タグ:効果

1まとめらいぶ2017/08/27(日) 17:25:23.21ID:CAP_USER9.net
【京都新聞】
 http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20170827000046

犬のふん害防止策として京都府宇治市が編み出した「イエローチョーク作戦」が、全国で
反響を呼んでいる。ふんの周りを黄色のチョークで囲み、日時を書くだけという手軽さな
がら劇的な効果を上げているからだ。各地から視察や問い合わせが相次いでおり、取り
組みは広がりつつある。

 7月31日、「宇治市五ケ庄で路上にふんが放置されている」との通報を受けた市職員
2人が現場に向かった。道路にチョークを走らせる姿を、同作戦の視察に来ていた大阪府
高槻市の職員2人が近くで見学した。

同市は「経費もかからず、方法も簡単だ」として、実施について検討している。6月には
同府箕面市からも職員が視察に訪れた。

 イエローチョーク作戦は、目立つ色でふんを囲い、日時を残すことで、放置した飼い主に
困っている人や迷惑を被っている人がいることを伝える方法。ふんは回収しない。誰でも
始めることができ、時間がたてば文字も自然に消える。

 宇治市環境企画課の柴田浩久主査(51)が駐車違反の取り締まりを参考に発案。ふん害
が多かった市道下居大久保線(通称カムループス通り)で16年1月から試してみたところ、
開始前は約30カ所で放置が確認されていたが、被害はほぼなくなっている。

 市が回覧板などで市民に方法を周知したところ、現在は市内約30カ所で作戦が展開され、
大半の地域でふん害の減少につながっているという。こうした効果が5月末に報道されると、
インターネット上でも話題となり、テレビやラジオの番組でも取り上げられた。

関東や東海、九州の自治体から電話やメールでの問い合わせも十数件に上っている。
 柴田主査は「取り組みが全国的に関心を集めて非常にうれしい」と話す。一方、
反響の大きさが、ふん害に悩んでいる人々や自治体が多く、対策が難しいことを
表していると見ている。「一人でも多くの人がふん害で困らないようになれば」
といい、今後も視察や問い合わせには積極的に応じるつもりだ。

 また、ふん害が多い場所は曲がり角など見通しが悪く、空き巣被害も多い傾向に
あるといい、イエローチョーク作戦を防犯にも生かせないか検討。道路に
「パトロール中」などと書くことで、犯人をけん制できるのではと思い描く。

 チョーク1本から広がる可能性に今後も注目が集まりそうだ。

続きを読む

1まとめらいぶ2017/01/06(金)19:15:04???
男の子がなりたい職業、「学者」2位に急上昇 

連続ノーベル賞効果か 

第一生命調査

 第一生命保険が6日発表した「大人になったらなりたいもの」のアンケート結果に
よると、男の子で「学者、博士」が2位となり、前回の8位から大幅に上昇した。

第一生命は「日本人のノーベル賞連続受賞の影響があるのではないか」と分析している。

【産経ニュース】 
 http://www.sankei.com/life/news/170106/lif1701060030-n1.html

学者

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/29(火) 13:14:27.32ID:frjAS2sq0.net BE:837857943-PLT(12931)
●阪急電車とauが作成した「歩きスマホ」への啓発動画を紹介している

●歩きスマホをする人に、駅構内のアナウンスで注意喚起をしている動画

●洋服の特徴が指摘されるため、自然とやめることに繋がるという

excite.ニュース

動画

 

【スクリーンショット】

2015-12-29 15-03-08-992

続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/17(木) 06:59:58.97ID:dsUhdZHz0.net BE:837857943-PLT(12931)
何気に飲んでいるコーヒーですが、
実は飲み過ぎなければ非常に様々な効果を生み出してくれる素晴らしい
飲み物だったのです!どうせ飲むなら体でどんなことが
起こっているのかを知ってみませんか?

あなたは一日にどれくらいのコーヒーを飲みますか?

1.『運動のパフォーマンスが向上する』
  コーヒーを運動前に飲んだ場合はサプリメントを取る必要はありません。

2.『2型糖尿病のリスクが下がる』
  アメリカの調査で、コーヒーを一日4杯以上飲む人は
  2型糖尿病のリスクを50%下げることができると発表しています。

3.『脳の神経伝達物質が増加する』
  コーヒーはセロトニンやドーパミン、脳の認識能力や気持ちを調節するのを
  助けるノルアドレナリンなどの物質の生成の手助けをします。

4.『がんの促進を抑制する』
  これはまだ確かな研究結果が出た訳ではありませんが、コーヒーを3杯以上
  飲んでいる人は飲んでいない人に比べると、ガンを
  抑制するという報告も入っています。

5.『より良い決断ができるようになる』
  コーヒーを飲むと「3.3.脳の神経伝達物質が増加する」で説明したように、
  脳が活発になるということは決断力も高まることになります。

6.『ストレスが減る』
  睡眠時間が足らなくてストレスを感じることがありませんか?
  そんな時はいれたてのコーヒーの匂いを嗅いでみましょう。

7.『幸福感を感じやすい』
  もちろんカフェインが入っていることもありますが、抗酸化剤が普通に果物や
  野菜以上に入っており、気持ちが上向きになりやすくなります。

【GIGAMEN】
 http://www.gigamen.com/these-7-amazing-things-will-happen-when-you-drink-coffee-every-day.html
続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/06(日) 17:37:35.45ID:t6ka1ZRr0.net BE:663621836-PLT(12001)
「.vvv」ウイルスの被害と対策。
強制暗号=ランサムウェアが、
サイト表示=広告だけで感染してしまう (三上洋) - 個人

Yahoo!ニュース

閲覧しただけで感染する不正ネット広告が急増、
トレンドマイクロが注意喚起

pc online

ランサムウェア「CryptoWall」に新手の亜種、2段階攻撃で拡散

ITmedia エンタープライズ

Security Alert: Angler Exploit Kit Spreads CryptoWall 4.0
via New Drive-By Campaign - Heimdal Security Blog

【Heimdal Security】
 https://heimdalsecurity.com/blog/security-alert-angler-exploit-kit-spreads-cryptowall-4-0-via-new-drive-campaign/

New variant of CryptoWall - Is it right to call it 4.0?  

【SANS Internet Storm Center】
 https://isc.sans.edu/forums/diary/New+variant+of+CryptoWall+Is+it+right+to+call+it+40/20435/

「Angler Exploit Kit」「Nuclear Exploit Kit」、
「Pawn Storm作戦」で利用されたFlash脆弱性の利用を確認 

トレンドマイクロ セキュリティブログ

情報窃取型不正プログラムと連携するランサムウェア「Cryptowall 3.0」

トレンドマイクロ セキュリティブログ

・今月になって出現
・広告表示が感染経路
・拡張子がvvv(他)になり暗号化
・bmpなど暗号化されない拡張子も
・拡張子の変更は効果なし
・今のところwin8での感染なし
・バックアップを取る以外の対策方法がなし
・アンチウィルスソフトが効かない。
続きを読む

1まとめらいぶ2015/10/30(金) 18:01:59.02ID:???*.net
日本テレビ系(NNN)

Yahoo! ニュース

 冬に向けてはやり始めるインフルエンザ。そのインフルエンザを
1日で治療できる世界初の新薬が3年後にも実用化する見通し。
この新薬は従来の薬とは違った効果があるとされている。

 これまでのインフルエンザ治療薬といえば「タミフル」などがある。こうした
従来の薬の作用は、体内にウイルスが入った際、増殖したウイルスを細胞内から
出さないようにブロックし、症状を緩和させるだけのもので、インフルエンザウイルス
そのものの増殖を防ぐ効果はなかった。しかし、新たに開発された薬は、ウイルスが
増殖するのを阻害して、死滅させる効果があるという。
このため1日で治ることが期待されている。

 また、この塩野義製薬が開発した新薬は厚生労働省が導入した
「先駆け審査指定制度」
(=画期的な新薬の開発を促進して優先的に審査するための制度)
の対象と指定されていて、厚生労働省から製造販売の
承認が得られれば2018年にも実用化する見通し。
続きを読む

1まとめらいぶ2015/10/07(水) 20:00:35.41ID:NFVhJOVj0 BE:896590257-PLT(21003)
SANSHO、血液中の生理活性脂質に高い育毛効果を特定

ミノキシジルの2.5倍

SANSHO(サンショー、東京都中央区、諸星俊郎社長、03・5203・0715)は、
ヒト血液中の生理活性脂質の一種「環状ホスファチジン酸」(cPA)に高い育毛
効果があることを特定した。発毛剤として商品化されている「ミノキシジル」の
2.5倍になった。濃度が0・5%の水溶液で発毛効果も確認した。
11月に国内化粧品会社が商品化を予定している。

皮膚は表皮、細胞増殖で重要な繊維芽細胞に富んだ真皮、毛細血管が通った
皮下組織からなる。毛髪は皮下組織で、繊維芽細胞から変化した毛乳頭細胞、
毛母(もうぼ)細胞で生まれ、伸長していく。今回は天然型のcPAをヒト毛乳頭
細胞に添加し、1~2日後の細胞数で効果を確認した。

また繊維芽細胞にcPAを添加、発毛促進のホルモンの遺伝子発現を
メッセンジャーリボ核酸(m-RNA)で調べた。その結果、特に効果が高い
繊維芽細胞増殖因子(FGF)の場合、何も添加しない時の3倍だった。

薄毛の男性約20人を対象とする試験では、cPAの0・5%濃度水溶液を
1~6カ月間、塗布し効果を明らかにした。女性でも効果はあるが、毛がまったく
ないケースや通常の肌では発毛しないという。2012年に国際特許を
出願しており、近く成立する見込み。

日刊工業新聞

続きを読む

↑このページのトップヘ