優勝 : まとめらいぶ

タグ:優勝

1まとめらいぶ2017/07/13(木) 19:03:29.13ID:0Nebw3Mq0 BE:886559449-PLT(22000)
11歳女子レーサーが「F1優勝」目指す…父の影響「怖いと言っていたらなれない」

 元F1ドライバーの野田英樹さんの次女、Juju(本名樹潤)が大舞台を目指して、
着実に歩みを進めている。「夢は日本人初の女性F1レーサーになって、優勝すること」
と愛くるしい笑顔を見せた。

 岡山国際サーキットがある岡山県美作市在住で、小学6年生の11歳。父の影響で、
3歳でレーシングカートを始めた。「抜いたり、抜かれたりが楽しかった」。昨年、
F4にデビューした。小学生がF4を走らせるのは、世界で初めてだったという。
ことし4月には同サーキットのコースレコードをマークした。

 速度200キロを優に超えるF4。重力加速度(G)による負荷もかかる。事故で
入院したこともあるそうで、周囲からは危険との声もあるが、「怖いと言っていたら
F1レーサーになれない」。

 タイムを縮めるためにコーナリングなどを磨き「苦手なところを直そうと頑張って
いる」と、1日に4時間もマシンを走らせることも。父の英樹さんは「とんでもない
レーサーになる可能性を秘めている。自分と比べても、よっぽど才能がある」と目を
細める。

 NODAレーシングジャパンに所属し、ミキハウスとも契約しているプロドライバー。
F1までの道は、長く険しい。だが、厳しいコーチでもある父と、「負けても、負けても
諦めない」と約束した。小さな体で大きな夢へ疾走する。

【産経 WEST】
 http://www.sankei.com/west/news/170713/wst1707130028-n1.html



続きを読む

1まとめらいぶ2016/02/13(土) 19:25:38.62ID:CAP_USER.net
2月11日に開催された『ストリートファイターV』完成発表会にて、
カプコン公式の「ミス春麗なりきり決定戦」が行われました。

この決定戦は、「ゲーム」「ポージング」「キック」の三部門で審査を行い、
最強の“春麗”を決めるというものです。

その優勝者がそもそも「春麗」ではなく、なぜか「ザンギエフ」だと話題に。

そこで本稿では、この「ミス春麗なりきり決定戦」をレポートします。



この完成発表会では、アレンジコスチュームやシーズンパスといったゲームに関する
新情報が公開されましたが、突如「ミス春麗なりきり決定戦」の開幕が宣言。

お笑い芸人「流れ星」の瀧上伸一郎さんが“春麗”になりきった姿で、
続いて同じく「流れ星」のちゅうえいさんがザンギエフのコスプレで現れ、
早くも波乱の流れを感じさせます。

そして、ゲーマーとしても名高い佐藤かよさん、
“春麗”コスプレには自信アリな倉持由香さん、
子供の頃に『ストII』で弟にボロ負けした過去を持つ日野麻衣さんが、
それぞれ魅力溢れる“春麗”姿を披露。

さらに「ミス春麗決定戦」なのに、
ザンギエフのコスプレで知られている清水泰地さんも、
お馴染みの“ザンギエフ”姿で登場します。



最初の審査であるゲーム部門では、
芸人であることを忘れたかのような瀧上さんが倉持さんに勝利。

またこれまでの経験と鍛錬を活かし、佐藤さんが日野さんに圧勝。

他の登壇者から「大人げない」とのコメントが多数飛び出す、
ガチ対戦ぶりが展開されました。



ポージング部門では、
“春麗”のキャラセレクト姿を演じた倉持さんや180度開脚を披露した日野さんなど、
持ち味を生かしたポージングに注目が集まり、ゲーム部門とはまったく逆の展開に。

さらにこのポージング部門では清水さんも参加し、
見事なダブルラリアットを披露します。





最後のキック部門では、ちゅえいさんを相手に“実際に”キックを繰り出す展開に。
キックボクシングの経験のある倉持さんや佐藤さんなどが、
強烈な蹴りをお見舞いします。

加えて、清水さんが瀧上さんにキックする……と思いきや、
しゃがみ大キックなどを高い完成度でお披露目。

さすがの再現ぶりです。



そして迎えた結果発表。登壇者曰く「昨今ないほどの接戦」を勝ち抜き
“ミス春麗”の栄冠に輝いたのは、なぜか“ザンギエフ”清水さん。

春麗要素はまったくないものの、会場のみならず生中継されていた
ニコ生のコメントでも、納得しきりという雰囲気が広がる
「ミス春麗なりきり決定戦」となりました。

トロフィーを掲げる姿は実に勇ましく、
優勝の二文字に相応しい風格だったことも付け加えておきます。

インサイド
続きを読む

1まとめらいぶ2015/11/11(水) 20:05:34.77ID:3SXVK3T30 BE:601381941-PLT(13121)
「くノ一」初の栄冠に瀧さん 伊賀流手裏剣打ち全国大会

手裏剣打ちの技術を競う「第七回伊賀流手裏剣打選手権大会」の本選が八日、
伊賀市上野丸之内の伊賀流忍者博物館であった。全国各地で予選を勝ち抜いた
四十人が出場し、初めて女性が優勝。純金製の手裏剣が贈られた。

「くノ一」として栄冠をつかんだのは龍順子(忍び名・おりょう)さん(21)。
「とにかく良い成果を出したいと思っていた。めちゃくちゃうれしい」。普段は佐賀県
嬉野市のテーマパークでショーに出たり、観光客に手裏剣指導をしたりしている。
「くノ一が活躍できる場が増えれば」と期待した。

大会は、直径三十センチの的に向かって、男性は六メートル、女性は五メートル
離れた先から手裏剣を打つ。当たる場所によって点数が異なる。五枚の手裏剣を
放ち、当たった合計点数(満点二百五十点)だけでなく、
所作や礼法も五十点満点で審査する。

予選は六月から九月まで伊賀や大阪、愛知、東京など七カ所で開かれ、
計二百八十三人が参加。本選には秋田県から佐賀県まで全国から
選手が集まった。最初に精神統一のための九字護守法(ごしんほう)
を唱えて集中し、勢いよく手裏剣を打ち込んだ。

二位の愛知県一宮市の会社員鬼頭孝典さん(43)には銀の手裏剣、
三位の横浜市の中学三年生野口晃希(野猿佐助)さん(14)
には銅の手裏剣が贈られた。

審査員長で博物館名誉館長の川上仁一さんは「よく練習しているのが伝わった。
手裏剣打ちがますます盛り上がって、世界にも広がってほしい」と話した。

競技と表彰の合間には、参加者が自由に演技をするパフォーマンスタイム
もあった。客席も忍び姿の人が多く、各地の忍者が交流を深めた。
伊賀流忍者サークル「伊賀之忍砦(しのびとりで)」の代表
福永真司さん(47)は「遠方から忍者がたくさん集まる機会はなかなかない。
民間レベルでもネットワークをつなげて、忍者を盛り上げていきたい」と話した。



贈られた手裏剣を手にする(左から)3位の野口さん、
1位の龍さん、2位の鬼頭さん=伊賀市の伊賀流忍者博物館で

【中日新聞】
 http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20151110/CK2015111002000012.html
続きを読む

↑このページのトップヘ