伝説 : まとめらいぶ

タグ:伝説

1:まとめらいぶ 2018/01/26(金) 21:32:13.22 ID:0WBEnsl40● BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典
突如として世の中から姿を消していた、伝説の日本人ユーチューバーSyamu(シャム)氏。

広島県出身。笑顔とノリノリのアクションが人気のユーチューバーで、世界中に多くの
ファンがいる。そんな彼が復活したのだから、ファンが歓喜しないはずがない。

・ひきこもり支援施設でボランティア活動
彼は2018年1月26日に突如として、代理人を立ててTwitterを開始。YouTubeも開始して
おり、いま現在は、ひきこもり支援施設でボランティア活動をしているとのこと。ユー
チューバーだった彼がボランティア活動をしていたとは驚きだ。以下は、Syamu氏のコ
メントである。

・Syamu氏のTwitterコメント
「お久しぶりです。シャムです。 僕は今、ひきこもり支援施設に通い、ボランティア活
動をしています。 主な活動内容は、喫茶店やバザー運営の手伝いなどをしています。 僕
は将来、ひきこもりの方やひきこもりを子に持つ親の支援をしたいと考えています」

「そこで皆様には、僕が現在通っている施設への寄付をお願いしたいです。施設の方の
承諾を得られるまでは、その施設名は伏せさせて頂きたいと思います。また後ほど詳細
をツイート致します」

・Syamu氏の代理人コメント
「アカウント立ち上げた者です。シャムさんの自宅付近で、偶然シャムさんと出会いま
した。団地一周後そろそろ引き上げようかなぁとしていた時、こちらを窺う小柄な男性
が・・。シャムさんだと分かった時は本当にびっくりしました」

「本人の希望でインターネットカフェに行き、復帰の予告をした次第です。何度も復帰
を考えていたそうですが、ネットの環境が無い上、インターネットカフェに行くお金も
無かったそうです」

「寄付については「自分の知名度を利用して、ひきこもりなど自分と同じ境遇にいる人
を支援したい」という本人の強い希望です。動画の収益も全て寄付するみたいです」

・収益がすべて施設に寄付される
なにより素晴らしいのは、彼のYouTube動画の収益がすべて施設に寄付されるとい点
だ。視聴者の我々にとっても、動画を見て楽しみつつ、施設に寄付できるというなん
とも嬉しい展開となる。

(以下略)

【buzz plus news】
 http://buzz-plus.com/article/2018/01/26/syamu/

no title

引用元: 【朗報】伝説の日本人ユーチューバーSyamu(シャム)が復活 / YouTube動画収益はすべて寄付する神っぷり

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/09/04(月) 08:18:27.08ID:CAP_USER.net
本日9月4日(月)に発売される「ジャンプスクエア 2017年 10月特大号」より、
ついに和月伸宏氏(ストーリー協力/黒碕薫氏)による新連載
『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』がスタート!

前作『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』の終了から18年、正当な続編となる本作では、
緋村剣心をはじめ主要な人気キャラクターも揃って登場。そして特別付録は、
「るろうに剣心 特製A5クリアファイル」(2号連続第1弾)となっています。

なお連載開始を記念して、スマホ用特設サイト「神谷活心流 門下生試験」が
8月31日(木)よりオープンしています。こちらもあわせてご紹介しましょう。



新連載『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』概要

かつて・・・、明治11年、東京に“流浪人”を名乗る剣客が流れ着いた。人斬りの罪を
背負ったその男は血塗られた刀を不殺(ころさず)の逆刃刀に持ち換え、神速の飛天御剣流を
以て多くの人々を救うべく、強敵・難敵と死闘を繰り広げた。そして明治 16 年、
新たな浪漫譚の舞台は北海道。

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』について
シリーズ累計6,000 万部を超える和月伸宏氏による漫画作品。1994年から 1999年にかけて
「週刊少年ジャンプ」で連載。TVアニメ化・実写映画化3部作など様々な形で
メディアミックスも行われています。

●和月伸宏プロフィール
1987年投稿作『ティーチャー・ポン』が第33回手塚賞佳作受賞。1992年、
『戦国の三日月』が「週刊少年ジャンプ増刊 1992年 spring special」に掲載され、
ジャンプデビュー。代表作のひとつである『るろうに剣心 ‐明治剣客浪漫譚‐』は
アニメ化、OVA化、映画化と幅広く展開され、海外でも高く評価されています。

発売情報
■ジャンプスクエア 2017年 10月特大号



【発売日】9月4日(月)
【特大号特別定価】610円(税込)
【判型】B5判

【10月特大号の見どころ】
新連載巻頭カラー『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』に加え、話題の新連載陣
『選択のトキ』『ド級編隊エグゼロス』『ひとりぼっち戦争』がセンターカラーで登場
のほか、単行本3巻が発売される『千早さんはそのままでいい』、最終回を迎える人気作
『大正処女御伽噺』もセンターカラーで掲載されています。

また、かつての緋村剣心と新作の緋村剣心のイラストを用いた特製の A5サイズ
クリアファイルが特別付録です。



▲付録「るろうに剣心 特製A5クリアファイル

【animateTimes】
 http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1504440854
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/08/14(月) 18:07:15.69ID:CAP_USER9.net
【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000055-zdn_n-sci
 タイトーは8月14日、1986年にファミコン向けに発売したアクションアドベンチャー
ゲーム「たけしの挑戦状」のスマートフォン版を、8月15日に配信すると発表した。
価格は840円(税込)。ファミコン版をリメークし、
新要素「あめりか」や「ひんたぼ語検定」を加えた。

 たけしの挑戦状は、ビートたけしさんが監修したアクションアドベンチャーゲーム。
サラリーマンの主人公が宝探しに冒険するストーリーで、理不尽な内容と難易度の
高さから“伝説のクソゲー”として知られる。

 リメーク版となるスマホアプリは、「たからのちず」「社長室」などファミコン版の
ギミックを再現しつつ、スマホの画面比率(16:9)に対応したほか、本編と関係ない
“寄り道”要素として、新成田空港から「あめりか」ステージに旅立てるようにした。

 あめりかでは、ブロードウェイや、多くのセレブや有名人が住む(?)タワーなどを
訪問でき、タワー最上階に上ると「有名人に出会えるかもしれない」という。
同ステージのBGMは、同社サウンドチーム「ZUNTATA」による新作で、
ファミコン風の8bitサウンドだ。

 新たに「ひんたぼ語検定」も実装。ゲームに登場する南の島「ひんたぼ島」の言語
「ひんたぼ語」の能力を測る検定で、「1級」~「10級」が認定され、
結果をSNSでシェアできる。

 ファミコン版発売から31年目にして初となる公式グッズも発売。「社長室」や
「スナックあぜみち」などをあしらったTシャツと、ゲームオーバー時のグラフィックスを
採用したマイクロファイバータオルを発売予定だ。発売日や販路などは今後、
Webサイトで発表する。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2016/09/01(木) 15:13:30.30ID:4YiG0CUO0.net


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ