タグ:住宅ローン

1:まとめらいぶ 2018/11/30(金) 20:12:10.73 ID:CAP_USER9
鳴門市職員 飲酒運転で停職処分

【NHK NEWS WEB】
 http://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/20181130/8020003594.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

鳴門市の52歳の男性主任が酒を飲んで自家用車を運転したとして、
市は30日付けで、この主任を停職4か月の懲戒処分にしました。

懲戒処分を受けたのは、鳴門市クリーンセンター廃棄物対策課に勤務する52歳の男性主任です。

鳴門市によりますと、主任はことし9月、自宅で酒を飲んだあとに、自家用車を運転して
鳴門警察署に向かい、自ら飲酒運転を行った旨を伝えたということです。

警察は今月下旬にこの主任を飲酒運転の疑いで書類送検しました。

市の調査に対して主任は飲酒運転を認めた上で動機について
「住宅ローンなどの返済に不安があった。警察に捕まればローンを払わなくて済むと思った」
と話しているということです。

このため市はきょう付けで主任を停職4か月の懲戒処分にするとともに、
上司にあたる市民環境部長、環境局長、クリーンセンター
廃棄物対策課長の3人を文書での訓告処分にしました。

鳴門市の泉理彦市長は、

「本市ではことし5月にも飲酒運転を行った消防職員の懲戒処分を行ったばかりであり、
再び市民の信頼を大きく損ねてしまったことは大変遺憾であり、みなさまに深くおわび申し上げます」

と話しています。

市は来週にもすべての職員を対象に交通安全の研修などを開いて、
再発防止に努めることにしています。

廃棄物処理場

【イメージ画像】

引用元: 【現実逃避】鳴門市職員、飲酒運転し警察へ 「住宅ローンなどの返済に不安があった。警察に捕まればローンを払わなくて済むと思った」

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/11/07(火) 17:49:15.84ID:CAP_USER.net
粉飾決算を繰り返していたことが発覚したうえ、原発事業が巨額の赤字を
垂れ流したことなどもあり、経営危機に陥った東芝。その影響は、
社員とその家族たちにも及んでいる。

「あの人はどうしてボロボロになってまで東芝に執着するのか、わからないんです」

 そう語るのは、森田博美さん(仮名・40才)。18年前に10才年上の東芝社員である
夫と結婚した森田さんだが、当時、彼女の両親は「10才上の夫なんて冗談じゃない。
娘の老後が大変なことになる」とふたりの結婚に猛反対した。

「それでも夫の職業を聞くと、『そうか、東芝さんか。それなら年金や福利厚生も充分
だろうし、倒産もないだろうから、ぜひ結婚してくれ』と手のひらを返してOKが
出ました。私も結婚後は東芝ブランドを信じて安心して家庭に入り、
子育てに専念しました」(森田さん)

 夫婦の自宅は東京・板橋の両親の土地に建てた二世帯住宅で土地代がかからなかった。
その分を2人の子供に注ぎ込み、学習塾のほか、数学や国語の単科やピアノを学ばせて、
年間の習い事代はおよそ200万円に達した。現在は2人とも中高一貫の私立に通う。

 夫の年収は年功序列で上がり続け、森田さん一家は何不自由ない暮らしを送っていた。
しかし、不正会計発覚とともに生活は激変した。

「不正会計の発覚後、業績が悪化して会社から給与にまつわる『緊急対策』が組合に
提示されました。社員の雇用を守るため組合がこの提案を受け入れた結果、毎月の
収入が3万円減って、ボーナスが50%カットになりました。夫の年収は一気に
180万円も下がり、子供たちを私立に通わせる余裕がなくなりました」(森田さん)

 少しでも家計を助けるため、住宅ローンを安いタイプに変更しようとした彼女は
大きなショックを受ける。余裕で通過すると思っていた審査が通らなかったのだ。

「以前は金融機関で『夫は東芝です』と言えば、どんな審査でも間違いなく通して
もらえました。それなのに、今はまったく信用がなくなってしまったことは大きな
衝撃でした」(森田さん)

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171105-00000003-moneypost-bus_all

愕然

【イメージ画像】
続きを読む

↑このページのトップヘ