1:まとめらいぶ 2019/07/21(日) 05:41:47.22 ID:Aa9kmlOl9
【読売新聞】
 https://www.yomiuri.co.jp/national/20190719-OYT1T50284/

給食で10キロの高温みそ汁運搬、こぼれて小5やけど

 埼玉県加須市立騎西小学校の5年生の男子児童(当時)が、給食の運搬中にやけどを負ったのは
学校の安全管理が不十分だったからだとして、父親(50)が19日、同市を相手取り、治療費
など約793万円の損害賠償を求める訴訟をさいたま地裁に起こした。

 訴状などによると、児童は2017年6月6日昼、一緒に給食を運ぶはずだった別の児童が不在
だったため、高温のみそ汁が入った約10キロの食缶を1人で配膳室から教室まで運搬。途中で
バランスを崩してみそ汁がこぼれ、左足に6か月のやけどを負い、痕が残った。

 県庁で19日、記者会見をした父親は、「運搬の際に児童を見守る教職員が配置されておらず、
安全管理を怠っていた。第三者による詳細調査を求めても行わず、全く誠実さを感じられない」と
話した。

 同市は「訴状が届いていないのでコメントは差し控えるが、お子様とご家族に
つらい思いをさせたことは申し訳ない」としている。

引用元: 【埼玉】一昨年、給食で10キロの高温みそ汁運搬、こぼれて小5やけどの件で訴訟 加須市立騎西小学校

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む