タグ:再燃

1まとめらいぶ2017/06/25(日) 12:33:41.75ID:CAP_USER.net
1980年代に子供たちを熱狂させた漫画「キン肉マン」が今、ブーム再燃とも言える
盛り上がりを見せている。87年に終了した連載の続編がネットで復活したことが大き
いが、その背景には漫画と社会の関係性の変化が見て取れる。

5月中旬、ツイッターのトレンドワードで「キン肉マン」が1位となり、話題となった。
2011年に復活した“元祖”の続編「完璧超人始祖(パーフェクト・オリジン)編」の
最終回がネットに掲載されたためだ。

連載は79年、週刊少年ジャンプ(集英社)で始まった。作者は嶋田隆司さんと
中井義則さんの漫画ユニット「ゆでたまご」。ドジで間抜けな超人、キン肉マン
が仲間とともに強敵と戦うギャグ&プロレス漫画だ。アニメ化など80年代に
盛んになったメディアミックスも後押しして爆発的な人気を得た。

個性的な超人たちの魅力に加え、友情パワーで強くなるジャンプらしい展開。
中でも画期的だったのが、読者参加の先駆けともいえる「超人募集」の企画だ。
採用されるとそれを元にした超人が本編に登場する。
嶋田さんは「何万通とはがきが来た。子供のアイデアで生まれた超人もたくさんある」。

完璧超人始祖編ではさらなる強敵が登場し、超人たちの知られざる過去も明らかに。
今月26日に新章が始まる。「読者が待ち望んでいる限り、死ぬまでやり続けたい」
と嶋田さん。

キン肉マンに影響を受けた子供たちは今、一線で活躍する世代になった。
大人気の中国の歴史漫画「キングダム」の作者、原泰久さん(42)は嶋田さんとの
対談で、自身の漫画のルーツの一つにキン肉マンを挙げた。

さらに、当時を知らない若い世代にもファン層は広がる。

声優、歌手の上坂すみれさん(25)は、昨年刊行したスタイルブック
「Sumipedia」(祥伝社)で嶋田さんと対談。肉と29(ニク)をかけた
キン肉マン生誕29周年(2008年)の時から読むようになったことを明かし、
「Tシャツを愛用していたり、自分のラジオでキャラソン(キャラクターソング)
を流したり」「超人を考えるのって難しいけど、すごく楽しくて」と濃いファン
ぶりを披露した。

「キン肉マンは漫画のリバイバルブームを引っ張っている作品の一つ」。
京都国際マンガミュージアム研究員の伊藤遊さん(43)はそう話す。

「北斗の拳」や「聖闘士星矢」など、ジャンプが飛躍的に部数を伸ばした80年代に
人気を博した漫画は、その後、掲載誌を変えて「復活」し、続編や前日談などが
描かれている。

伊藤さんは
「子供の頃に読んでいた世代が編集者になって、
面白い漫画だったからもっと読みたいという

 シンプルな発想が元だと思うが、このパターンがヒットした。これまでに
あまりなかった新しい現象ですね」。

さらに近年、国が「知的財産立国」を掲げ、漫画やアニメが物語性などの面で質の高い
ソフトコンテンツとして評価され、パブリックなものに。「芸人や俳優が漫画が好きと
いってもマイナスポイントにならず、むしろ自身の売りにできるようになった」という。

キン肉マンは80年代を彩っただけでなく、
今なお時代に先駆けている存在ともいえそうだ。

写真:キン肉マン、ヒットのひけつ



【朝日新聞】
 http://www.asahi.com/articles/ASK6K6QGYK6KPTFC00M.html
続きを読む

1まとめらいぶ2015/11/18(水) 22:48:32.33ID:???*.net
「メーター戻し」巧妙化 中古車詐欺、再燃の兆し

 中古車の走行距離を示すメーターを特殊な機器を使って巻き戻し、
販売する新たな詐欺商法の手口が岐阜県内で出始めた。車検証に直近
2回の車検時の走行距離が記載される仕組みを悪用し、短期間に2度車検を
受けて実際の距離が分からないようにしていた。国土交通省は「同じ車で何度も
車検にくる人は警察に連絡する」と警戒を強めるが、「車検の申請があれば
拒否はできない」(関係者)ため根絶できない状況だ。

 県警は6、7月、二つのグループを相次いで摘発、詐欺容疑などで
瑞穂市の中古車販売店経営の男ら7人を逮捕した。軽乗用車を中心に
計170台を売りさばいたとされ、各務原市の男性などが被害に遭った。

 犯行グループは自動車修理業者に走行距離を実際の約21万キロから
約3万8千キロに改ざんさせるなどして、1日のうちに車検を2度受け、
ネットオークションを通じて販売していた。15万円以下で仕入れた車を
30万円前後で売っていた。

 車検の有効期限は乗用車、軽乗用車ともに2回目以降は2年。軽自動車
検査協会は「短期に2回も車検を受けるのは一般的に考えておかしいが、
申請に必要な書類がそろっていれば、拒否できない」と説明する。

 「二重車検」(検察)で、実際の走行距離が隠され、車検証に嘘の走行距離が
記載されれば、車の購入者が詐欺だと気付くのは不可能に近い。被害者は
「改ざんされているとは夢にも思わなかった。本当に悔しい」
「廃車寸前の車をつかまされた。怒りがこみ上げる」
と憤慨する。

 中古車のメーターを巻き戻して販売する詐欺商法は古くからあったが、
メーターがアナログからデジタルに変わって被害は減少傾向にあった。
だが、デジタルメーターでも改ざんできる特殊な機器が出回り、新たな
手口が昨年ごろから大阪や岐阜などで見られるようになった。
機器はネットでも入手が可能だ。

 国交省は当面の対策として、同じ車で車検を繰り返す人がいれば
警察にすぐに連絡するよう同協会と全国の運輸支局に求めている。

【岐阜新聞】 
 http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20151118/201511180940_26130.shtml

猫車

【イメージ画像】
続きを読む

↑このページのトップヘ