タグ:世界最大

1まとめらいぶ2017/04/21(金) 17:06:13.55ID:CAP_USER.net
分散型SNSマストドン(Mastodon)世界最大のインスタンスであるmstdn.jpの管理者
であるnullkalさんは4月21日、自身がドワンゴに入社し、mstdn.jpの運用を続けていく
ことをトゥートで明らかにした。nullkalさんは夕方に大事なお知らせがあることを予告
していた。



ドワンゴは19日に自社のインスタンスfriends.nicoを立ち上げたばかりだが、nullkalさ
んによれば2つの統合予定はなく、mstdn.jpは引き続きさくらインターネットで運用し
ていくという。

私,nullkalはこの度ドワンゴに入社し,引き続きmstdn.jpを運用していくことになり
ました.friends.nicoさんとはいい協力関係を築いてゆけたらなーって思っています.
今のところ二つの統合予定はありません

インスタンスのユーザー数で世界1位の管理人が世界6位のインスタンスの運営企業に
入社することになる。mstdn.jpのユーザー数は後発のfriends.nicoの約10倍。

【IT media NEWS】
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1704/21/news112.html
続きを読む

1まとめらいぶ2016/12/03(土) 09:40:21.70ID:CAP_USER.net
【autoblog】
 http://jp.autoblog.com/2016/12/02/volvo-worlds-largest-bus-gran-artic-brazil/



バスと電車を混ぜ合わせたような道路を走る乗り物を想像してほしい。とはいえ、以前ご紹介
した中国の道路をまたぐ奇妙な乗り物ではない。ボルボがブラジルのリオデジャネイロで開催
された展示会「FetransRio」で、非常に大きな連結型バスを発表したのだ。この新型バス
「Gran Artic 300」は、2ヶ所の連結部分で曲がるような構造になっており、
1度に300人の乗客を運ぶことが可能だ。

ボルボが大都市交通輸送のためにラインアップするバスの中で、新たなフラッグシップとなる
このGran Articの全長は、なんと30mにも達する。巨大バスのArticシリーズには、他にも
150人乗りと180人乗りがあり、それぞれ全長は18.6mと21m。だが、サイズと収容人数の
バランスが最も優れたモデルは、おそらくSuper Artic 210だろう。全長はArtic 180より
わずか1mだけ長い22mだが、収容人数は30人も多く210人を乗せられる。5つのドアが
備わり、乗り降りも便利だ。ボルボはこのGran Artic 300を、ブラジルのバス高速輸送
システム(Bus Rapid Transit: BRT)のために開発した。同車は現在ある最大サイズ
のバスよりも30人多く乗客を収容でき、普通のバス3台分に相当するという。つまり
理論的には、路上を走るバスが少なくなることにより、
排出ガスも減らせるというわけだ。

この南米向けのバスの販売開始時期について、ボルボは明らかにしていない。
しかし、排出ガスに関する面だけでなく、公共の輸送手段としてのスピードや都市部の
ドライバーに与える影響の点からも、300人乗りのバスがどのような影響力を持つのか、
非常に気になるところだ。もしもこのバスによって大渋滞が引き起こされるとしても、
我々としては中国の奇妙な高架バスよりマシではないかと思うのだが。
続きを読む

1まとめらいぶ2016/08/23(火) 21:16:37.28ID:1dkVIgHQ0.net BE:284465795-PLT(12000)
フィリピンで世界最大と見られる天然真珠が発見されました。



この真珠は10年程前にフィリピンのパラワン島の沖合で、漁師によって発見されましたが、
潜在的な価値に気付かれること無く、漁師の木造小屋にしまいこまれていたそうです。

漁師の小屋が火事で焼けたことがきっかけとなり、地元の観光ガイドが真珠の存在を把握、
1億ドル以上の価値があるのでは、ということで大きな話題となりました。

現在の天然真珠の世界記録は、同じくフィリピンのパラワン州で1934年に発見
されたもので、 重さが6.4kg、3,500万ドルの価値があるとされています。

今回発見された真珠は、幅約30.4cm、長さ67cm、重さ34kgということで、
現在の世界記録の5倍近いサイズとなっています。


jpn post
続きを読む

1まとめらいぶ2015/06/21(日) 19:19:16.32ID:???*.net
建造中の世界最大の客船、フランスで進水

2015年06月20日 19:15 

発信地:サンナゼール/フランス

【6月20日 AFP】建造中の世界最大の客船が19日、
仏西部サンナゼール(Saint-Nazaire)で進水した。

「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ(Harmony of the Seas)」と命名された
この船は、サンナゼールにある造船所で2013年9月
から建造が進められてきた。

 完成時には、重さ約22万7000トン、全長362メートルになる予定で、
パリ(Paris)のエッフェル塔(Eiffel Tower)の高さより50メートル長くなる。

「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」は、現在、遊覧航行している世界最大の
2隻の客船より幅が1メートルほど広いという。
この2隻の全長は同じく362メートル。

 収容人数は乗客6360人程度、乗員は2100人。試験航行は来年2月
中旬予定で、初航海は来年5月、英サウサンプトン(Southampton)
からスペイン・バルセロナ(Barcelona)までを予定している。

AFP】 










続きを読む

↑このページのトップヘ