タグ:再現

1:まとめらいぶ 2018/02/14(水) 11:11:11.44 ID:CAP_USER9
人気ゲーム「モンスターハンター:ワールド」に登場する食事“ハンター飯”を再現した
料理がTwitterに投稿され、その出来栄えに称賛の声が寄せられている。

「モンスターハンター:ワールド」では、雄大な自然が広がる未知の大陸を探索し、巨
大なモンスターに立ち向かうため、パワーアップ効果を得られる食事は重要な要素。料
理長やキャンプでは受付嬢が、野性味あふれるボリュームたっぷりの食事を提供してく
れる。

Twitterユーザーのki-kiさんの妻は、このハンター飯を見事に再現。ゲーム中のパエリア
のようなご飯は、山盛りの炒めたご飯にムール貝やエビ、野菜を盛り付け。肉と魚介を
刺した串料理は、肉団子やエビフライの串をゲームと同じパイナップルに刺し、チーズ
も同じ形にカットされている。また、殻ごと煮込んだ魚介のスープや肉の丸焼きまでも
原作に近いビジュアルで表現されている。

さらに、ゲーム中にはない回復薬をイメージしたメロンリキュールのドリンクと、「導
虫」に見立てた金平糖を追加してアレンジ。料理以外にも、ご飯やスープの器、肉の下
に敷く葉まで近いものを使うことで、より原作の雰囲気を際立たせている。なお、ハン
ター飯の調理に使った材料費は約4000円で、所要時間は3時間だったという。

この豪快かつ見事な再現度の“ハンター飯”には、「これは本家以上の出来栄えですね」
「めちゃ美味そう!」といった称賛の声が殺到。また、「ハイスペックな嫁だな、大事
にしてください」「自分はまず嫁をハンティングしなきゃだ」「お料理上手な奥様で羨
ましい。私もそんなお嫁さんが欲しい」といった声も寄せられ、大きな反響となってい
る。

【BIGLOBEニュース】 
 https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0213/blnews_180213_0723202952.html

画像

no title

no title

引用元: 【話題】モンハンの「ハンター飯」を嫁が再現 圧倒的な出来栄えに「めちゃ美味そう」「まず嫁をハンティングしなきゃ」

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/09/23(土) 14:31:38.21ID:CAP_USER9.net
【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000011-asahi-soci

まだおなかの中にいる赤ちゃんをお手元に。丸紅情報システムズ(MSYS)が10月
から、妊婦のおなかの中の赤ちゃんを、3Dプリンターで再現するサービスを始める。
産婦人科医と連携し、出産の記念や、家族へのプレゼントにしてもらう狙いだ。

再現するには、おなかの中の赤ちゃんを超音波で検査する「4Dエコー」の立体的な
画像を使う。笑ったり、指をくわえたりする愛らしいしぐさを医師が撮影し、MS
YSに提供。同社の最新の3Dプリンターを使って、2~3週間でアクリル系樹脂製の
置物が完成する。どんなしぐさを採用するかは、妊婦と医師が相談して決める。

妊婦の間では、おなかの中の赤ちゃんの立体的な画像を見たいというニーズが多く、
検査設備がある遠方の医療機関に出向く人もいる。MSYSの担当者は
「赤ちゃんが大きくなったとき、置物を見ながら親子で懐かしんでほしい」と話す。

サービスを発案した、大阪市阿倍野区の西川医院で10月から始める。
年内に九州の病院とも連携予定で、3年後には年間5万件分の作製を目指す。
西川正博院長は「赤ちゃんを身近に感じ、出産という生涯の大イベントを
迎える喜びを感じてほしい」
と話している。

料金は病院の意向や商品のサイズによって異なる。西川医院では7千~3万円台での
提供を予定しているという。


音波検査の立体的な画像データを元に3Dプリンターでつくった赤ちゃんの置物。

サイズや形は選べる=東京都内

続きを読む

1まとめらいぶ2017/06/08(木) 13:47:02.49ID:CAP_USER.net


ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(ユー・エス・ジェイ)は本日
(2017年6月8日),任天堂のキャラクターとその世界設定をテーマにしたエリア
「SUPER NINTENDO WORLD」の,建設着工式を開催した。同エリアの建設に
ついてはすでに何度かお伝えしているが,今回は,SUPER NINTENDO WORLDに
「マリオカート」のライド・アトラクションが登場することが明らかになっている。

 SUPER NINTENDO WORLDは前述のとおり任天堂のキャラクターとその世界
設定をテーマとしており,スーパーマリオシリーズを中心に,世界的な大ヒット
となった任天堂キャラクターが多数集結。マリオカートのライド・アトラクションを
始め,ショップ,レストランなども有する二層構造の巨大複合エリアとなる予定である。
2020年の東京五輪前のオープンを目指して今回,盛大に始動したわけだ。

 なお2016年12月の発表時点でその投資額は
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンだけ(※)で“500億円以上”とされていたが
「ゲストの皆様の体験価値を最高のものにするため」として,その投資額は
“600億円超”に修正されている。さらに巨大化したプロジェクト
ということで,オープンへの期待がますます高まるところだ。

【4Gamer.net】
 http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20170608001/
続きを読む

1まとめらいぶ2017/05/11(木) 13:22:10.09ID:CAP_USER.net


ハル研究所は2017年5月11日、8ビットパソコンMZ-80Cをミニチュアサイズで再現
した「PasocomMini MZ-80C」を発表した。販売開始は2017年10月中旬を予定、
価格は1万9800円(税別)。BEEP秋葉原の店頭およびECサイトで2017年6月1日
から予約受け付けを開始する。

MZ-80Cはシャープが1979年に発売した8ビットパソコン。CPUにザイログ
「Z80/2MHz」を採用し、10型のブラウン管グリーンモニターとデータ転送
/保存用のカセットテープレコーダー、キーボードを備えたオールインワン
仕様で26万8000円という価格設定が受け、8ビットパソコンブームの火付け
役となった。プログラミング言語のBASICをROMで実装せずにカセットテ
ープから読み込む「クリーンコンピュータ思想」も特長。標準搭載のS-BA
SICだけでなくHu-BASICなど他社製BASIC言語も利用でき、アセンブラや
マシン語などさまざまな言語がカセットテープで提供されていた。

この往年の名機4分の1サイズ(幅102.5×奥行71.25×高さ32.5ミリ)で実現
したPasocomMini MZ-80Cは、ハードウェアにシングルボードコンピュー
タ「Raspberry Pi A+」を内蔵する。画面出力用のHDMIやUSB HIDクラ
スを扱えるmicroUSBを備える他、GPIO(汎用IO)を利用したポートアク
セスにも対応する。

 プログラミング環境には、スマイルブームの「SmileBASIC」を搭載する。
USB機器やGPIOポート経由での機器制御をBASICで行える。





【@IT】
 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1705/11/news017.html
続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/15(火) 18:54:23.49ID:CAP_USER.net
【インサイド】
 http://www.inside-games.jp/article/2016/03/15/96868.html


ナムコは、
2016年3月18日より「ポテトチップス味コーラ」を
クレーンゲーム景品として導入します。

「ポテトチップス味コーラ」は、2015年12月に登場した
「ポテトチップス コーラ味」に続くクレーンゲーム景品です。

今回は、「うなぎコーラ」などを制作した木村飲料を開発パートナーとし、
誰もが未体験な驚きの新味飲料を完成させています。



ポテトチップス味コーラ」では、
ポテトチップスをコーラで流し込んだ時の口中を完全再現。

飲み物でありつつもスナック感覚が味わえるという、
誰もが口にしたことのない味でありながら、
一度は口にしてみたいと考える味を実現したとのこと。




「ポテトチップス味コーラ」は、
2016年3月18日よりナムコのアミューズメント施設限定で登場。

詳細は特設ページをご覧ください。

なお、「ナンジャタウン」内のゲームコーナーでも取り扱いが行われます。

【ポテトチップス味 コーラ 商品概要】
・名称:炭酸飲料
・原材料名:果糖ぶどう糖液糖/炭酸、カラメル色素、香料、酸味料
・内容量:240ml

●栄養成分表示(100ml当たり)
・エネルギー:43kcal
・たんぱく質:0g
・脂質:0g
・炭水化物:11.6g
・食塩相当量:0.00g

ポテトチップスの風味が出るよう独自に開発したフレーバーを使用。

飲んだ後にまるでポテトチップを食べたかのような感覚になるのが特徴のコーラです。

続きを読む

1まとめらいぶ2016/01/31(日) 20:17:21.26ID:CAP_USER*.net




画像を見て、誰もが一瞬「生きている猫の画像」だと思うだろう。
実はすべて羊毛フェルトで作られたものだ。

これらの作品を作っているのは、沖縄在住の羊毛フェルト作家ヒナリさん。
作品はツイッター、フェイスブック、インスタグラムに投稿している。

元々ハンドメイドが趣味で、
羊毛フェルトに取り組むようになったのは5年前からだそう。
最初は羊毛フェルトの本に掲載されていた
作品を作りながらスキルをあげていった。

やがて、ヒナリさんはブログ友達の猫をモデルに制作するように。
その制作過程をブログに投稿していたところ、
ブログを見た人から「うちの子を作って欲しい」
という依頼が舞い込むようになったのだという。

「見たままの可愛さを表現したい」
制作を依頼してくる人たちの背景には、
愛情を持って過ごしてきた猫たちへの思いが込められている。
今一緒に暮らしている猫にそっくりなものが欲しいと思う人、
そして愛猫を亡くしてしまったので、
もう一度会いたいという気持ちを抱えている人……。

ヒナリさんはそんな依頼者の人達の気持ちに応えるかのように制作している。
しかしリアリティを追求しているつもりはないという。

「ただ見たままの可愛さを再現したい一心で作っています。
自分の目で見て可愛いなと思う猫の姿を、私なりの表現で形にしているので、
中にはリアルには見えないと仰る方もおられます」(ヒナリさん)。

こちらは“本人”と羊毛フェルトの猫との2ショット。

自分の姿を不思議そうに見ている。



似せるために時間をかけて作る
一作品を作るのにかかる時間は、
モデルがない場合で全身を作るのに4、5週間。
モデルがいる場合は、本人に似せるという作業に
かなり時間を要するため、数ヶ月かかることもあるという。
「作る時は、猫を上下左右、斜めから観察して
立体の形をイメージしながら作っています」(ヒナリさん)。
ヒナリさんはこう話すが、ひとつひとつの「作品」を見ていると、
猫の瞳には命が灯っているようにも思える。

依頼者の愛猫への思いを受け止めて
思いを込めている様子がうかがえるだけに、
制作をお願いしたくなる気持ちもわかる気がする。

現在、個別のオーダーはお休みしている。
2016年の5月、9月に参加する2つの展示会に向けて制作中とのことだ。

IRORIO
続きを読む

↑このページのトップヘ