タグ:人生

1:まとめらいぶ 2018/09/25(火) 17:35:08.90 ID:CAP_USER9
【マネーポスト】
 https://www.moneypost.jp/322137

no title

定年後のアルバイトで起きやすい事故と職種

 人生100年時代を迎え、定年後の家計のやり繰りはどんどん難しくなっている。年金や退職金の備え
だけでは不安だからと、「アルバイト」に精を出す60歳以上も多い。なるべく負担が少なくて、
稼ぎがいい仕事を、そんな探し方をする人が大半だが、そこには「危ない仕事かどうか」という
視点が抜け落ちていないだろうか。

「郵便受けに“お知らせ”を投函するだけで、週にいくらかもらえるなら……」
 と考えて広報誌配布のアルバイトを始めた82歳男性。配布先の家屋の石段を上っている最中、
思いがけずバランスを崩して背後に倒れ、そのまま帰らぬ人に。
 この一件は今年7月、実際に発生した死亡事故だ。

 原則60歳以上の会員に業務の斡旋などを行なうシルバー人材センター
(2018年3月末時点で会員約71万人)によると、2017年度に起きた事故件数は5701件
(死亡事故含む)。NHKが調査したアンケートの報告によれば、4年で6.5倍の数に増えている。

 最も多い事故は
「転倒」(1783件、うち死亡3件)で、
以下「蜂、犬、蛇等に刺される、噛まれる」(956件、うち死亡1件)、
「墜落、転落」(928件、うち死亡12件)、「交通事故」(471件、うち死亡7件)、
「切れ、こすれ」(424件)
と続く。

 いずれも背景には加齢に伴う問題がありそうだ。

「会員の平均年齢は72歳で、筋力や敏捷性といった身体能力が低下しており、足が滑る、
躓くなどのアクシデントに対応できません。それゆえ骨折や入院に至るケースも珍しくない」
(全国シルバー人材センター事業協会の福島孝・事業部長)

 自分の体を守るため、事故の実態を知る必要がある。

※週刊ポスト2018年10月5日号

引用元: 【人生100年時代】定年後アルバイトの事故は年5700件 転倒、刺される、噛まれる…4年で6.5倍/シルバー人材センター

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/02/14(水) 18:45:21.28 ID:jMwXkc+WdSt.V
毎年死にたくなるわ

バレンタイン

引用元: 【悲報】ワイ38歳、人生でバレンタインチョコ貰ったことがない

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/01/15(月) 18:56:46.452 ID:V+aQaV0D0
2体で3万もしたわ

no title

no title

引用元: 【画像】人生で初めてフィギュア買ったったwwwwwwwwwwww

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶNG NG BE:232392284-PLT(12000).net

NESTOが団長安田のトライアスロン競技をサポート 

カーボンロードバイクを共同開発

 ホダカが展開するスポーツ自転車ブランド「NESTO」(ネスト)が、
トライアスロン世界選手権出場を目指す「安田大サーカス 団長安田」
こと安田裕己さんとスポンサー契約を結び、競技サポートを
開始したことを明らかにした。



【cyclist】
 http://cyclist.sanspo.com/356592

シルキーな乗り心地で山も簡単に登れて凄すぎwwww
続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/27(日) 18:11:59.56ID:NdBrAiaz0 BE:488538759-PLT(13931)
「大人のひきこもり」という言葉が注目されているのか、
取材や講演などの依頼が増えている。

筆者は約18年にわたって「ひきこもり」界隈を追いかけているが、
毎日、当事者たちからメールが届く。

ここ数年は、40代以上の相談が増えている実感がある。しかし、
こうした現実は、多くの人に「見えていない」ためか、意外に知られていない。

ひきこもりが長期化・高年齢化

「大人のひきこもり」とは、いったい何なのか。
とくに心を動かされるのは、自宅から出られない、姿の見えない本人たちからの
SOSを求めるメールだ。「生きていても社会に迷惑がかかるだけ」「死にたい」
などと訴えてくる人も少なくない。

ひきこもり状態に陥るのには様々な理由がある。例えば、いじめや体罰、暴力、
受験、就職活動の失敗、失業、事件事故、災害、親の介護、病気などだ。

「ひきこもり」は、誰でも起こり得る状態であり、誰にとっても決して他人事ではない。
だから、大事なのは、なぜそうなったのかではなく、
どうして抜けられないのかという検証だ。

学校や社会などでさんざん傷つけられてきた当事者たちは、
「もうこれ以上傷つけられたくない」し、自分も「他人を傷つけたくない」などと、
自分の生命や尊厳を防御するために、場面回避を繰り返して撤退していく。
やがて、生きる意欲や意義さえも失い、あきらめの境地に至ってしまった人たちだ。

しかし、メールを出してくれるということは、こうして様々な理由であきらめてしまった
人たちが、再び社会との関係性をつくろうとして、ワンチャンスとの思いで
勇気を出して動き出そうとしている証しでもある。

Yahoo! ニュース
続きを読む

↑このページのトップヘ