タグ:主演

1まとめらいぶ2015/12/11(金) 10:40:41.79ID:WAbx78RI0.net BE:711292139-PLT(13121)
漫☆画太郎のギャグマンガ「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」の実写
映画化が決定。松山ケンイチが主演を務めることが明らかになった。

1990年より週刊少年ジャンプにて連載された原作マンガは、シリーズ累計
販売部数約400万部を記録したヒット作。天下の不良少年・山田太郎が、
坊主の玄奘らとともに天竺を目指しながら騒動を巻き起こしていく。
実写映画版でメガホンを取るのは、
「地獄甲子園」「魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE」などのマンガ原作ものを
手がけてきた山口雄大。そしてお笑いトリオ・鬼ヶ島のリーダーおおかわらと、
アニメ「おそ松さん」にも携わる放送作家の松原秀が脚本を担当する。

このたびティザービジュアルも公開され、松山演じる太郎の姿も明らかに。
これまで「デスノート」のLや「デトロイト・メタル・シティ」のヨハネ・クラウザーII世
といったキャラクターを演じてきた松山が、本作では
坊主頭にパンツ一丁で太郎に扮する。

今回の発表にあわせ、松山は「しばらくの間、僕を裸にしてくれる作品がなかった
ので受けさせて頂きました。自分としては良く脱げた方だと思います」とコメント。
山口も「冗談で“暗黒のピクサー”なんてことをスタッフに言ったりしながら(笑)
小中学生が楽しめるもの。ということをテーマに作りました。小学生が学校で
パンイチ登校とかしてくれて、PTAから『珍遊記』禁止とかになってくれれば、
なおのこと嬉しいです」と話している。

なお実写映画化を記念して、本日12月11日から24日の23時59分まで、
アプリ「少年ジャンプ+」にて原作マンガ「珍遊記~太郎と
ゆかいな仲間たち~」1巻が無料配信される。

実写版「珍遊記」は2月27日より全国ロードショー。





【ナタリー】
 http://natalie.mu/eiga/news/168866
続きを読む

1まとめらいぶ2015/06/24(水) 22:55:42.40ID:???*.net
初めてスクリーンに登場して以来、
5作品で40億ドル以上の世界興行収入をあげてきた
『スパイダーマン』シリーズ。このほど、新シリーズが始動し、
主演と監督が発表。現在19歳の新星俳優トム・ホランドが
スパイダーマン役を演じることが明らかになった。

今回の新スパイダーマンは『アベンジャーズ』シリーズを中心とした
“マーベル・シネマティック・ユニバース”の世界へ初参加。
監督を務めるのは、ホラー映画『クラウン』(’14)を手掛け、
今年のサンダンス映画祭で発表された『Cop Car』(原題)が
待機しているジョン・ワッツ。マーベル・スタジオを率いる
ケビン・フェイグ、長年スパイダーマンに関わってきた
エイミー・パスカルらプロデューサー、およびスタジオとの
複数回に及ぶミーティングを経て監督の座を
勝ち取ったのだという。

主人公となるピーター・パーカーおよびスパイダーマンに抜擢された
トム・ホランドは、『インポッシブル』(’13)、ロン・ハワード監督の最新作
『白鯨のいた海』にも出演している期待の若手俳優だ。過去の
ピーター・パーカーにはトビー・マグワイアや、
アンドリュー・ガーフィールドが演じてきたが、原作で描かれている
高校生という設定では最も近い実年齢となる。

エイミー氏は、トムの起用について「スパイダーマンを
MCUの世界へと連れて行くためにこれ以上ないほど若く、
活き活きとした、才能にあふれる俳優」と自信を伺わせた。

また、『スパイダーマン』新シリーズ製作にあたって
ソニー・ピクチャーズ・モーション・ピクチャー・グループ
会長のトム・ロスマンは「私は、共に仕事をした新進気鋭の監督たちが
スーパースターになっていくのを幾人も見てきたが、ジョンもそうなれる
だけの才能を備えている。スパイダーマン役についても、数多くの
若く素晴らしい俳優がいたが、トムのスクリーン・テストだけは
特別だった。つまり、私たちは最高のスタートを切ったんだ」と
喜びを語った。

『スパイダーマン』新シリーズは2017年夏、全国にて公開。

Yahoo!ニュース

画像

続きを読む

↑このページのトップヘ