タグ:企業

1まとめらいぶ2017/04/16(日) 16:15:22.92ID:CAP_USER.net
米IBMの人工知能(AI)型コンピューター「ワトソン」を使ったサービスやソフト
ウエアの関連売上高が日本円換算で年1兆円に達したもようだ。

技術開発で先行し、顧客の業務改善を促すコンサルティングのツールとして使うことで
AIビジネスの初期市場で圧倒的な存在感を放つ。

ただ競合の追い上げは激しい。先行者利益をどこまで保てるのか。

米最大の税務サービス会社H&Rブロックは今年から確…

【日本経済新聞】
 http://www.nikkei.com/article/DGXLZO15370140W7A410C1EA4000/?dg=1

株(最安値)

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2017/03/20(月) 20:21:28.17ID:CAP_USER.net
【newsphere】
 http://newsphere.jp/business/20170316-3/



 毎日出社をして人生の多くの時間を過ごす職場環境は、仕事のモチベーション
や生産性に関わる大切な要素だ。しかし、どれだけの人が自分の職場環境を気に
入っているのだろうか。オフィス家具メーカーの米スチールケース社は、従業員
エンゲージメントと職場環境の相関関係について世界20ヶ国(14,903人、従業員
数100人以上の企業)のワーカーを対象に調査し、「世界のエンゲージメントと
職場環境実態」というレポートを公開した。従業員エンゲージメントとは、従業
員が企業の目標達成に向けて、自発的に自らの力を発揮し貢献しようとすること。
それによって従業員も成長するという考え方を指している。

 調査の結果、日本は従業員エンゲージメントと職場環境満足度がそれぞれ最低
であり、日本人はどの国よりも職場環境に不満があり、会社へのエンゲージメン
トが低いことがわかったという。ワーカーの居住国やその文化的背景、期待度が、
エンゲージメントレベルや職場環境への満足度に大きく影響しているようで、
エンゲージメントは新興国ほど高くなり、先進国は低くなりがちだ。

 職場環境満足度に関わる調査結果を紹介しよう。オープンな執務スペースで仕事
をしている割合は、世界平均は23%であったのに対して、日本は78%と非常に高か
った。島型対向式レイアウトが日本では一般的であることが影響しているようだ。
オフィス外で仕事をする機会が全くない割合は、世界平均は55%に対して、日本は
94%と非常に高い。オフィス外で仕事をする機会もなく、就業時間中はずっとオー
プンな執務スペースで常に同僚からの視線を感じながら働いているという日本の職
場環境は、確かに満足度が高くなりにくいように思われる。

 エンゲージメントに関わる調査結果については、「仕事に行くのが楽しい」や
「自分の会社を推奨できる」といった項目に肯定的な回答をしている割合は著し
く低い。一方、約半数(52%)は「同僚との連帯感を感じる」と答えており、こ
れは世界平均値の76%よりも低いものの日本のエンゲージメント指標の中では最
も数値が高い項目だ。また、約3分の1は「職場が楽しく落ち着ける」と答えてお
り、これは世界平均を超えるもので、おそらくは集団における秩序や調和を重視
する日本的文化も起因していると分析されている。

 職場環境は経済の成熟度や、国土の広さ、ビジネスの習慣・文化といった様々な
要素に影響されるようだが、職場環境を取り巻く日本の労働環境は改善点が多くあ
るだろう。長時間労働の改善に社会が本腰を入れて取り組みをしているが、労働時
間と合わせて労働する環境にも目を向けて、ワーカーが生き生きと職務にあたるこ
とができる環境作りが求められるのではなかろうか。この調査は、そうした改善が
ワーカーの会社へのエンゲージメント向上につながる可能性を示唆しており、これ
は重要な経営課題でもあるはずだ。
続きを読む

1まとめらいぶ2017/01/20(金) 11:06:34.95ID:CAP_USER.net
【朝日新聞】
 http://www.asahi.com/articles/ASK1M66B1K1MULFA02Y.html

「きみ、入社したら残業や休日出勤はできる?」

 採用面接の際にこんな質問をしている企業が3割超にのぼることが、
労働組合の中央組織・連合の調査でわかった。大半の企業は男女を
問わず質問しているが、連合は「結果的に、残業しにくい人が多い
女性を採用しないことにつながりかねない」と問題視している。

 調査は、新卒採用や転職時の就職差別の実態を調べる目的で、
昨秋に加盟する組合を対象に実施。3648組合から回答を得た。

圧迫面接

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2016/12/13(火) 19:18:52.50ID:CAP_USER9.net
◆ ローソンとパナソニック、「無人レジ」の実証実験を公開

コンビニ大手のローソンとパナソニックは、コンビニでのレジ打ちや
袋詰めを自動で行う、「無人レジ」の実証実験を公開しました。

ローソンとパナソニックが開発したのは、「レジロボ」と名づけられた、
無人のレジシステムです。買い物かごに商品のバーコードを読み取る
センサーがついていて、客が自らバーコードを読み取らせます。

精算が終わると、かごの底がスライド式に開いて袋詰めも自動で行います。
ゆっくりと袋詰めするので、卵も割れません。

「レジロボ」を1台導入すると、店の仕事をおよそ1割削減できる見通しで、
ローソンは2018年度以降の本格導入を目指しています。

一方、海外では、更に進んだ試みが始まっています。
アメリカの通販大手のアマゾンが運営するコンビニの映像です。

店に入ってきた男性。商品を手に取ると、そのまま店を出て行ってしまいました。
次の女性は、自分のバッグに次々と商品を入れていきます。

一見、万引きしているように見えますが、違うのです。
そもそも「レジ」がないコンビニなのです。

どうやって支払っているのかですが、まず、入店する際に、客はゲートにスマートフォンを
かざします。店内では客がどんな商品を取ったのかカメラやセンサーなどが検知して、
逐一、スマホの専用アプリに情報を集めます。

やっぱり棚に返すという動きも、全て認識できるということです。
店を出る際に、スマホのアプリが商品の合計額を計算し、
クレジットカードで代金が決済されます。

この店はアマゾンのアメリカ本社の1階にあり、既に社員向けに営業が始まっていて、
来年1月には一般の人も利用できるということです。

写真:



【TBS News i】
 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20161212-00000061-jnn-bus_all
続きを読む

1まとめらいぶ2016/11/17(木) 18:11:30.48ID:CAP_USER9.net
電通 社員心得「鬼十則」手帳への掲載取りやめ検討

大手広告会社、電通は、新入社員だった女性が過労のため自殺した問題を受けて
「取り組んだら『放すな』、殺されても放すな」などの言葉が記されている社員の心得
「鬼十則」について、社員手帳に掲載するのを取りやめる方向で検討していることが
関係者への取材でわかりました。

「鬼十則」は、電通の中興の祖と言われる4代目社長の吉田秀雄氏が65年前の
昭和26年に作りました。「仕事はみずから『創る』べきで、与えられるべきでない」とか、
「『難しい仕事』を狙え、そして、これを成し遂げるところに進歩がある」など
10項目からなり、社員の心得として今も社員手帳に記されています。

一方、「取り組んだら『放すな』、殺されても放すな」とか「周囲を『引きずり回せ』」などの
言葉が過労死を招くような企業体質につながっているという批判もあり、電通に去年
入社し、過労のため自殺した高橋まつりさん(当時24)の遺族も
手帳に掲載しないことなどを求めています。

関係者によりますと、こうしたことを受けて、電通は来月全社員に配付する予定の
来年の社員手帳に「鬼十則」を掲載するのを取りやめる方向で検討しているということです。

電通は「今月発足させた労働環境改革本部を中心に全社的な変革を進めており、
『鬼十則』の取り扱い方も含め、企業風土全体の改善に向けた検討を進めています」
とコメントしています。

■ 遺族「命より大切な仕事はありません」

過労のため亡くなった高橋まつりさんの母親の幸美さんは、今月行った講演の中で、
電通の「鬼十則」について触れていました。幸美さんは「有名な社訓には
『取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは…』とあります。
命より大切な仕事はありません」と訴えていました。

【NHK NEWSWEB】
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161117/k10010772881000.html

自暴自棄

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2016/10/28(金) 14:54:54.00ID:CAP_USER.net
東洋経済オンラインは上場企業約3600社を対象に各社の30歳社員の年収を推計。
全国7地域(北海道・東北、東京除く関東、東京、中部、近畿、中国四国、九州沖縄)
に分けてまとめた。

これまで「東京都トップ500社」「東京都ワースト500社」「近畿583社」「中部431社」
「東京除く関東323社」「地方に本社置く297社」「全国トップ500社」の30歳年収
ランキングを紹介してきたが、最後に全国ワースト500社のランキングを公開する。

企業や読者の一部から「トップ500でランキングをすると、まるで500位が
低いように見える」「給料の高い会社ばかりではなく、高くない会社の
情報も知りたい」という指摘があり、それに応える狙いもある。

『会社四季報』の本社欄に掲載した本社所在地が各地域の会社のうち単体
従業員数が20人に満たない場合や平均賃金の発表がない企業は原則除いて
集計した。各社直近の有価証券報告書の公開データと、厚生労働省が
調査・公表している「平成26年度賃金構造基本統計調査」の5歳刻み賃金額
(所定内給与+賞与)から業種分類ごとに賃金カーブを算出し、それを各
企業の平均年収と年齢に当てはめて試算した。あくまで理論的に割り出した
推計値ながら、一定の目安となるはずだ。

グループ企業については、全体で連結ベースの年収を算出するのがベストだが、
基データとして使用している有価証券報告書のデータが単体会社のものであるため、
単体の年収数字となっている。本社の中枢機能を担う社員しかいないケースが多く、
年収が製造現場などの実態より上振れる傾向にある純粋持ち株会社も一部除いている。

400万円未満の上場企業は787社
30歳推計年収が300万円未満の上場企業は74社、本ランキングではすべて紹介
できないが、400万円未満で見ると787社に上る。「全国トップ500社」で紹介したような
高給企業と比べると、利益率の高くない事業を手掛けていたり、業績が苦しかったりと
生涯給料が高くない会社の事情はそれぞれだ。

ただ、会社によっては専門職や定年後の再雇用社員などを集計対象に含み、
平均年収や平均年齢との関係から、いわゆる正社員の平均的な実態と
乖離がある場合もありえる点には注意いただきたい



【東洋 経済】
 http://toyokeizai.net/articles/-/142044
続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/12(土) 20:03:38.56ID:CAP_USER*.net BE:777698688-2BP(1000)
 セイコーエプソンは、使用済みのオフィス用紙から新しい紙を生産することができる
オフィス向けの製紙機「PaperLab(ペーパーラボ)」を開発し、10日、東京ビッグサイト
(東京都江東区)で開催中の環境展示会「エコプロダクツ2015」の
エプソンブースで公開した。

 一般的な製紙工程では水を使用するが、同機は水を使わず紙を再生産できる
世界初の製紙機。水を使わずに製紙できる同社独自技術「Dry Fiber Technology
(ドライファイバーテクノロジー)」を採用。一般的な工程では、紙を溶解する際などに
水を使用するが、同機では水を使わず紙を繊維化して結合、成型して新しい
紙を生産できる。2016年内に商品化の予定だ。

 金融機関や自治体など、コピー用紙などを大量に使う企業などへの導入を
想定している。一度プリントなどで使ったオフィス用紙をPaperLabに投入すると
約3分で新しい紙ができあがる。A4用紙なら1分間に約14枚、就業時間である
8時間稼働させれば6720枚の紙をオフィスでつくることができる。
原料として使用できる紙は一般のA4、A3のコピー用紙だ。

 使用済みの紙を繊維までに分解するので、
プリントされた機密文書情報などを完全に抹消できることも特徴。

 同社ブースでは、同社の碓井稔社長がデモンストレーションを実施。
「オフィス内で紙を再生することにより、これまでのリサイクルの輪が小さく、
シンプルになる。お客様は新しい紙の調達量を減らすとともに、
これまで必要だった輸送CO2(二酸化炭素)の削減も期待できる」
とメリットをアピールした。

 PaperLab の開発は、2011年から社長直轄プロジェクトとしてスタート。
プリンタメーカーであるセイコーエプソンが、紙を消費するだけでなく、
紙の再生サイクル事業にも踏み出したわけだ。

 PaperLabを開発した同社は、「企業がコミュニケーションを行なう上で、
紙は欠かせない媒体で、オフィス用紙の消費量は減少していない。一方で、
大量の機密文書を管理したり、適切に抹消したりするためのコストが増加
している。当社は、紙を使って業務効率を高めたい企業に対して、世界初
となるスマートサイクル事業を提案する。プリンティング文化を大きく
発展させるとともに、循環型社会の活性化を目指す」と述べた。

 これまで紙資源の再生は、オフィスから廃棄される紙を回収業者が回収して
再生工場に運び込み、再生紙を作り、それをオフィスで再利用するという循環が
必要であった。PaperLabを使えば、社内だけで紙を再生することから、
シュレッダーにかけた機密文書などを回収業者に出す必要がなくなり、
情報漏洩防止などに関してもメリットがある。また、紙の購入量を削減できる。

(編集担当:吉田恒)



PaperLabは、幅2.6×奥行1.2×高さ1.8mとかなり大きい。
設置するスペースを確保できる企業にとってメリットは大きい。
動作音は中型のシュレッダー程度で「70dB以下には抑えたい」という。
当面、国内販売に限定。大手企業や金融機関、
官公庁、自治体などをターゲットに販売する予定。

価格は未定

【Economic News】
 http://economic.jp/?p=56194
続きを読む

1まとめらいぶ2015/10/17(土) 12:49:04.74ID:???*.net
オートックワン 配信

Yahoo! ニュース

VW不正問題で、日本の業界図を変えつつあったマツダの
スカイアクティブ・ディーゼルも心配されたが、それは全く問題ないようだ。

元気なマツダは次の動きを早速見せようとしている。

今月28日(プレスデー)から開幕する
東京モーターショー2015で出展する「マツダ スポーツカーコンセプト」は、
次世代のスカイアクティブ・ロータリーエンジン搭載を前提とした
コンセプトモデルだというのだ。

これまでマツダの小飼社長は、次世代ロータリーエンジンの話題に話が及ぶと、
「今のところ出す計画は全く無い」と発言してきた。しかし、
ここに来てその言葉が徐々に変わってきている。

とはいえ、ある一定のレベルに達すればというのが復活への大前提だ。

マツダのエンジニアにとって、ロータリーエンジンというのは特別な存在。
世界一の圧縮比を実現したスカイアクティブ・ディーゼルエンジンができたのだから、
スカイアクティブ・ロータリーも間違いなく作り上げることだろう。

2017年、マツダのロータリーエンジンは50周年を迎える。
ここに合わせ何かある可能性が高い。

2014年12月にトヨタから発表された燃料電池車のMIRAI(ミライ)が
一般向けに発売され、国内外から大きく注目されたのは記憶に新しい。
そのトヨタとマツダは5月に提携発表を行った。

昔から水素燃料とロータリーとの組み合わせは有利といわれてきた。
次世代自動車へ加速する自動車業界にあって、この辺りの水素
ロータリー研究開発もトヨタとの提携によって一気に進む可能性もある。

ロータリーエンジン復活へのカウントダウンが始まったのは間違いない。

まずはどんなロータリースポーツカーのコンセプトモデルが登場してくるのか、
東京モーターショーを楽しみにしてみたい。

画像 次世代RENESIS(ロータリーエンジン16X)(2007年)

続きを読む

↑このページのトップヘ