『2ちゃんねるまとめ』が中心の私日誌ブログです (。・∀・)ノ ♪ ソーシャルボタンありがとうございます。※ おしらせ : RSSの更新を致しました (。・ω・。):2017.11.20

      住宅

      1まとめらいぶ2017/07/21(金) 19:39:53.68ID:CAP_USER.net
      パナホームは20日、都市部の狭い土地でも空間を有効利用して二世帯が暮らせる3階建て
      住宅の新商品を発表した。地価の上昇が続く東京や大阪などでも眺望や日当たりといった快
      適さを追求するとともに、小さな屋根では難しかった太陽光発電の性能も高めた。

       郊外に比べて土地の限られた都市部では住宅の高さや形状に関する規制が厳しく、これま
      で3階部分を十分に活用できないケースもあった。新たな住宅では、手狭な土地でも屋根の
      形状を工夫することで3階部分に高い天井のリビングを実現。屋根の面積も広くし、太陽光
      パネルを設置できる枚数も増やした。

       国土交通省によると全国の3階建て以上の住宅のうち、2016年度の着工棟数の8割超
      が東京と大阪、神奈川、埼玉、愛知、兵庫、千葉、京都の8都府県に集中。パナホームはこ
      うした世帯の建て替え需要を取り込みたい考えで、3階建て以上の住宅の年間売上高を16
      年度の約800億円から18年度までに1000億円に引き上げることを目指す。



      【SB】
       http://www.sankeibiz.jp/business/news/170721/bsc1707210500005-n1.htm
      【【不動産】『パナホーム』新型3階建て住宅!狭い土地でも二世帯快適www】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/07/01(土) 09:11:56.13ID:CAP_USER.net
      首都圏の新築マンション市場は昨年から売上が鈍化し、マンション分譲各社は新規販売を
      抑制し、価格もできるだけ抑え気味にしていますが、それでも月間契約率は70%を切る低
      い水準で推移しています。

      といって、建築費や人件費などが高止まりし、地価が上がり続けている現在、価格を下げ
      るのも難しく、“打つ手なし”の八方ふさがりの状態に陥っています。

      それに代わって好調で、価格も上がってきたのが中古マンションだったのですが、それも
      最近は変調の兆しがみられるようになってきました。もう少し待てば、本格的な値下がり
      が始まるのかもしれません。

      中古成約件数が新築発売戸数を上回る
      このところの首都圏における新築マンションの停滞、半面での中古マンション人気を象徴
      するのが、市場規模の逆転現象です。図表1でわかるように、首都圏のマンション市場で
      は長く新築が圧倒的なシェアを確保してきました。市場規模でいえば2000年初頭までは
      中古は新築の半分以下だったのです。

      それが、08年のリーマンショック後には新築の発売戸数が激減し、13年に再び増加したも
      のの、そこをピークに再び減少しました。そのなかで、中古マンションの成約件数は安定
      的に増加を続け、ついに16年には両者の関係が逆転しました。

      15年の新築マンション発売戸数は4万449戸だったのが、16年には3万5772戸とバブル崩壊
      時以来の低水準まで減少したのです。それに対して、中古マンションの成約件数は15年の
      3万4776戸に対して、16年は3万7189戸で、新築マンションの3万5772戸を1000戸以上
      上回りました。



      首都圏のマンション市場においては中古マンションが主役の座に躍り出ようとしている
      わけですが、その最大の要因が新築マンション価格が上がり過ぎて売れなくなった点に
      あるのは論を俟ちません。15年の平均5518万円から16年は5490万円にわずかに下がり
      ましたが、この程度では平均的な会社員にとっては相変わらず“高値”の花です。

      厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、全国で最も年収の高い東京都でも16
      年の会社員の平均は606万円です。首都圏平均の価格は5490万円ですから、年収の高い
      東京都民でも年収の9倍以上です。しかも、都内で求めようとすると東京都の平均価格
      は6629万円ですから、年収の10.9倍にもなります。

      そこで注目されたのが中古マンションです。図表2でもわかるように、13年あたりから
      新築マンションが急速に上がり始めるまで、中古マンションは2500万円前後で極めて
      安定した動きを続けてきました。新築に比べて2000万円以上安く、たいへん魅力です。



      【ビジネスジャーナル】
       http://biz-journal.jp/2017/07/post_19644.html
      【【住宅】新築より2千万円も安い!首都圏の中古マンション、値下がり開始で『買い時』。】の続きを読む

      1まとめらいぶ2017/03/08(水) 11:06:59.46ID:CAP_USER.net
      【gigazine】
       http://gigazine.net/news/20170306-apis-cor/





      建築物を3Dプリンターで出力する試みが世界中で行われていますが、
      ロシアの建設用3Dプリンター開発企業「Apis Cor」は、建設現場に
      3Dプリンターを持ち込んで、無人の全自動で1日とかからず建物を
      3Dプリントすることに成功しました。

      これが、3Dプリンターを使ってわずか1日で建てられたコンクリート住宅です。
      これまでにも3Dプリンターを使って建物を作る試みは行われてきました。
      しかし、ほとんどの場合で住宅の一部をプリントアウトして組み立てる
      という方式が採用されていました。また、組み立て式の住宅の一部を
      作るために、屋内に設置された巨大な3Dプリンターが使われるのが
      一般的で……

      出力した「箱」は現地に運び、あらためて組み立てる必要がありました。
      しかし、Apis Corの3Dプリントハウスは現地でプリントアウトするため
      組み立ての手間が不要という大きな利点があります。建物の建築場所での
      3Dプリントを可能にしたのが、Apis Corが開発した特殊な3Dプリンター。
      建築材を出力するプリントヘッドが回転するようなデザインです。

      Apis Corの3Dプリンターはアーム部の全長が4メートルで高さは1.5メートル。
      重さは2トンと非常にコンパクトです。必要に応じて脚とアームが伸び縮みし、
      プリンター自体の高さは最高で3.1メートル、アームの長さは8.5メートルまで
      伸ばすことが可能で、最大で高さ3.3メートルの建物を「プリント」することが
      可能です。また、建築用のコンクリートをまぜるミキサーを筒の中に内蔵して
      います。コンパクトなマシンですが、1日に最大100平方メートルの建物を出力
      することができます。Apis Corが建物を作っている様子。アームが回転するため、
      一般的な住宅では難しい曲面の壁を出力することも簡単です。

      コンパクトな3Dプリンターはトラックで運搬することが可能。
      わずか1時間で組み立てて、建築作業を始められます。
      Apis Corの3Dプリンターは現地で建物全体を出力できるため、躯体を作る作業は
      人手は不要で完全に自動化できます。建築作業員のチームワークが必要とされる
      従来の製法に比べるとスピード、工期が早く、コスト面でも大きなメリットが
      あります。もちろん強度においても問題なし。わずか1日で住宅を建てる
      Apis Corの実験は、一面が雪に覆われたロシア・モスクワで行われました。

      気温はなんとマイナス35度。
      コンクリート材料を出力できるのは5度が限界なので、テントを使って解決した
      とのこと。なお、Apis Corによると現在開発中の複合樹脂材料が完成すれば、
      冬でも夏でも1年中いつでも住宅を3Dプリントできるように
      なる見込みだとのこと。

      外壁や内装には漆喰(しっくい)が用いられており、簡単に塗装できるようになっています。
      鉱物漆喰は断熱材としても機能します。KOROED製の内装材は高い密着性と透湿性があり、
      仕上げ作業に最適だとのこと。フラットな屋根ですが、耐雪性も十分。フラットなので
      シート加工が可能で、LOGICROOFのポリマーで覆われた屋根を覆うことで、耐久性も
      保てるとのこと。

      壁面には硬質ポリスチレンをベースにした断熱板が張られ隙間もロックウール粉末で
      埋められます。また、ポリウレタンの発泡断熱材で覆うことで、高い断熱性と気密性を
      実現しています。Fabrika Okon製の二重窓を設置。

      室内環境は一般的なコンクリート住宅と変わることはないとのこと。
      Apis Corがテストで建てた建物は床面積38平方メートルの平屋。
      建築コストは1万134ドル(約115万円)と激安。
      平米単価では275ドル(約3万1000円)この建築費用には基礎、屋根、内外装仕上げ、
      壁、窓、床、天井という建物の基本部分が全て含まれており、既存の工法で作られる
      一般的な箱形の住宅に比べて平米単価で223ドル(約2万5000円)も安く、
      45%も建築コストを抑えられるとのこと。
      【【建築】3Dプリンターを使ってわずか1日でコンクリートの住宅を建造することに成功!コストはわずか1万ドル】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/11/20(日) 09:28:50.51ID:CAP_USER.net
      今、若い世代に共通する感覚として、「職住一致」志向があります。ご存じのように、
      戦後には職場と住まいを分ける「職住分離」が進み、首都圏郊外には、都心へ通勤
      する人の住宅地を中心に発達したベッドタウンが広がっていきました。それ以前は、
      サラリーマンはもちろん、商店や工場で働く人も、自宅が店を兼ねていたり、住み
      込みで働いていたのですが、次第に職場と離れたところに住むようになったのです。

      しかし、その結果として働くお父さんたちが直面することになったのは、職場までの長距離
      通勤です。そして、毎日長い時間をかけて自宅と会社を行き来し、疲れ果てる親の姿を見て
      きた今の若い世代の中には、「自分はそういう生き方はイヤだ」と、できるだけ会社の近くに
      住みたがる人が増えたのです。そんな若者たちからの人気を集めている、面白い不動産
      会社があります。「EARLY AGE(アールエイジ)」という会社です。扱っているのは、狭いと
      7平米、いわゆる四畳半程度の小さな部屋。早稲田や蔵前、門前仲町など、大都心近くの、
      駅から近い立地を中心に展開しています。そこには、トイレとシャワー、洗面所と流し台を
      兼ねたシンクがあり下に洗濯機がはめ込まれています。部屋によっては、トイレの仕切り
      がない場合もある。一見、びっくりする間取りですが、空室が出ると
      すぐに埋まってしまうそうです。

      こんな狭い部屋に暮らせるのかって?それが、暮らせるのです。この部屋に住みたいと
      思う人たちは、スマホさえあれば生きていけるからです。冷蔵庫が置けなくても、コンビニが
      その役割を果たしてくれます。それよりも、とにかく会社から家に帰るまでの時間が惜しい
      ということのようです。通勤時間を極力短くして、早く寝たい、と。

      大きな会社があるような都心の近くで住もうとすると、当然ながら家賃の相場は高い。
      もちろん、おカネがある人はそれでもある程度の広さの家に住むのでしょうが、そうで
      なければ、住居の広さよりは会社からの近さを選ぶというわけです。とはいえ、この
      不動産会社が扱っている物件の場合は、狭くてもデザイナーズマンションなので、
      そこまで安くはありませんが…。これは、昔の苦学生たちがしていた四畳半暮らし
      とはまた異なる形態です。私はこれを、「新・四畳半暮らし」と呼んでいます。
      1970年代の四畳半暮らしは、地方から都会に出てきた若者たちが、
      おカネのない学生時代などを過ごす場所でした。

      しかし、生活が豊かになるにつれて、テレビを買い、ステレオを買い…と
      だんだんモノが増えていき、いずれ広い部屋に引っ越していきました。
      そして、家庭を持つと、郊外に出て家を買ったのです。

      【東洋経済】
       http://toyokeizai.net/articles/-/141803





      早稲田駅徒歩7分・4.2畳で家賃58000円。

      一人暮らしの男性中心に人気が高く、
      空室は2016年10月下旬現在でゼロだ。
      【【住宅】若者の間で四畳半暮らしがブームに『スマホさえあれば生きていける』】の続きを読む

      1まとめらいぶ2016/05/29(日) 21:21:25.09ID:CAP_USER.net
      irorio











      【vimeo】
       https://vimeo.com/156852806

      天然素材を使った環境に優しい段ボールの家をご紹介します。

      段ボールを重ねて基本構造づくりオランダ・アムステルダムの
      Fiction Factory社が考案、製作した「Wikkelhouse」です。

      まず天然木から段ボールを製作。

      もちろん伐採した後は植林して林の維持に努めます。

      ぐるぐると回る型で段ボールを重ね、環境に優しいスーパー
      グルーで貼り合わせて24枚重ねの家の形ができあがります。


      断熱性にも優れているそう。

      オランダ語で「包む」
      「Wikkelen」はオランダ語で包むという意味。

      段ボールを包むように重ねてつくるところから
      「Wikkelhouse」の名がついたそうです。

      段ボールの形に耐水性と通気性に優れた仕上げ加工を施し、
      さらにウッドパネルで保護しますからどんな天候にも耐えられると言います。

      メーカーによると、耐久性は最低100年とか。

      奥行き1.2mの基本構造を並べることにより、好きな大きさに設定できるのも特徴。

      後からその数を増減させることもできます。

      キッチンやバスルームなどの水回りも設置可能。

      既存の3倍環境に優しい
      公式サイトによると、既存の家屋の「3倍環境に優しい」そう。

      さらに各基本構造は何度も使えて、100%リサイクル可能だといいます。

      工場で形作って、建設地へ運びますが、1日あれば設置できるのも魅力です。

      どんな所にも置ける
      基本構造はそれぞれ500㎏ですから、通常の家屋のように
      基礎工事の必要がなく、森の中、海岸、庭、屋根など、
      どんなところにも置くことができます。

      景色に飽きたら移動も可能。

      インテリアも様々なデザインが考えられます。

      値段は25,000ユーロ(約306万円 )、運送・設置費は別。

      今は、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ドイツ、フランス、
      英国、デンマークの実の展開ですが、それ以外の国から
      代理店の申し出などもあり、今後他の国にも広がって
      いきそうな兆しです。
      【【住宅】1日で建ち、耐久年数100年!環境に優しい『段ボールの家』が登場。】の続きを読む

        このページのトップヘ