タグ:主題歌

1まとめらいぶ2017/07/07(金) 12:36:35.34ID:CAP_USER.net
感動のTVシリーズから12年が経ち、新たに描かれるレントンとエウレカの物語
『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が、劇場3部作として待望の
映画化。その第1章が、2017年9月16日(土)より全国107館にてロードショー
となります。

 そんな本作の主題歌を担当アーティストが決定しました。主題歌を歌うのは、
伝説のアーティスト故・尾崎豊さんを父に持つシンガーソングライター、尾崎
裕哉さんです。裕哉さんは、本作で初の映画主題歌に挑みます。

 今回は、尾崎さんが歌う主題歌「Glory Days」を使用した本予告編映像と新ポスター
ビジュアルが解禁。さらに、尾崎裕哉さんと京田知己監督からのコメントも到着しました。



『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』本予告編映像

60秒版



90秒版



作品概要







【STORY】
 地球上を覆う情報生命体・スカブコーラルと人類の戦いが巻き起こした世界の危機
サマー・オブ・ラブ。その危機から世界を救ったのは、アドロック・サーストンだった。
英雄と讃えられるようになるアドロック。だが、その真相を知るものは、最前線で戦った
ごく一握りの人間だけだった。

 そして10年の時が流れた。

アドロックの残された息子レントンは、ビームス夫妻の養子となり、地方都市ベルフォレ
ストで暮らしていた。義理の父チャールズは、豪放で色んな意味で“濃い”男。義理の母、
レイは冷たそうに見えて細やかな愛情の持ち主だった。だが、ビームス夫妻とレントンの
間にはどこかぎこちなさがあった。14歳になり、鬱屈とした日々を送っていたレントンに
運命の転機がやってくる。そして、家を飛び出すレントン。そこからレントンは様々な人
との出会い、別れを経験する。

 レントンが出会ったひとりは、ファシリティ・ガード隊長のホランド・ノヴァク。一時、
ホランド率いるファシリティ・ガードに身を寄せていたレントンだが、ホランドとの相性
は最悪。徹底的に悪かった。結局レントンはそこからもわずかな時間で飛び出してしまう。
彼が出会ったもうひとりは、少数宗教ヴォダラクの少女。死に瀕した彼女を救うため、
レントンは奔走する。人々との出会いと別れは、レントンに大事なことを気づかせる。
自分はなぜ、家出をしたのか。自分はなぜ今、この道を走っているのか。

“それは、あの時のこと、あの子のこと…俺が見つけた大切なもの”

レントン:三瓶由布子
エウレカ:名塚佳織
デューイ:辻谷耕史
ホランド:森川智之
タルホ:根谷美智子
チャールズ:小杉十郎太
レイ:久川 綾/アドロック:古谷 徹

総監督:京田知己
脚本:佐藤大
キャラクターデザイン:吉田健一

原作:BONES
監督:清水久敏
メインメカニックデザイン:河森正治
コンセプチャルデザイン:宮武一貴
デザインワークス:武半慎吾、齋藤将嗣、出渕裕、コヤマシゲト、柳瀬敬之、中田栄治
キャラクター作画監督:藤田しげる、倉島亜由美
特技監督:村木靖
メカニック作画監督:阿部慎吾
メインアニメーター:柿田英樹、金子秀一、大塚健、横屋健太、長野伸明、工藤糸織
美術監督:永井一男
美術監督補佐:本庄雄志
色彩設計:水田信子
編集:坂本久美子
撮影監督:木村俊也
音響監督:若林和弘
音楽:佐藤直紀
挿入曲:Hardfloor 、Hiroshi Watanabe
主題歌:「Glory Days」尾崎裕哉(TOY'S FACTORY)
アニメーション制作:ボンズ
製作:バンダイビジュアル、バンダイナムコエンターテインメント、
博報堂 DY ミュージック&ピクチャーズ、ボンズ、MBS

【animate times】
 http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1499334302
続きを読む

1まとめらいぶ2015/10/21(水) 19:09:18.55ID:???*.net
歌手・女優・モデルとして多方面で活躍している西内まりや。
彼女が10月28日に半年ぶりとなるニューシングル
「Save me」をリリースする。

同楽曲は10月11日より放送がスタートした日本テレビ系日曜ドラマ
「エンジェル・ハート」(毎週日曜よる10:30放送)の主題歌。
このドラマ「エンジェル・ハート」は人気漫画の実写化ドラマだが、
放送されるやいなや、ネットを中心に「面白かった!」「半端ない再現率」
「漫画とダブって見えた」と絶賛の声が上がった人気作品だ。

そんな話題のドラマの主題歌として注目されている西内まりやの新曲「Save me」。
日本では、ドラマ放送後、Twitter上では「ドラマの雰囲気に合ってた」
「カッコイイドラマにカッコイイ主題歌」「主題歌相当いい!泣けてくる」など
高評価が集まったが、海外からの評判はどのようなものだろうか。

【海外の反応】

先日公開された「Save me」のミュージックビデオは、
公開1週間ほどでYouTubeの再生回数が

30万回

を超える人気を見せている。そして、そのコメント欄には、
英語を中心に様々な国の言語で感想が寄せられていた。

内容を見てみると
「非常にきれい。彼女の歌が大好きです。アメリカ・ジョージア州から多くの愛を」
「本当に美しく、華やかな声が好きです」「この曲に対する
自分の気持ちをなんと理解すればいいのでしょうか…。
完璧ですね。涙が止まりません」など、歌声のきれいさや、
歌唱力を称える声が多く聞かれた。

また「彼女は素晴らしい女優だっていうのに、どうしてここまで歌が上手いの?」
「私は彼女の演技を愛していますが、同時に素晴らしい歌手でもありますね」など、
日本のドラマなどを見て西内まりやを知った海外のユーザーが
その歌声に触れて驚いている様子も見て取れた。

そして、コメントがアメリカ、ブラジル、マレーシア、インドネシア、韓国、
ロシアなど、世界の実に様々な地域から投稿されていたのも特徴的だ。
日本のみならず、世界でも注目を集め始めている西内まりや。
今後の動向からも目が離せなくなりそうだ。

Yahoo! ニュース

海外にも多くのファンを持つ西内まりや

続きを読む

↑このページのトップヘ