タグ:初登場

1:まとめらいぶ 2019/09/23(月) 05:38:13.42 ID:CAP_USER
【特集】
【メガドラミニ全タイトルレビュー!】
「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」
愛しのテイルス初登場!高速アクション第2弾

池紀彦

1992年11月21日 発売

no title

 「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」はセガの看板キャラとも言える、音速のハリネズミ、
ソニックが主人公のアクションゲーム第2弾。これ以降も多くのソニックシリーズを
リリースしており、同社の人気シリーズの1つである事は間違いない。

 ストーリーとしては、ソニックとキツネのテイルスが、悪の科学者ドクター・エッグマン
の野望を阻止するため戦う、というヒーロー物っぽい王道の内容でわかりやすい。「ゾーン」
と呼ばれる各エリアのラストにはドクター・エッグマンが自作の色々な乗り物で登場して
こちらを攻撃してくるので、これを撃破する事でステージクリアとなる。

 ゲーム的にはシンプルな横スクロールのアクションゲームだが、本作の最大の特徴は
そのスピーディーなアクションだ。ソニックとテイルスは走るにつれてどんどんと加速
していき、最終的にかなりの速度でフィールドを駆け抜ける。このフィールドを駆け
巡るビジュアルは圧巻で、今見てもここまでスピーディーなアクションゲームはあまり
存在しないレベルだ。それゆえに難易度はかなり高く、高速でフィールドをダッシュ
している状態で急に現れた敵や罠などを回避するのは困難というか不可能に近い。
そのため、フィールド内の敵や罠などの位置を事前に把握しておき、感覚的に
かわすのがベストだろう。

no title

ダッシュでフィールドを駆け抜けるビジュアルが印象的な「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」。
前作から登場する主人公の音速のハリネズミ、ソニックに加えて新たにキツネのテイルスが
仲間に加わった

no title

敵は悪の天才科学者、ドクター・エッグマン。毎回自分で開発したビックリでドッキリなメカに
乗って出現し、主人公たちを苦しめる。ジャンプしてスピン状態で体当たりすることでダメージ
を与えられる

no title

ステージは全部で11あり、それぞれアクトという形で2つの区間で区切られている

 移動中に獲得できる主要アイテムのリングはスコアを稼ぐ要素でもあり、ダメージを受けた時の
ライフのような役目もはたす。敵キャラやトゲなどのダメージを受ける障害物と接触すると、
驚きのリアクションとともに、これまで取得していたリングを全て周囲にばら撒いてしまい、
手持ちリングは0になってしまう。

 だがその代わりに機数を減らさずにゲームを続行できるのだ。しかもばら撒かれたリングは
いくつかその場で回収ができるので、穴に落ちるなどの即死状態にならなければほぼ死なずに
ゲームが続けられるという、ユニークな初心者救済措置が設けられているのも本シリーズの
特徴の1つだ。

 一方上級プレーヤーはゲーム中、なるべくダメージを受けずにこのリングを保持し続ける事で
大量のリングを集められる。これによりクリア時のスコアを上げられるほか、50個のリングを
持った状態でステージ途中にあるポイントマーカーを通過すると、3D風のハーフパイプコース
を走るスペシャルステージの入り口となる、星でできた輪を出現させることができる。こうして
まずクリアを目指す初心者も、やりこみ志向の上級者も、幅広い層が楽しめる作りになっている。

 ルールもシンプルなら操作もシンプルで、左右移動とボタンでジャンプするのみだ。一方、
前作からの変更点として新たに下キーとボタンを使う事で、その場で高速回転して一気に
急加速するスピンダッシュが使えるようになった。操作キャラクターはソニックが
デフォルトだが、テイルスを操作キャラクターに変更することも可能だ。

 なお、リング以外に登場するアイテムはバリア、無敵、1up、ハイスピードなどで、
これらは取得すると即座に効果が発動する。

 また、通常の1人プレイの他に、画面を上下2分割にして2人で遊べる対戦モードがある。
対戦モードではゴールまでのスピードやスコア、リングの数やアイテム取得数など総合的に
判断して勝敗を決める。

     ===== 後略 =====
【GAME Watch】
 https://game.watch.impress.co.jp/docs/feature/1207631.html

【YouTube】



引用元: 【レトロ】「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」 愛しのテイルス初登場!高速アクション第2弾

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/11/15(木) 13:40:11.11 ID:04Zkfcva0 BE:837857943-PLT(16930)
11月17~18日に鈴鹿サーキットで開催されるヒストリックイベント「RICHARD MILLE SUZUKA
Sound of ENGINE 2018」に、世界限定10台生産のハイパーカー、アポロ『IE』が日本初上陸。
プロモーションラップを実施する。

アポロ・アウトモビーリ社は、香港出身の実業家にして情熱的なカーフリークとして知られる
ノーマン・チョイ氏が主宰。同社が2018年に発表したアポロIEは、最高出力780hpを発生する自然
吸気の6.3リットルV12気筒エンジンを1250kgの軽量カーボンモノコックシャシーと組み合わせた
ハイパーカー。0-100km/h加速は2.7秒、最高速は333km/hとされている。

あくまで自然吸気の大排気量ユニットにこだわった辺りはオールドスクール志向にも映るが、
アポロIEが根ざしたのは、他にはない情熱的な刺激の実現。ノーマン氏は「単に数値的な速さ
だけを追い求めるのではなく、あくまでも乗り手を心の奥底から興奮させる、真の刺激を表現
したかった」と語っている。

【レスポンス】
 https://response.jp/article/2018/11/14/316154.html

no title

no title

引用元: 世界限定10台のハイパーカー、アポロIE が日本初登場 カッコ良い 何百万するんだよ、これw【画像】

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2015/06/22(月) 18:08:36.89ID:???*.net
時事通信 

Yahoo!ニュース

 日清食品は22日、カップ麺「カップヌードル」シリーズでは初となる
即席パスタを29日に発売すると発表した。ラーメンでおなじみの縦長
カップに油で揚げたパスタ麺が入っており、お湯を注いで
5分で湯切りし、ソースを絡めて食べる。

 ミートソース味の「パスタスタイル ボロネーゼ」とアサリや
オリーブオイルの入った「同 ボンゴレ」の2種類。

希望小売価格214円程度。 

画像

続きを読む

↑このページのトップヘ