タグ:中国

1:まとめらいぶ 2018/02/22(木) 17:55:55.57 ID:CAP_USER
【産経WEST】
 http://www.sankei.com/west/news/180222/wst1802220002-n1.html

 外国人観光客も多い中国と韓国の高級ホテルで、清掃員がトイレとコップを同じブラシで
洗うなどの想像を絶する動画や映像が次々とあからさまになっている。観光産業は各国が経
済活性化策として強化している分野だが、こうした映像のようにモラル破壊がさらに進行す
れば、アジア地域のイメージダウンや外国人観光客の減少を引き起こしかねない。

中国で隠し撮り映像

 中国の黒竜江省ハルビンにある高級ホテルでは、客室を隠し撮りしたという動画がインタ
ーネット上に公開され、「ハルビン・ケンピンスキーホテル」の清掃員が同じブラシで便器
やグラスを掃除しているとする姿が暴露された。

 世界展開する名の通った高級ホテルでも似たような客を欺く掃除が行われていたという。

 朝鮮日報(電子版)によると、「TV朝鮮」の番組が韓国・ソウル市内の5つ星ホテル3
カ所の実態を報じ、ここでも衝撃的な映像が公開された。

 1泊1人当たり2~3万円するホテルだが、スポンジを手に持った清掃員は便器内の水を
使って便器を清掃し、そのまま同じスポンジで客室内のコップを“洗った”というものだ。

 洗ったという手の動きとは正反対に、コップはひどく汚れ、場合によっては病気になりか
ねない菌などを付着させているという状況でもある。

宿泊客は思いもせず

 そして驚くべきことは、実態調査を実施した3つのホテルすべてで似たようなことが行わ
れていたことだった。

 トイレを掃除したスポンジやブラシで、客室内のグラスやコップを“ゴシゴシ”と洗われて
いることを予測して宿泊する客がいるだろうか。

 清掃員はそうした利用客が疑いもなく“きれい”だと信じて客室を使用している状況を利用
し、自身の仕事の手を抜いているといえる。

 しかも、その行為が楽に仕事を済ませようという次元の問題ではなく、宿泊客を危険にさ
らす行為であることに気付いていないのか、罪悪感を感じないのか、モラル破壊の恐ろしさ
を浮き彫りにしている。

構造的な問題?

 韓国は平昌五輪を開催し、観光は重要産業の一つであるはずだが、同番組の調査結果から
類推すれば、他のホテルでも似たようなことが行われているかもしれない。

 高級ホテルは豪華な内装や質の高い接客サービスというイメージが強いが、トイレやコッ
プの掃除という見えにくいところで蛮行が繰り広げられているようだ。

 報道によると、基本給への上乗せを目指して多くの部屋を掃除するため、1部屋当たりの
清掃時間を短縮する傾向があるという。

 中国や韓国のホテルで起きているとされるモラル破壊が社会の構造的な問題なのかは不明
だが、観光客側も自身で防衛策を講じる必要がありそうだ。

便器

【イメージ画像】

引用元: 【観光】中国・韓国の高級ホテル、便器掃除のブラシでコップも洗う映像 危険なモラル破壊[02/22]

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/04/02(月) 19:50:56.29 ID:CAP_USER
20分1500円!中国のデパート「極上美女レンタル」サービスに男子殺到

【BQ news】
 https://bq-news.com/bq180331a

no title

気温も暖かくなって絶好のお出かけシーズンですが、
彼女のいない寂しい男性にとっては、ある意味地獄…

no title

どこに言ってもポカポカ陽気で浮かれたバカップルのイチャつきを見せつけられて、
舌打ちの止まらない人も多いでしょう。

そんな心のスキマに飲み込まれてしまいそうな男性は、速攻で格安航空券をゲットして
中国にぶっ飛んでください!!!

なんと、中国広東省のショッピングセンターが「一緒にショッピングしてくれる彼女」
のレンタルサービスをスタートさせたんですよ!!!

■ 美女とうきうきショッピング!!

お立ち台の上に美女がズラリ!!!

こちらは家族連れやカップルで賑わう中国広東省のショッピングセンターなんですが、
独り身の寂しい男性には、買い物に付き合ってくれる美女をレンタルしてくれるんです。

レンタルの希望者は、お立ち台に立つ女性たちの中から、自分の好みの女性を選択。

スマホでQRコードを読み取って料金を支払えば、あとは夢にまで見た美女とうきうき
ショッピング。

料金は20分毎に1500円ほどかかりますが「美女とショッピングなんて2次元の話だろ?」
なんて現世を諦めてる悟り系男子達にとっては、夢と心のスキマを埋める大チャンス。

さらに、美女とのショッピングデートにはカメラマンが同行して、記念写真まで撮影
してくれるので「美女とデートなう」なんてSNSで自慢することも可能。

ただし!!!!

「お触りは絶対にNG」となっているので、ムラムラしても暴走してはいけません。

それでも、こちらのサービスは希望者が殺到して大成功。

ゴールデンウィークに色っぽい予定のない男性は、中国行って美女と買い物を満喫して
みたらいかがでしょうか?

no title

no title

【THE Sun】
 https://www.thesun.co.uk/news/5939878/china-shopping-centre-girlfriends-rent-30p-hour/

引用元: 【中国】20分1500円!中国のデパート「極上美女レンタル」サービスに男子殺到

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/01/01(月) 21:35:12.28 BE:829826275-PLT(12931) ポイント特典
コミケ93:話題の中国美女コスプレーヤーが登場 可愛すぎる「リゼロ」のレムに

 東京ビッグサイト(東京都江東区)で29~31日に開催された国内最大の同人誌即売会
「コミックマーケット(コミケ)93」のコスプレエリアでは、人気キャラクターに扮
(ふん)したコスプレーヤーが自慢の衣装を披露していた。最終日の31日は、ネットで
「可愛い」などと話題になっている中国のコスプレーヤーの小柔SeeUさんが登場。人気
アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」のレムのコスプレを披露し、人気
を集めていた。

 小柔SeeUさんは中国在住というコスプレーヤーで、ネットでは「CGレベル」「可愛
すぎる!」と注目を集めている。小柔SeeUさんは、コスプレエリアに登場するやいなや、
長蛇の列ができるほどの人気ぶりだった。

 コミケは、1975年に始まったマンガやアニメ、小説、ゲーム、音楽などの同人誌の即
売会で、現在は夏と冬の年2回開催されている。

【MAN TAN WEB】
 https://mantan-web.jp/article/20171231dog00m200011000c.html

画像

no title

no title

no title

no title

引用元: 【画像】冬コミで話題の中国美女コスプレイヤー小柔SeeU オタクが殺到しヤバイwⅴwⅴwⅴwⅴwⅴw

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/12/28(木) 15:27:49.41ID:CAP_USER.net
中国スマホ首位オッポ、日本参入 18年春にも

【日本経済新聞】
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25201410Y7A221C1000000/?n_cid=TPRN0003

 スマートフォン(スマホ)最大の市場である中国でシェア1位のOPPO(オッポ、
広東欧珀移動通信)が、日本に参入する。2018年春にも通信会社を自由に選べるSI
Mフリー端末の国内販売を始め、大手通信会社での採用も目指す。中国国内や新興国
で販売を拡大してきた中国スマホが品質を磨き、プレミアム市場である日本に挑戦し
はじめた。

 オッポはこのほど日本法人を設立した。4月までに「格安スマホ」を主力とする仮
想移…
続きを読む

1まとめらいぶ2017/05/26(金) 16:04:15.86ID:CAP_USER.net
新興国や開発途上国で、電子マネーが急速に普及している。タクシーや街中の商店の
決済が、スマートフォンで簡単にできてしまうというという報道をよく見かける。こ
うしたものを見ていると、日本がだいぶ遅れていると感じる。

そのことは、日本銀行の調査でも裏付けられる。日銀が今年2月に発表した資料『BIS
決済統計からみた日本のリテール・大口資金決済システムの特徴』によれば、日本人
の現金の利用率(GDPに対する現金流通残高の比率)は、19.4%であり、他国に比べ
て突出して高い。キャッシュレスが最も進んだスウエーデンでは1.7%でしかないのと
比べると、11倍にもなる。

なぜこうなっているのだろうか? 1つの理由は、「カード決済のウエイトが大きいほ
ど、支払手段として持ち歩く現金は少なくなる」という関係が存在することだ。日本
では、カード決済のウエイトが低いのである。

しかし、それだけではない。南アフリカなどでも現金の利用率が低いが、これは電子
マネーが普及しているからだ。この面でも、日本は遅れている。

東南アジアにおいても、スマートフォンを使う決済サービスの広がりで、大きな変革
が生じようとしている。2021年の東南アジアでのスマートフォン決済額は3兆円強に
達し、13年に比べ10倍に膨らむとの予測もある。銀行口座やクレジットカードでは遅
れていた新興国が一気にキャッシュレス社会に前進するのだ(『 日本経済新聞』20
17年5月17日電子版)。

このままでは、20年のオリンピックで外国から日本に来た観光客が、日本の決済環境
に不満を抱く。こうした危機感を持った政府は、「『日本再興戦略』改訂2014」に、
キャッシュレス社会の推進を盛り込んだ。しかし、状況は目立っては変化していない。

中略

中国企業の躍進
中国でも電子マネーが急速に普及している。中国における電子マネー取引額は約150兆
円と言われ、約5兆円の日本と比べると、30倍以上も差がある。

2大サービスは、阿里巴巴(アリババ)集団の「支付宝(アリペイ)」と騰訊控股(テ
ンセント)の「微信支付」だ。これらは、プリペイド型の電子マネーだ。アリペイは、
中国モバイル決済の約8割を占めている。



アリペイは、アジア、ヨーロッパ、そしてアメリカにも急速に進出している。

フィンテック(金融業務でのITの活用)の分野における中国企業の躍進ぶりは、目覚
ましい。「Fintech100」というレポートによると、世界のフィンテック企業のトップ
は、アリペイである。

アクセンチュアのレポート「フィンテック、拡大する市場環境」によると、フィンテ
ック分野に対する中国の投資額は、日本の30倍程度に達する。この分野では、日本は
中国にはるかに引き離されてしまっている。

【講談社】
 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51840
続きを読む

↑このページのトップヘ