タグ:世界初

1:まとめらいぶ 2019/09/22(日) 12:50:28.95 ID:yUURq+vQ9
フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)紙の報道によると、カリフォルニア大学サンタ
バーバラ校のジョン・マルティニス教授率いるグーグルの研究チームが、初めて量子超越性を
実証した。量子コンピューターは、従来の最も強力なスーパー・コンピュータでさえも不可能
なタスクを実行できるということが示された瞬間だ。この主張は米国航空宇宙局(NASA)の
Webサイトに投稿された論文に掲載されたが、その後、取り下げられた。MITテクノロジー
レビューはグーグルにコメントを求めたが、まだ回答は得られていない。

グーグルは今年に入って、米航空宇宙局(NASA)の所有するスーパーコンピューターをベンチ
マークとして使用し、量子超越性の実証実験をすることで合意した。フィナンシャル・タイムズ紙に
よると、NASAのサイトに投稿された論文では、グーグルの量子プロセッサーは、現在、最先端の
スーパーコンピューターとして知られる「Summit(サミット)」で約1万年かかる計算を、3分20秒で
終えたと述べられていたという。研究者たちはさらに、彼らが知る限り今回の実験は
「量子プロセッサーでしか実行できない初の計算を記録する」ものだと述べていたとしている。

量子コンピューターが非常に強力なのは、量子ビット(キュービット)を利用するからだ。
1か0の値しか取れない従来のビットとは異なり、キュービットはその両方の値を同時に取れる。
さらに、こちらの記事で説明しているような他の量子現象と併せて、従来のコンピューターでは
逐次処理するしかなかった大量データの高速並行処理が可能となる。科学者らは長年にわたり、
量子コンピューターが従来のコンピューターより絶対的に優れていることを実証しようと
取り組んできた。

もし量子超越性が本当に実証されたのだとしたら、それは極めて重要な出来事だ。今週、グーグルの
今回の論文のニュースが報じられる前に、マサチューセッツ州ケンブリッジでMITテクノロジー
レビュー主催の「EmTech(テムテック)」カンファレンスが開催された。同カンファレンスでの
量子コンピューティングについての議論の中で、マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授であり、
量子物理学の専門家であるウィル・オリバーは、コンピューティングにおける量子超越性の実証を、
航空業界におけるキティホークでのライト兄弟の世界初の動力有人飛行になぞらえた。量子超越性の
実証により、この分野の研究はさらに弾みがつき、量子コンピューターはより早くその約束を果たせる
ようになるはずだと述べた。その計り知れない処理能力はやがて、新たな薬物や物質を発見したり、
より効率的なサプライチェーンを生み出したり、人工知能(AI)の質を向上させたりするのを容易に
するかもしれない。

とはいうものの、今回のグーグルの量子コンピューターがどういったタスクに取り組んでいたのかは
不明だ。おそらく非常に限られたものであろう。自身も量子コンピューターを研究しているIBMの
ダリオ・ギルは、MITテクノロジーレビューに宛てた電子メールによるコメントの中で、おそらく
非常に限られた量子サンプリングの問題を中心に設計された実験であり、必ずしも量子マシンが
すべての処理を牛耳っているわけではないだろうと述べ、「実のところ、量子コンピューターが
従来の古典コンピューターに対して『最高位』に君臨することはないでしょう。しかし、それぞれに
特有の長所がありますから、それらと協調して稼働することはあり得ます」と付け加える。多くの
問題において、従来のコンピューターが今後もずっと、最適のツールであり続けるだろうということだ。

量子コンピューターが主流となるにはまだまだ道は長い。量子コンピューターがエラーを起こしやすい
こともよく知られているとおりだ。ほんのわずかな気温の変化や小さな振動でも、キュービットの
デリケートな状態が破壊されてしまう。研究者らは構築しやすく、管理しやすく、拡張しやすい
マシンの開発を続けており、そのいくつかはクラウドコンピューティングで利用できるようにも
なった。だが、さまざまな問題を処理できる量子コンピューターが広く利用されるようになるには、
まだ何年も待たなければならないだろう。

no title

【MIT テクノロジーレビュー】
 https://www.technologyreview.jp/nl/google-researchers-have-reportedly-achieved-quantum-supremacy/


引用元: 【量子コンピュータ】グーグル(Google)、ついに世界初の「量子超越性」実証か 約1万年かかる計算を、3分20秒で終える★2

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/09/12(水) 15:09:53.69 ID:CAP_USER
シャープは、新4K8K衛星放送における8K放送も受信できる、世界初の「8Kチューナー」を11月下旬に発売する。
2017年12月に発売した8K液晶テレビ「AQUOS 8K」(LC-70X500)と接続し、12月1日開始予定のBS 8K放送が楽しめる。

no title

BS 8K、BS 4K、110度CS 4Kチューナを2基搭載。8K映像は4つのHDMI端子から出力し、LC-70X500と接続する。
テレビとの連携操作が可能な「AQUOSファミリンク」にも対応しており、8Kチューナに付属するテレビ兼用リモコンを使い、
チューナとLC-70X500を両方操作できる。

なお、使用する際にはLC-70X500のソフトウェアの更新が必要。更新は、チューナの発売時期に提供される予定。

【AV Watch】
 https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1142634.html

引用元: 【製品】シャープ、世界初「8Kチューナー」11月下旬発売。HDMI×4で「AQUOS 8K」と接続

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/10/20(金) 04:25:23.95ID:CAP_USER.net
5代目新型レクサスLSが10月19日に発売されました。「トヨタ」ブランドでは、
クラウン、そしてセンチュリーと看板サルーンの次期モデル(コンセプトカー)
を東京モーターショーへの出展が発表されており、さらにLSというレクサスの
最上級サルーンが発表されたことになります。



エンジンは、レクサス初のV型6気筒3.5Lツインターボエンジンを搭載し、圧倒的な
静粛性とフラットなトルク特性を活かした加速フィーリングを両立したとしています。



また、理想的なボア×ストローク比としたほか、吸気効率向上や燃焼室内の気流強化
により高速燃焼を実現したそうです。さらに、高効率ツインターボチャージャー
との組み合わせもあって、世界トップレベルの熱効率、そして高い出力と燃費
性能を達成。組み合わされるトランスミッションは「Direct-Shift 10AT」。

ハイブリッドは、LC500hで新開発された「マルチステージハイブリッドシステム」
を搭載。レクサスのハイブリッドシステムに有段ギヤを組み合わせた独自の機構で、
高回転化したV6 3.5Lエンジンと走行用モーター両方の出力を制御。低速から
力強い駆動力を生み出し、パワフルな走りが得られるそう。

なお、同日、神戸製鋼製の強度偽装問題についてトヨタは、同社からトヨタに直接
納入された分のアルミ板の車両への「影響はなし」、仕入れ先経由のアルミ板も
「影響なし」としています。ほかの銅管、鋼線など、クラッド材、アルミ押出、
銅製品、鉄粉、ターゲット材などについては確認中とのこと。

というのも、新型LSにも当然、アルミ材などの軽量化に貢献する部材が使われて
いるからで、同モデルは「GA-Lプラットフォーム」のもと、アルミ部材を
積極的に採用しながら、エンジンなどの重量物を車両中心近くに配置。

軽量化やセダンとして理想的な重心高、前後重量配分にするため、アルミ部材の
採用が欠かせないとしています。また、ボディはねじり剛性向上などの
高剛性化により、優れた操舵応答性、操縦安定性を実現しているそう。

ほかにもまさに見どころ満載となっている新型レクサスLS。価格は3.5L V型6気筒
ツインターボのレクサスLS500が9,800,000円~15,400,000円。3.5L V型6気筒搭載
のハイブリッドが11,200,000円~16,800,000円です。

【クリッカー】
 https://clicccar.com/2017/10/19/522457/
続きを読む

1まとめらいぶ2017/07/11(火) 21:02:43.39ID:CAP_USER.net




アウディは、スペイン・バルセロナで現地時間7月11日に開催した「アウディサミット」
の中で、市販車として世界初となる「レベル3」自動運転を採用した高級セダン、新型
アウディ『A8』を初公開した。さらにアウディは、2018年以降段階的に「パーキング
パイロット」「ガレージパイロット」「トラフィックジャムパイロット」などの自律
運転機能を市販車に採用していくことを明らかにした。

アウディサミットは今回が初の開催。アウディが「プレミアムな自動車会社」から
「プレミアムなデジタルカーカンパニー」へと、自動車を超えたサービス・ソリュ
ーションを提供していくというメッセージを全面に押し出し、人工知能「アウディ
AI」、モビリティの電動化「e-tron」、そしてコネクテッドソリューション「My
Audi」、この3つの柱を中心にモノづくりをおこなっていくことを宣言。そして
これらを統合し、これからのアウディを象徴するモデルとして、
新型A8が紹介された。

◆フラッグシップとしての高性能化
アウディA8は、アウディブランドのフラッグシップを担う高級セダン。今回発表
された新型は、第4世代目にあたる。全長は従来型と比べ+37mm大きくなり5172mm
(ロングタイプの「A8L」は5302mm)と堂々たるサイズとなった。室内長も32mm
拡大され後席の快適性が向上したほか、電動ドアオープナーやマッサージ機能の付いた
最新のリラクゼーションシート(A8Lに設定)など、ショーファーカーに求められる
ラグジュアリー性を高めている。

またコンセプトカー「アウディ プロローグ」で見せた新世代のアウディデザインを
初採用。アウディの“顔”であるシングルフレームグリルはより大きく、ワイドになった。
また全高は+13mm(A8Lは+18mm)高くなっているが、キャラクターラインの意匠
などの効果で、他プレミアムセダンとは一線を画す伸びやかなシルエットを実現。
内外装ともに、さらにスポーティさ、洗練さを強調したものとなった。

走行面では、『Q7』に採用された「オールホイールステアリング」をさらに最適化し
ハンドリング性能を向上。さらに設定や運転状況に応じて個々のホイールを上下させる
ことができる「アウディAI アクティブサスペンション」を採用。ラグジュアリーセダン
ならではのスムーズな乗り心地からスポーツカーのダイナミックなハンドリングまで、
幅広い走行特性が得られるようになったとしている。

パワートレインは、ガソリン/ディーゼルそれぞれに3.0リットルV6ターボエンジンと、
4.0リットルV8エンジンを用意するほか、頂点には6.0リットルW12エンジンも設定する。
これらすべてに48ボルト電源を活用したマイルドハイブリッドシステムを採用。エンジン
休止状態でのスムーズなコースティング走行や、最大12kWの回生エネルギーを得ること
が可能となり、燃費性能を高めている。また遅れてプラグインハイブリッド車の「A8L
e-tron クワトロ」も導入されることがわかった。3.0リットルターボエンジンにモーター
を組み合わせ、449馬力/700Nmとスーパーカー並みのパワーを実現する。EVモード
だけで約50kmを走行することも可能だ。

◆「レベル3」自動運転を実現
そして新型A8の最大の目玉は、独自のAI技術に基づいた、市販車として世界初となる
「レベル3」自動運転機能だろう。「トラフィックジャムパイロット」と呼ばれるこの
機能は、「中央分離帯のある比較的混雑した高速道路を60km/h以下で走行しているとき、
ドライバーに代わって運転操作を引き受ける」もの。条件は限定的だが、これを満たす
場合はクルマ側に操縦を任せた自動運転状態となる。

発進、加速、減速はもちろん、ハンドル操作もおこなう上、ハンドルから手を離した
状態で走り続けることが可能だ。アウディは「その国の法律で許されていれば、車載
のテレビを視聴するなど、運転以外の行為を行うことも可能」と説明する。また、
システム側の機能が限界に達した場合は、ドライバーに運転操作をおこなうよう
通知される。

中略

新型A8は2017年晩秋からドイツ市場で販売を開始。A8は9万0600ユーロ(約1178万円)
から、A8Lは9万4100ユーロ(約1223万円)から。日本への導入時期は未定だが、
「レベル3」の日本導入が実現するか、注目度は高い。

【Response】
 https://response.jp/article/2017/07/11/297307.html
続きを読む

1まとめらいぶ2017/01/25(水) 17:00:21.84ID:CAP_USER.net
【AV Watch】
 http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1040754.html



パナソニックは、4K/60pの動画撮影や、高解像度で映像撮影を行ない、そこから決定的
瞬間を1,800万画素/秒間30コマの静止画として切り出す「6Kフォト」機能を搭載したミラー
レスのデジタルカメラ「LUMIX DC-GH5」を3月23日に発売する。価格はオープンプライスで、
店頭予想価格はボディのみで24万円前後、標準ズームレンズ「LUMIX G VARIO
12-60mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S. (H-FS12060)」が
付属するキットは27万円前後。

 マイクロフォーサーズのミラーレスカメラ。1月に米国で開催された「CES 2017」で海外
発表されていたが、日本での発売日や価格が明らかになった。イメージングネットワーク
事業部の山根洋介氏は、「写真と動画のハイブリッドフォトグラフィーを切り開く旗艦として
発売したGH4の、静止画、そして動画をさらに進化させ、このトレンドをさらに進めていく
LUMIX史上最高峰の製品」と紹介。GH4は4K/30p撮影に対応していたが、GH5では
ミラーレス一眼として世界で初めて、4K/60pの撮影に対応。4K/30p/4:2:2/10bit
撮影もサポートする。
続きを読む

↑このページのトップヘ