世界最小 : まとめらいぶ

タグ:世界最小

1:まとめらいぶ 2021/02/03(水) 18:30:39.66 ID:Tf1IOrx99
アフリカ大陸の東に浮かぶマダガスカル島北部の熱帯雨林で、新種のカメレオンが見つかった。
頭部と胴を合わせた長さはオスが13.5ミリ、メスが19.2ミリで、ヒマワリの種ほどしかない。
指先に乗せることもでき、世界最小の爬虫類である可能性もある。

「一目見ただけで、重要な発見だとわかりました」と言うのは、1月28日付けで学術誌
「Scientific Reports」に掲載された論文の共著者であるマダガスカルの爬虫両生類学者、
 アンドララオ・ラコトアリソン氏だ。

この新種はBrookesia nanaと命名された。あまりに小さいので、落ち葉の中に潜むダニや
トビムシなどをエサにしているのではないかと考えられている。

ここまで小さい爬虫類が見つかったことで、脊椎動物はいったいどこまで小さくなれるのかという
疑問も浮上している。また、マダガスカルの生物多様性には驚かされるが、その生態系は脅かされて
おり、Brookesia nanaがまもなく近絶滅種(critically endangered)に指定されると科学者らは
みている。(参考記事:「絶滅とは何か―実はいろいろある「絶滅」」)

数ミリの差が大きな差

他のカメレオンと同じく、この超小型カメレオンも舌をのばして獲物を捕まえる。
熱帯雨林にうまく適応しており、昼間は林床でエサを探し、夜は安全な草むらに
隠れるという生活を送る。

論文の共著者の一人で、ドイツにあるポツダム大学の進化生物学者マーク・シェルツ氏によると、
夜間に大型の捕食者がやってきた場合、このカメレオンは草の動きで危険を察知して下草の中に身を
潜めるという。

今のところ、Brookesia nanaはまだオス1体、メス1体の合計2体しか見つかっていない。
どちらも、2012年にソラタ山塊と呼ばれる雨が多く涼しい山地で捕獲されたものだ。

この超小型カメレオンは、世界最小の爬虫類である可能性もある。ちなみにもう一つの候補は、
ミクロヒメカメレオン(Brookesia micra)だ。2012年には、マッチ棒の先端に乗っている写真が
公開されている。(参考記事:「世界最小の爬虫類、新種ミニカメレオン」)

【NATIONAL GEOGRAPHIC】
 https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/5638/

「数ミリの差を比較してもあまり意味がないのではないかと思うかもしれませんが、その数ミリが
体長の数パーセントを占めるなら、それは大きな差なのです」とシェルツ氏は話す。
「ほとんどの科学的発見は、こうした小さな差が積み重なって起こるのです」

(以下省略)

※以下の部分はソース元にてご確認ください。

【NATIONAL GEOGRAPHIC】
 https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/21/020200057/

画像

no title

引用元: 【生物】13.5mm 指先に乗る超小型の新種カメレオン、世界最小の爬虫類か(※画像あり)

(C)2015 - 2021 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1:まとめらいぶ 2019/11/09(土) 16:16:46.82 ID:m1bziRrf9
no title

世界最小のパスタ「クスクス」のメリットとは
CoCoKARAnext 2019年11月7日 06:00 0

 クスクスは「世界最小のパスタ」とも言われ、パスタと同じ原料で作られています。その特徴は、
つぶつぶの形状とふんわりとした小麦本来の味。北アフリカ生まれで、モロッコの先住民、
ベルベル族の伝統料理といわれています。パスタよりもずっとレシピのバリエーションが豊富。
サラダやメインディッシュの付け合わせに、世界中のシェフに愛用されている食材といわれています。

クスクスの凄さ

●野菜をたくさん食べられる
モロッコ人は、「クスクスをつくると冷蔵庫の中が空っぽになる!」とよく表現をするほど、
野菜がたくさん食べられるのがクスクス料理の醍醐味といわれています。水分を吸収しやすいため、
野菜のうまみが十分に浸透するとされています。食物繊維が白米の7倍も多く含まれており、
整腸作用も期待されています。

●手軽で便利、リーズナブル
ごはんを炊飯器で炊くよりも短時間でつくれるクスクスは手軽な食材。野菜をたくさん入れた
スープに、浮き実のようにクスクスを入れるだけで、とろみがついてボリューム感もアップ。
しみじみとした美味しさが味わえるおすすめのレシピとされています。

●さまざまな料理に合わせやすい
シンプルな味わいなため、料理の味を引き立ててくれるといわれています。その上、
味がしみやすため、リゾットなど旨みを吸わせる料理にも最適とされます。米の代わりになる
主食として、各国で食べられています。

●食感が楽しい
種類豊富なクスクスは、細粒・中粒・大粒とさまざま。最近では、ヘルシー志向の人から
全粒粉のクスクスも人気といわれています。つぶつぶとした食感が美味しく、食べた
ことのない人には、まさに新食感。サラダにもメインにも好みの味でバリエーションを
楽しんでみてはどうでしょうか。

【エキサイト】
 https://www.excite.co.jp/news/article/CocokaraNext_18007/

引用元: 【クスクス】世界最小のパスタ「クスクス」のメリットとは?(画像あり)

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2015/08/09(日) 20:28:12.30ID:???.net
東洋経済 ONLINE



日本の会社が
カバンに入れて携帯できる世界最小の電気自動車を発表した。
このスマートなデザインの小型1人乗り移動機器は、
SF映画の中でも通用しそうだ。

近いうちに、
この「WalkCar (ウォーカー) 」を東京の通りで
目にできるようになるかもしれない。

軽量アルミ製のこの世界最小の電気自動車は、
最高時速10km、フル充電時での走行距離は12km。
ポケットサイズの乗り物を開発した会社は
Cocoa Motors (ココアモーターズ) だ。
小さなカバンにも納まるようにデザインされた。

ココアモーターズの佐藤国亮CEOは次のように言う。
「『カバンに入れて持ち運べたら、
いつでも携帯できて使うことができるな』と考えました。
そういう乗り物を作るように友達から頼まれました」

携帯できるということは駐車場の心配をする必要はないということだ。
運転操作も簡単で、体重移動によって進行方向を変更できる。
その特徴により、セグウェイやトヨタのWingletのような大きいサイズの競合
製品に勝てる、とココアモーターズは考えている。
「WalkCarは私が一から作り上げたまったく新しい製品です。日本にも
イノベーションを起こす力があるところを世界に示したいと思っています」

(佐藤CEO)。

WalkCarは単なる楽しい移動手段というだけではなく、
車椅子の人を簡単に押して回るだけのパワーもある。
この画期的な自動車は、クラウドファンディングサイトの
Kickstarterで今年末までにローンチされる予定。
開発者によれば資金集めに成功した場合は、
およそ800ドルの価格で来年には製品を出荷する予定だという。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ