タグ:交差点

1:まとめらいぶ 2019/09/09(月) 08:00:23.41 ID:TSg+At/L
ドライバーなら必ず目にする道路交通標識。数多くの標識が存在しているが、
今回取り上げるのは「指定方向外進行禁止標識」だ。

「矢印標識」とも呼ばれ、表示板が示している方向以外への車両の侵入を禁止する。
一般的に1~2方向を示す矢印標識が多いが、中には走行中に突然出てきたら思わず
二度見してしまうようなものがある。

それがこちらだ。

no title

異形矢印標識研究(@Futoozutsumi)さんのツイートより
 https://twitter.com/futoozutsumi/status/1165581097553391623?s=21

侵入できる方向が縦、横、斜めで5方向にも伸びている。一体どんな道路なのか。

外環の下道ゆえ...

こちらは、一風変わった矢印標識を紹介するサイトを運営している異形矢印標識研究
(@Futoozutsumi)さんの投稿だ。

先に紹介した写真以外にも、同じ交差点に4枚この矢印標識があるようだ。
4つの標識どれもややこしさを感じてしまう。

標識なのに新鮮さすら感じる。

no title

異形矢印標識研究(@Futoozutsumi)さんのツイートより

なぜ、このような標識になっているのか。投稿によると、
この標識があるのは埼玉・八潮市の「八潮八条」交差点だという。

no title

八潮八条交差点 (C)Google

こちらはGoogleマップで上空から見た交差点。国道298号に県道29号、102号、
八潮団地通りが交わる場所だ。上には東京外環自動車道が通る。

地図で見るとかなり分かりやすくなる。
上の地図は県道29号線三郷方面から交差点に進入する向きだ。

この場合に侵入できる方向を矢印で示すと以下のようになる。

no title

八潮八条交差点 (C)Google

侵入できる方向は5つ。そしてこの向きに設置されている標識がこれだ。

     ===== 後略 =====

【Jタウンネット】
 https://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/294151.html

引用元: まさに初見殺し... 埼玉の交差点に設置された標識が複雑すぎて泣きそうになる

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/04/16(火) 12:55:01.00 ID:q9NKpvNC9
埼玉県久喜市で、赤信号の交差点に進入したパトカーがトラックと衝突しました。
パトカーは信号無視をした別の車を追い掛けようとしたところでした。

16日午前6時45分ごろ、久喜市の交差点で埼玉県警のパトカーが赤信号を直進しようとして、
右から来た中型トラックと衝突しました。

パトカーは交差点で信号待ちをしていたところ、信号無視をした別の車を発見して赤色灯をつけ、
サイレンを鳴らして追跡を始めたところでした。パトカーはボンネットが大きく壊れましたが、
乗っていた警察官2人とトラックの運転手にけがはありませんでした。信号無視をした車の行方は
分かっていません。警察は追跡方法が適正だったか詳しく調べています。


【テレ朝news】 
 http://news.livedoor.com/article/detail/16323993/

no title

引用元: 【埼玉】信号待ちをしていたパトカー、信号無視をした車を発見し交差点に進入、トラックと衝突する パトカー壊れる ※画像

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/01/27(金) 09:37:26.68ID:CAP_USER9.net
27日午前1時半ごろ、兵庫県姫路市古二階町の市道の交差点で、いずれも市内に住む男子
高校生3人が乗ったミニバイクと、男性会社員(26)のワゴン車が衝突した。ミニバイクは転倒し、
高校生のうち16歳の生徒が死亡。ほかに16歳と15歳の生徒も病院へ搬送されたが、命に
別条はない。男性会社員にけがはなかった。

姫路署によると、現場の交差点は信号機があり、双方とも片側1車線の直線道路が交わる
十字路。西に向かっていたミニバイクと北へ走っていたワゴン車が出合い頭に衝突した。

ワゴン車はバイクを巻き込み、高校生1人を引きずった後、停止した。
同署が当時の信号機の状況や詳しい原因を調べている。

 帰宅途中だった男性会社員が「1台に3人乗っているバイクと接触した」と110番した。

【産経WEST】
 http://www.sankei.com/smp/west/news/170127/wst1701270029-s1.html

バイク事故

【イメージ画像】
続きを読む

↑このページのトップヘ