タグ:動作

1:まとめらいぶ 2019/09/11(水) 06:37:27.38 ID:CAP_USER
 米Appleは9月10日(日本時間11日)、watchOS搭載のウェアラブルデバイスの新モデル
「Apple Watch Series 5」を発表した。価格は4万2800円から(Cellularモデルは5万3800円から)。
同日に予約を開始し、20日に出荷する。最新OS「watchOS 6」に対応。

no title

 ディスプレイにLTPO(Low Temperature Polycrystalline Oxide)と呼ばれる新技術を採用し、
ディスプレイを常に表示した状態で18時間連続動作するという。バッテリー持ちを維持するため、
手首を下げると画面が暗くなり、手首を上げたり画面をタップすると明るくなる仕組みにした。

 新たにコンパス機能を搭載しており、マップ機能と組み合わせると自分が立っている方向が
分かるという。Cellularモデルなら、iPhoneなしで世界150カ国以上で緊急コールを利用できる。
素材はアルミニウム、ステンレス、チタン、セラミックから選べる。NikeモデルとHermes
モデルの新色も用意する。

 Apple Watch Series 3は199ドルに値下げする。

【IT media NEWS】
 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/11/news057.html

引用元: 【製品】「Apple Watch Series 5」登場 スリープせず18時間連続で動作

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/01(火) 13:29:04.73ID:CAP_USER.net
gizmodo

まさかのフィット。

古くからのPCユーザーにとってはおなじみ、フロッピーディスク。

技術の進化とともにさまざまな記憶媒体が現れては消えましたが、
フロッピーディスクが一時代を築いたことに異論はないかと思います。

その容量はおよそ1.4MB。当時は何の疑問もありませんでしたが、
今となってはスマホで写真1枚撮れるかどうかです。

しかしここに、なんとその約10万倍、
118GBのフロッピーディスクを作った人が現れました。

しかもその作り方がまた驚きです。

なんとこの方、
フロッピーディスクにSDカードがピッタリ収まることに気付いたのです。



しかしもちろん、このままでは使えません。

読み込み部分の半分のピンは取り外されて、残ったピンも
上向きにめくり上げられるという、SDカードに最適化した改造が施されています。


昔からPCを自作する人は多いものの、
こんな所にSDカードを挿した人は珍しいのではないでしょうか。

この一部始終は、
Dr. ModdnstineさんのYouTube、
またはImgurからお楽しみください。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/01/02(土) 17:36:53.92ID:loBAvlQC0.net BE:837857943-PLT(12931)
【超簡単裏ワザ】どんなiPhoneの動きでも軽くする隠しコマンドが発見される



Phone6s/6s PlusやiPhone6/6 Plusなら、最新のOSであるiOS9を使用していても、
問題なくサクサクと軽快に操作できることかと思いますが、それ以前の旧機種となると、
時折モッサリ感がでることがあると思います。

Appleも最新機種にあわせたOSの設計をしているので、仕方ないといえば
仕方ないのですが、このほどこうした旧機種を含めたどんな機種でも動きを
軽くすることが可能な、超簡単な隠しコマンドが発見されましたのでご紹介します。

App Storeを開いてタブを10回タップするだけ

@steipete tap on any of the tab bar items 10 times.

- zachary drayer (@zadr) 2015, 12月 29

ニュースメディア『BGR』によりますと、今回ご紹介する隠しコマンドは開発者である
Zachary Drayer氏がTwitter上でつぶやいたことから拡散し、その後この隠し
コマンドをAppleが仕込んでいることまで確認されています。
早速方法をご紹介しましょう。

まずは「App Store」を開きます。
その後、下部のタブのどれでも良いので早めに10回連続でタップします。



すると、画面が一瞬真っ白になりますが、
すぐに元の「App Store」の画面に復帰します。
手順はこれだけ。超簡単でしょう?

この手順を踏むだけで、
あなたのiPhoneは軽くなってしまいます。
ぜひ試してみてくださいね。



iPhone Mania
続きを読む

↑このページのトップヘ