タグ:公表

1:まとめらいぶ 2018/02/14(水) 22:22:06.975 ID:qAYzz+EWd
no title

引用元: 【画像】借金(奨学金)してんのに返済しないクズ人間出身大学ワースト10が公表される   

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/11/28(火) 12:59:59.92ID:CAP_USER.net
東レの日覚昭広社長は28日午前の記者会見で、子会社が製品の品質データを改ざんして
いた問題について「ネットの掲示板で書き込みがあり、それに関して何件か問い合わせ
があった」としたうえで「噂として流れるよりも内容を公表すべきだと考えた」とし、
この時期に発表した経緯を語った。

2016年7月に社内で発覚した問題を公表するまでに1年以上要したことについては「情
報の整理、顧客への説明に時間を要してこのタイミングになった」と説明した。

 日覚社長は「法令違反やリコール(回収・無償修理)、安全上問題がある場合には当
然、公表する」と説明。一方で「データ書き換えの内容から安全性には問題ないと考え
ている」と語った。

【日経QUICKニュース】
 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL28HPH_Y7A121C1000000/?nf=1
続きを読む

1まとめらいぶ2017/06/10(土) 22:11:10.86ID:CAP_USER.net
中の人は今年の3月、シャープの戴正呉社長が記者会見にて、平成29年(2017年)度の
ボーナス(年間一時金)を業績への貢献に応じて「1カ月~8カ月分」とすることを発表
した際に「わかり次第、公表しますね」と約束するツイートを投稿。そして6月9日、
自社の電卓で実際に計算した結果「2.69カ月分」だったことを公表しました。

 全社平均が何カ月分かは分かりませんが、公式Twitterアカウントでの活動はどう評価
されているのでしょうか……?

 公表後には「夢があるのかないのか、景気がいいのか悪いのか、なんともよくわから
ない世の中ですが、あるだけマシというしょっぱい空気が、ここ数年の私にはしっくり
きます」と内心をツイート。これにTwitterでは「もらえるだけマシ」とした部分に共感
する声が。

 ちなみにシャープの中の人はボーナスの公表後間もなく、流行のパワーワード画像
「5000兆円欲しい!」を投稿。この一連のツイートを見ていたタニタ公式Twitterに
「シャープさんロックだなあ」と当日のロックの日(6月9日)にかけてコメントさ
れる事態になっていました。



2.69ヶ月分でした。

@SHARP_JP
 https://twitter.com/SHARP_JP/status/873095109947961344

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170610-00000028-it_nlab-sci
続きを読む

1まとめらいぶ2016/09/14(水) 12:34:36.87ID:CAP_USER.net
トヨタは2ドアスポーツクーペ『86』の大幅マイナーチェンジに合わせ、
改良新型に採用された新技術の概要を公表した。
「アルミテープによる空力コントロール」を実現するというもので、
低コストながら操縦安定性の向上に大きく貢献するという。

車体が帯びた電気を、最適に配置したアルミテープによって効果的に放出、
これにより走行中の車体の空力バランスを部位ごとに変化させ、直進安定性、
回頭性などの向上に寄与しているそうだ。

より具体的には、空気は+(プラス)に帯電しており、クルマは走行することで
+帯電をしやすく、これにより車体まわりの空気を引きはがす力が働き、
空気の流れが乱れるため十分なエアロダイナミクス(空力)を
発揮することができない。

それをアルミテープによって放電し空気の流れを整えることで
タイヤ接地性の向上やロール制御、ヨースタビリティ、
操舵応答などに効果をもたらす、というもの。

response



続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/22(火) 23:32:44.40ID:BtvnRszR0.net BE:837857943-PLT(12931)
ホンダが、2016年に発売する新型『NSX』。同車の米国価格が公表された。

新型NSXは、軽量ボディのミッドシップに、新開発の直噴3.5リットル(3493cc)V型
6気筒ツインターボエンジンを搭載。このエンジンは最大出力500hp/6500-7500rpm、
最大トルク56.1kgm/2000-6000rpmを発生する。

高効率・高出力の3モーターハイブリッドシステム、
「スポーツハイブリッド SH-AWD」を採用。フロントにモーターを2個、
リアに9速デュアルクラッチトランスミッションと一体設計する形で1個、
合計3個のモーターをレイアウトした。モーターの最大出力が73hp。
システム全体で573hpのパワーを引き出す。

さらに、新型NSXでは、前輪の左右を独立した2つのモーターを使い、
四輪の駆動力を自在に制御するトルクベクタリングを可能にする
電動式4WDハイブリッドとなるのが特徴。前後の重量配分は、42対58。
アルミやカーボンファイバーなどの軽量素材の使用により、
車両重量は1725kgに抑えられた。最高速は、およそ307km/h。

12月18日、ホンダの高級車部門、アキュラは新型NSXの米国価格を公表。
ベース価格は15万6000ドル(約1900万円)に設定された。
受注は、2016年2月25日から開始と発表されている。

Response







続きを読む

↑このページのトップヘ