タグ:事故

1:まとめらいぶ 2019/08/30(金) 18:32:47.75 ID:CAP_USER
「世界で最も黒い黒」ウソのように真っ黒なBMWがデビュー、
すごすぎる黒すごすぎる (1/2)まるで2次元、3次元でも2次元。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 独BMWは8月28日(現地時間)、フランクフルトモーターショー2019で「世界で最も黒い黒」を
施した超特殊仕様のBMW・X6を披露すると発表しました。

no title

ベンタブラックで塗装された超特別仕様のBMW・X6(写真:BMW、以下同)

 世界で最も黒い黒は、可視光の最大99.965%を吸収する物質「ベンタブラック(Vantablack)」を
使ったSurrey NanoSystems製の特殊塗料「ベンタブラック VBx2」によるもの。光をほぼ反射しない
ので、凹凸や抑揚があるはずのボディーものっぺりと平面的に、全く違う車種のように見えます。

no title

(参考)通常カラー仕様のBMW・X6

 同技術は先端宇宙事業向け機材のコーティング用に開発されたそうです。光を吸収することで、
太陽光が影響して検出が困難になる遠方かすかに光る星や遠くの銀河の観測をしやすくします。

 今回の特殊仕様車に施されたベンタブラック VBx2は建築用途向けに調整されたもの。反射率は
1%程度に抑えた仕様ですが、クルマへの採用は同社によると世界初。3次元なのにまるで2次元の
べた塗りの絵のように見える唯一の車両、見る人を驚かせること間違いなさそうです。

 ベンタブラック VBx2が今後市販車の通常ボディーカラーオプションになるかどうかについて、
Surrey NanoSystemsは「日常使用に十分な耐久性のある自動車用Vantablack VBx2塗料の開発は、
超えるべき技術的課題がある」としつつも、BMWは「もちろん想定している。誰がが選んだのを
見たら、自身も選ばずにはいられないだろう」と述べています。

no title

現場で実物を見ても「2次元にしか見えない」そうだ

no title

塗装作業の様子
 https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/30/news078.html

ホントに真っ黒だ……

「BMW・X6 ベンタブラック仕様」その他の写真

次のページへ
 https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/30/news078_2.html

引用元: 【黒塗りの高級車】「世界で最も黒い黒」ウソのように真っ黒なBMWがデビュー、すごすぎる黒すごすぎる

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/07/24(水) 20:38:56.15 ID:bscAixZT0● BE:253569587-2BP(6000)
24日午後4時ごろ、池袋駅前の交差点で、乗用車が暴走して信号機をなぎ倒し、歩道に乗り上げる
事故があった。警視庁によると、73歳の男性が運転する車が、近くで一時停止違反をしたため、
呼び止めたところ、突然急発進したという。

現場は、人通りの多い池袋駅前の交差点だったが、幸い歩行者にけがはなかった。
警視庁は、男性がブレーキとアクセルを踏み間違えたとみて、事故原因を調べている。

【FNN】
 https://www.fnn.jp/posts/00421352CX/201907241706_CX_CX

引用元: 【速報】東京・池袋で暴走事故 運転は73歳男性。

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2019/05/08(水) 16:43:45.26 ID:t1jCa9uG9
滋賀県大津市で8日、保育園児の列に車が突っ込み、15人が死傷した事故
現場ではフェンスが大きくひしゃげ、事故の衝撃を物語っていたという
現場に駆け付けた女性は、フェンスに園児が挟まれぐったりしていたと語った

 大津市大萱の交差点で8日、保育園児の列に車が突っ込み、15人が死傷した事故。

 軽乗用車が歩道に乗り上げた現場では、フェンスが大きくひしゃげ、事故の衝撃を物語っていた。

 事故が発生したのは午前10時15分ごろ。
交差点では、保育園児と保育士16人が散歩のため交差点で信号待ちをしていた。

 琵琶湖を訪れていた主婦の女性(55)は大きな衝撃音を聞いた。すぐに女性の悲鳴や子供の泣き声
が響き、AEDやタオルを手に現場に駆けつけた。大きく変形したフェンスに、ぐったりとした様子の
園児が挟まれており、女性は近くで血を流していた別の園児に「大丈夫?」と声を掛けた。「ずっと泣
いており、励ますことしかできなかった」と心配そうな表情を浮かべ、「見通しのいい交差点なので、
こんな事故が起こるとは考えられない」と話した。

 園児は近くにある「レイモンド淡海保育園」の2~3歳児。園には事故の知らせを受けた保護者が
次々と子供を迎えに訪れた。2人の息子が園に通っている30代の女性は「園はパニック状態で、
どのクラスが被害に遭ったのかもわからない」と困惑した様子。「うちの子はどうなったのか」
と近くにいた警察官に詰め寄る保護者もいた。

【産経新聞】

【ライブドアニュース】
 http://news.livedoor.com/article/detail/16427281/

no title

【YouTube】

  

【保育園 会見】

  



引用元: 【大津事故】園児15人が死傷…ひしゃげたフェンス、響く園児の悲鳴 フェンスに挟まれぐったりする子ども

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/09/25(火) 17:35:08.90 ID:CAP_USER9
【マネーポスト】
 https://www.moneypost.jp/322137

no title

定年後のアルバイトで起きやすい事故と職種

 人生100年時代を迎え、定年後の家計のやり繰りはどんどん難しくなっている。年金や退職金の備え
だけでは不安だからと、「アルバイト」に精を出す60歳以上も多い。なるべく負担が少なくて、
稼ぎがいい仕事を、そんな探し方をする人が大半だが、そこには「危ない仕事かどうか」という
視点が抜け落ちていないだろうか。

「郵便受けに“お知らせ”を投函するだけで、週にいくらかもらえるなら……」
 と考えて広報誌配布のアルバイトを始めた82歳男性。配布先の家屋の石段を上っている最中、
思いがけずバランスを崩して背後に倒れ、そのまま帰らぬ人に。
 この一件は今年7月、実際に発生した死亡事故だ。

 原則60歳以上の会員に業務の斡旋などを行なうシルバー人材センター
(2018年3月末時点で会員約71万人)によると、2017年度に起きた事故件数は5701件
(死亡事故含む)。NHKが調査したアンケートの報告によれば、4年で6.5倍の数に増えている。

 最も多い事故は
「転倒」(1783件、うち死亡3件)で、
以下「蜂、犬、蛇等に刺される、噛まれる」(956件、うち死亡1件)、
「墜落、転落」(928件、うち死亡12件)、「交通事故」(471件、うち死亡7件)、
「切れ、こすれ」(424件)
と続く。

 いずれも背景には加齢に伴う問題がありそうだ。

「会員の平均年齢は72歳で、筋力や敏捷性といった身体能力が低下しており、足が滑る、
躓くなどのアクシデントに対応できません。それゆえ骨折や入院に至るケースも珍しくない」
(全国シルバー人材センター事業協会の福島孝・事業部長)

 自分の体を守るため、事故の実態を知る必要がある。

※週刊ポスト2018年10月5日号

引用元: 【人生100年時代】定年後アルバイトの事故は年5700件 転倒、刺される、噛まれる…4年で6.5倍/シルバー人材センター

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

↑このページのトップヘ