タグ:今年

1まとめらいぶ2017/11/04(土) 17:43:13.74ID:CAP_USER.net


2017年11月2日から2日間の日程で開催されるイベント「TREND EXPO TOKYO 2017」
に合わせ、月刊情報誌「日経トレンディ」が「2017年ヒット商品ベスト30」と「2018年
ヒット予測ベスト20」を発表した。ヒット商品ベスト30は「売れ行き」「新規性」
「影響力」の3要素からヒットの度合いを評価し、独自にランク付けしたもの。
同誌が1987年の創刊以来、毎年12月号で掲載してきた恒例企画だ。

2018年、ヒット商品のトレンドはどうなる?
日経トレンディが来年ブレイク間違いないと予想する「2018年の顔」として選出された
のが、「おかあさんといっしょ」(Eテレ)で「うたのおにいさん」を9年間務めた俳優
の横山だいすけさん。現在はミュージカルやテレビドラマ、テレビCMなどで
幅広く活躍している。

 続いて「2018年ヒット予測ベスト20」が発表された。このランキングは、これから
来年にかけて登場する商品やサービス、施設からベスト20を選んだもの。売り上げ
だけでなく業界への影響度、消費者へのインパクトも考慮し、総合的に評価した。

 横山さんが気になったというのが、7位の「走って戦うジュニアシューズ」。見た目は
普通のシューズと変わりないが、内部に加速度センサーが搭載されており、走った距離
や速度などのデータがスマホに転送されるとゲームが進んでいく仕組み。走れば走る
ほどゲームが進むので、自宅でゲームに没頭しがちな現代っ子を外遊びに駆り出せる。

 1位となったのが「マルチAIスピーカー」。「編集部では“2つのマルチ”という要素に
着目した。1つは“マルチAI”で、1つの本体から複数のAIを呼び出せるようにすることで、
あたかも専門家に尋ねたように料理や音楽などの事柄が検索できる。もう1つが“マルチ
スピーカー”。スピーカーは一家に1台が当たり前になったが、これからは1人に1台に
なる。子ども部屋で寝ている子どもを起こしたい際、スピーカーを指定すれば子ども
部屋だけにアラーム音を鳴らせる」(佐藤編集長)。

【日経トレンディネット】
 http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/110201008/?P=3
続きを読む

1まとめらいぶ2016/04/24(日) 09:29:59.48ID:CAP_USER.net
【マイナビ ニュース】
 http://news.mynavi.jp/news/2016/04/22/208/

クリエイティブジャパンは4月22日、今年のゴールデン
ウイーク(GW)についてのアンケート結果を発表した。

調査は4月16日~20日、有職者868人を対象にインターネットで行われた。

GWの予定を聞いたところ「まったく決まっていない」と
回答した人(44.6%)が最多だった。

今年のゴールデンウイークは「間の平日を休めれば10連休も可能」と話題だったが、
4月29日~5月8日の10連休が取れていると回答したのは僅か6.3%。

「予定はすべて決まっている」と回答した人のうち、
3割がその予定は「仕事」であると回答した。

GWの前後も含めたこの13日間で、
「休みが1日しかない」人も19.8%いた。

「特別外出するつもりはない」と回答した人(27.2%)にその理由を聞くと、
「どこに行っても混雑しているから」という回答が最も多く40.0%、
「もともと休みにあまり外出をしない」が24.2%となった。

休日

【イメージ画像】
続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/29(火) 17:09:04.99ID:CAP_USER.net
forbes japan】 

最近の新型モデルは、かつての車とはかなり違っている。

もちろん、良い意味で異なっている。

本当にひどくダメな車がディーラーの店頭に並ぶことは、非常に珍しいことになった。

だが、なかには信頼性に疑問符が付き、再販価値が低くなる
ものや、時代遅れのデザインや技術を採用しているものもある。

現在の平均的なモデルはより高水準のパフォーマンスを実現しており、より安全で、
快適性を提供するためのより多くの装備を提供し、
かつてないほどの耐久性を実現している。

鋭い目を持つ買い手なら、苦労して稼いだ結果やっと購入する
ことに決めた新車には、予算内で最高と思えるものを選びたいはずだ。

そこで我々は、複数の情報源から入手したさまざまなデータを
入念に分析し、「購入を避けるべき13モデル」を選定した。

消費者団体「コンシューマーズ・ユニオン(CU)」が発行する
「コンシューマー・リポート(CR)」のロードテストの結果と顧客
満足度のスコアが平均以下のモデルを特定。

さらに、CRに掲載された読者の意見も反映させた。

また、調査会社JDパワーがまとめた顧客満足度に関する調査結果、
中古車情報サイトのオートモーティブ・リース・ガイド(ALG)
が公表している再販価格も加味した。

ちなみに、自動車価格情報サイトのケリー・ブルー・ブック(KBB)によると、
米国では中古車の平均価格が3万3,871ドル(約384万円)。

平均的なモデルは新車購入5年後の再販価値が新車価格の35%となっている。

自動車とトラックのうち、2016年の再販価格が最も高いモデルは、
新車購入3年後と5年後の販価格がそれぞれ、60%以上、50%以上だ。

以下、公表済みのデータをまとめ、その結果から
推定した「購入をお勧めしない」13モデルを挙げた。

これらは、新車購入3年後の売却価値(再販価値)が新車価格
の半額以下、5年後に3分の1以下に下がると見込まれている。

・ アキュラ RLX
・ キャデラック ATS
・ クライスラー 200
・ シボレー サバーバン
・ ダッジ ジャーニー
・ フォード フィエスタ
・ フォード フォーカス
・ ダッジ ダート
・ インフィニティQ50
・ ジープ チェロキー
・ ジープ コンパス
・ ジープ パトリオット
・ 日産 パスファインダー

アキュラ



インフィニティ

続きを読む

1まとめらいぶ2016/03/02(水) 09:48:13.92ID:CAP_USER.net


iPhoneやAndroidスマートフォンのアプリケーション。

使う人がたくさんお金を払っているのはどれだろう。

アプリに関する調査会社App Annieが2015年における世界の状況をまとめた。

相変わらず「モンスターストライク(モンスト)」など日本のゲームは好調だ。

App Annieが公開したのは、
アプリを出している企業のうち特に高い収益を上げているところはどこか、
というランキングだ。52位まで番付にしているが、上位はゲーム関係が目立つ。

まずトップは「クラッシュオブクラン(クラクラ)」などを出しているSupercell。

フィンランドの企業だが、日本のソフトバンクグループが出資している。

2位は「キャンディークラッシュ(キャンクラ)」などを出している
英国のKing Digtal Entertainment。

3位はモンストを手掛けるmixiで、前年の8位から急上昇している。

4位には「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」の
ガンホー・オンライン・エンターテイメント、5位にはLINEと続く。

App Annieによる2015年のランキングに入った企業にはなじみの顔が多く、
各社のアプリは長寿化しているという。また日本を含むアジア勢が過半数を占め、
多くの人に対しゲームなどにたくさんお金を使わせている状況だ。

一方、2015年に新たにランキング入りした企業をみると、ゲーム以外では
音楽アプリのSpotify、Pandora、出会い系アプリのInterActiveCorpなどが
目を引くそう。

アプリ内課金とサブスクリプションによる収益化に成功しているとか。

このランキングは2015年1月1日―12月31日の期間、
App StoreやGoogle Playでの収益を合計して算出している。

アプリ内広告やアプリストア外のサブスクリプションによる収益は含まれていないという。

【app annie】
 http://jp.blog.appannie.com/app-annie-52-top-app-publishers-2015/

INTERNET COM
続きを読む

↑このページのトップヘ