が殺到しています。
犬に塗られた塗料粗悪な塗料を使用されているため、舐めてしまうと
猛毒な成分が体内に入り込み、約一週間で死亡してしまいます。

写真:



***********
@hiroyo314
 https://twitter.com/hiroyo314/status/673652938649169920?ref_src=twsrc%5Etfw

中国の一週間犬、ご存知ですか?
今日、朝のニュースでやってました。カラフルな色を塗って転売する。
現在人気はタイガー犬身体中に安い塗料が塗られている為
舐めると一週間足らずで死に至るそうです。
虎の塗料を塗られ無邪気に動き回る仔犬の姿に胸が張り裂けそうです。  
***********

◇「週間犬」とよばれている

写真:



猛毒を塗られた犬は「週間犬」とよばれ、「一週間しか生きない犬」とも言われてます。
中国では自分の所有している犬に対して色を塗るなどの虐待をしても、
現状では取り締まる法律が存在しないそうです。
業者は自分の犬に着色し、それを販売しているので手が出せないので、
世界中の動物愛護団体が訴えてもこのような問題がおきてしまうそうです。

染められた犬は1週間以内に死亡する例も
中国で人気の犬のヘアカラーが残酷

【Spotlight(スポットライト)】
 http://spotlight-media.jp/article/223105560820719701
 http://spotlight-media.jp/article/198718205255041383
続きを読む

↑このページのトップヘ