タグ:世界

1:まとめらいぶ 2019/08/30(金) 18:32:47.75 ID:CAP_USER
「世界で最も黒い黒」ウソのように真っ黒なBMWがデビュー、
すごすぎる黒すごすぎる (1/2)まるで2次元、3次元でも2次元。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 独BMWは8月28日(現地時間)、フランクフルトモーターショー2019で「世界で最も黒い黒」を
施した超特殊仕様のBMW・X6を披露すると発表しました。

no title

ベンタブラックで塗装された超特別仕様のBMW・X6(写真:BMW、以下同)

 世界で最も黒い黒は、可視光の最大99.965%を吸収する物質「ベンタブラック(Vantablack)」を
使ったSurrey NanoSystems製の特殊塗料「ベンタブラック VBx2」によるもの。光をほぼ反射しない
ので、凹凸や抑揚があるはずのボディーものっぺりと平面的に、全く違う車種のように見えます。

no title

(参考)通常カラー仕様のBMW・X6

 同技術は先端宇宙事業向け機材のコーティング用に開発されたそうです。光を吸収することで、
太陽光が影響して検出が困難になる遠方かすかに光る星や遠くの銀河の観測をしやすくします。

 今回の特殊仕様車に施されたベンタブラック VBx2は建築用途向けに調整されたもの。反射率は
1%程度に抑えた仕様ですが、クルマへの採用は同社によると世界初。3次元なのにまるで2次元の
べた塗りの絵のように見える唯一の車両、見る人を驚かせること間違いなさそうです。

 ベンタブラック VBx2が今後市販車の通常ボディーカラーオプションになるかどうかについて、
Surrey NanoSystemsは「日常使用に十分な耐久性のある自動車用Vantablack VBx2塗料の開発は、
超えるべき技術的課題がある」としつつも、BMWは「もちろん想定している。誰がが選んだのを
見たら、自身も選ばずにはいられないだろう」と述べています。

no title

現場で実物を見ても「2次元にしか見えない」そうだ

no title

塗装作業の様子
 https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/30/news078.html

ホントに真っ黒だ……

「BMW・X6 ベンタブラック仕様」その他の写真

次のページへ
 https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/30/news078_2.html

引用元: 【黒塗りの高級車】「世界で最も黒い黒」ウソのように真っ黒なBMWがデビュー、すごすぎる黒すごすぎる

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/11/15(木) 13:40:11.11 ID:04Zkfcva0 BE:837857943-PLT(16930)
11月17~18日に鈴鹿サーキットで開催されるヒストリックイベント「RICHARD MILLE SUZUKA
Sound of ENGINE 2018」に、世界限定10台生産のハイパーカー、アポロ『IE』が日本初上陸。
プロモーションラップを実施する。

アポロ・アウトモビーリ社は、香港出身の実業家にして情熱的なカーフリークとして知られる
ノーマン・チョイ氏が主宰。同社が2018年に発表したアポロIEは、最高出力780hpを発生する自然
吸気の6.3リットルV12気筒エンジンを1250kgの軽量カーボンモノコックシャシーと組み合わせた
ハイパーカー。0-100km/h加速は2.7秒、最高速は333km/hとされている。

あくまで自然吸気の大排気量ユニットにこだわった辺りはオールドスクール志向にも映るが、
アポロIEが根ざしたのは、他にはない情熱的な刺激の実現。ノーマン氏は「単に数値的な速さ
だけを追い求めるのではなく、あくまでも乗り手を心の奥底から興奮させる、真の刺激を表現
したかった」と語っている。

【レスポンス】
 https://response.jp/article/2018/11/14/316154.html

no title

no title

引用元: 世界限定10台のハイパーカー、アポロIE が日本初登場 カッコ良い 何百万するんだよ、これw【画像】

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/01/07(日) 19:33:28.86 ID:CAP_USER9
今や子供たちさえ「将来はYouTuberになりたい」と言うような時代。
先月はわずか6歳のYouTuberが1年で12億円を稼ぐというニュースをお伝えしたが、
今回は世界有数の経済誌『Forbes(フォーブス)』が発表した2017年度の最も高収
入のYouTuberである26歳ゲーマー、ダニエル・ミドルトンさん(通称ダンさん)を
ご紹介したい。

イギリス人のダンさんは「DanTDM」というアカウントで5年前から動画を投稿して
いるが、昨年の収入は日本円にして18億7,200万円だったという。

英ハンプシャー州出身のダンさんは、軍に所属していた父親と慈善団体の仕事をして
いた母親との間に生まれ、6歳の頃からコンピュータゲームにハマった。一番好きな
ゲームソフトは、Nintendo(任天堂)の「スーパーマリオブラザーズ」だそうだ。
デオカメラを使って遊ぶのが好きだったダンさんが、最初にゲームの様子を撮影
したのはポケモンだった。

2011年、大人気ゲームソフト「Minecraft(マインクラフト)」がリリースされると、
ユーザーは攻略法を段階を追って丁寧に教えてくれるオンラインビデオで学ぶことに
熱中した。そこでダンさんは、自らもそのゲームをしているところをYouTubeに投稿
するようになり、これが人生を大きく変えるきっかけとなった。

ノーサンプトン大学で音楽制作を勉強していたダンさんは在学中、生活のために大手
スーパーチェーン店「TESCO(テスコ)」で商品陳列の仕事をしていた。大学を卒業
した21歳の頃には、TESCOの稼ぎよりも動画投稿で得る収入がはるかに多いことに
気付き、両親にフルタイムのゲーマーとして暮らしていきたいと話した。

5年ほど前は仕事を辞めてまでYouTuberとして生計を立てて行くことなど眉唾もので
あり、両親を説得することは困難を極めたそうだ。しかし実際のTESCOとYouTuber
としての収入の比較を伝えると両親は納得し、ダンさんはTESCOの仕事を辞めた。

リスクを承知でフルタイムのゲーマーとなりYouTuberとなったわけだが、この5年で
自分の富と名声がここまで大きくなるとは予想もしていなかったようだ。それでも
ダンさんは「2017年度の最も高収入のYouTuber」となり、1年間だけで1,230万ポ
ンド(約18億7,200万円)という稼ぎを得るまでになった。

これまでの5年間、YouTubeチャンネル「DanTDM」の動画再生回数は100億以上に
のぼり、回数でいうとジャスティン・ビーバーとほぼ同じという。現在はチャンネル
登録者が1,730万人を超えており、投稿するたびに数百万回という驚異の再生数を
叩き出している。ダンさんのファンは小学生や中学生もかなり多いようで、なか
には子供たちを連れて親がダンさんの家にやってきて自撮りをすることもあるという。

ダンさんは自分の動画に夢中になる子供たちやその他多くのファンのために、
動画を投稿するだけでなく「DanTDM」Tシャツや帽子などのグッズも販売し、
ライブツアーも行っている。最近ではオーストラリア・シドニーのオペラ
ハウスでライブイベントを開催し、ファンを沸かせた。

私生活では、2013年に11歳の頃からの幼なじみジェマさんと結婚した。
ジェマさんもゲーマーでかつてはYouTubeへの投稿もしていたようだが、今は共同
ディレクターとして夫のサポート役に回っている。若くして巨万の富を築いたダン
さんだが、家を購入した以外は派手な日常生活をしている光景は見られない。
名声に浮かれず、インターネットの世界に身を置くことへのリスクを常に理解し、
自分の投稿に全ての責任を背負っているからだといえよう。

『BBC News』の取材にも、ダンさんはこのように話している。

「一度ネット上に投稿するとそれは永遠に残ります。誰が保存しているかはわかりま
せん。YouTuberに限らず、自分の投稿が悪用される可能性もあるというリスクを常に
頭に置くべきでしょう。子供たちのファンが多いことは大変嬉しいことですが、やは
りその分責任を感じています。また、親は子供にデバイスを持たせてもいいとは思い
ますが、しっかりと監視するというのが一番大切なことだと思います。」

このニュースを知った人からは「うちの子も彼の大ファンなんだ。
動画の内容をチェックしたけどとてもいい」「8歳の娘も彼の動画が大好きなの。子供
にフレンドリーな内容で投稿されているところがいいわ。これからもいい仕事をして
ちょうだい」「息子は12歳でアメリカに住んでいるけど、彼の大ファンよ。親が安心
して見せられる動画を作ってくれるというのは今の時代素晴らしいことだと思う。こ
れからも頑張って」といった声があがっている。

【livedoor news】
 http://news.livedoor.com/article/detail/14124246/

引用元: 【Youtube】元スーパーの従業員が年収18億円超に…世界で最も稼ぐ英YouTuber、一番好きなゲームソフトは任天堂「マリオ」

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2017/11/23(木) 18:03:41.54ID:CAP_USER9.net
【11月23日 AFP】(更新)エネルギー革命をもたらすと考えられてきたLED(発光ダイ
オード)照明が広く利用されることが、世界中で過剰な光による「光害」の拡大に拍車
をかけているとの研究論文が22日、発表された。光害の増加により、人間と動物の健康
に悲惨な結果がもたらされるという。

 米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)」に発表された今回の
論文が根拠としている人工衛星観測データは、地球の夜の明るさがますます増しており、
屋外の人工照明に照らされた範囲の表面積が2012年~2016年に年2.2%のペースで増加
したことを示している。

専門家らは、この事態を問題視している。夜間の光は体内時計を混乱させ、がん、糖尿
病、うつ病などの発症リスクを高めることが知られているからだ。

 動物に関しては、夜間の光は昆虫を引き寄せたり、渡り鳥やウミガメの方向感覚を失
わせたりなどで死に直結する可能性がある。

 論文の主執筆者で、ドイツ地球科学研究センター
(German Research Center for Geosciences)の物理学者のクリストファー・カイバ(Christopher Kyba)氏は、同じ量の光を供給するために必要な消費電力がはるかに少
ない、より効率的な照明のLED光自体だけが問題なのではないと説明する。

 そうではなく、人間がますます多くの照明を設置し続けることが問題なのだと、カイ
バ氏は今回の研究について議論する電話会議で記者らに語り、「以前は明かりがなかっ
た場所に新たな照明を増やすことがある程度、節約分を相殺してしまう」と指摘した。

 専門家らが「リバウンド効果」と呼ぶこうした現象は、低燃費の自動車にもみられる。
必要な燃料がより少ない車を買うと、車をより頻繁に使うようになったり、より遠くか
ら通勤することにして通勤時間が長くなったりする可能性がある。

■史上初の地球の夜景

 今回の研究は、夜間光向けに特別に設計された史上初の放射計「可視赤外撮像機放射
計(VIIRS)」の観測データに基づいている。VIIRSは、2011年10月から地球を周回し
ている米海洋大気局(NOAA)の地球観測衛星「スオミNPP(Suomi NPP)」に搭載
されている。

 研究チームは、休暇シーズンの光量の増加を回避するために、各年の10月の夜間光量
に限って分析した。

 論文によると「南米、アフリカ、アジアなどの全域でほぼ例外なく、照明の増加が発
生した」という。照明が減少した地域はほとんどなかったが、シリアやイエメンなど戦
闘で荒廃した国々では照明の減少が顕著だった。

 イタリア、オランダ、スペイン、米国などを含む世界で最も明るい地域の一部はみな
比較的変化が少なかった。これは、例えばイタリアでは2012~2016年の期間に、ミラ
ノでLED照明への切り替えによる放射光の減少がみられたとしても、国内の他の地域
で光の増加が起きたということだ。

 また、衛星は多くのLED照明で顕著な青色の波長を捕捉できないため、衛星データ
では夜間光全体が過小評価されている可能性が高いと、研究チームは注意を促してい
る。

■「重大問題」への解決策

 米科学誌「エコロジカル・エコノミクス(Ecological Economics)」に発表された
2010年の研究によると、過剰な夜間光は、野生動物が生息する自然環境に害を及ぼし
たり星空の観測を不可能にしたりするだけでなく、「野生動物、健康、天文学などへ
の悪影響とエネルギーの浪費」で年間70億ドル(約7800億円)近くの損失を引き起こ
すという。

今回の研究には参加していない南カリフォルニア大学
(University of Southern California)建築学部のトラビス・ロングコア
(Travis Longcore)助教(建築学など)は、夜間照明面積の年2.2パー
セント増加について「持続不可能」と表現した。

解決策としては、光量が低い照明を使用する、人がいない時は照明を消す、動物や人の健
康への悪影響が最も大きい傾向のある青色や紫色の代わりに黄橙色のLED光源を選ぶなど
が挙げられる。

また、夜間照明が治安を向上させるなどの世の中の思い込みについては疑う必要がある。
ロングコア助教は、AFPの取材に「照明を増やすと犯罪が減るという決定的な証拠は存在
しない」と語り、「実際、照明の追加によって人々が何をしているかを犯罪者が見やすく
なるために犯罪が増加することを示す部分的な証拠がある」と続けた。

「必要と思い込まれている多くのことはまったく不要だ。それは行き過ぎなのだ」

【AFP】
 http://www.afpbb.com/articles/-/3152655
続きを読む

1まとめらいぶ2017/10/06(金) 14:56:42.94ID:CAP_USER.net


「未来の乗り物」としてのハイパーループ(真空に近いチューブの中をカプセル型の
乗り物がエアプッシュによって高速で移動する乗り物)を全世界に広める計画を持つ
ハイパーループ・ワン社(本社ロサンゼルス、ラスベガスに実験走行路線を建設)が、
昨年から募集していた「グローバル・チャレンジ」の勝者を発表した。

グローバル・チャレンジとはハイパーループ建設を世界各地の自治体と共同で行う
ことを前提に、具体的な路線、建設計画などの提出を求め、ハイパーループ・ワン側が
路線設置に適しているかどうかを審査、全世界で10の路線建設に乗り出すことを目的に
行われたもの。応募は全世界100以上の地域から行われ、15カ月に及ぶ精査が行われた。

 その結果選ばれたのは「シカゴーコロンバスーピッツバーグ」「デンバーープエブロ」
「マイアミーオーランド」「ダラスーヒューストン」(以上米国)「トロントーモント
リオール」(カナダ)「メキシコシティーグアダラハラ」(メキシコ)
「グラスゴーリバプール」「エジンバラ~ロンドン」(英国)「ムンバイーチェンナイ」
「ベンガルールーチェンナイ」(インド)の10路線。ハイパーループ・ワンによると
これらの路線が実現することで53の都市部、6000キロ以上、そして1億4800万人が
ハイパーループにより繋がる、という。

 今後ハイパーループは計画を提出した母団体と協力し、あらゆるリソースを提供して
路線実現に向けて動くことになる。ただしハイパーループ計画を持つのはこれら10地域
だけではない。ハイパーループ・ワンではグローバル・チャレンジに先立ちすでに
フィンランド、ドバイ、ロシア、ロサンゼルスで実際的な計画を進めてきた。
それに対する世界の反応から、自主的にハイパーループを導入したいと考える
自治体や地域を募集する考えに至った、という。

 ハイパーループ・ワンの経営陣にはXプライズ・ファンデーション
(ロケット、無人飛行機、ソーラーカーなど様々なテーマで賞金をかけての世界的な
コンペティションを開催する団体)のペーター・ディアマンディス氏が参画している。
そのためグローバル・チャレンジのような企画が立てやすい環境にあったことも大きい。

 今回のグローバル・チャレンジの最大の成果として、ハイパーループ・ワンと
コロラド州交通局(DOT)との正式提携が結ばれた点が挙げられる。コロラド州
デンバーはパナソニックと提携したスマートシティ計画、全米の都市としては初めての
「自動運転バスの公道走行許可」など、非常に先進的な政策をとっている。政府、
民間との協力もスムーズで、おそらくハイパーループが実現するとすれば米国では
コロラド路線が最初の物になる、と期待がかかる。

【株式会社ウェッジ】
 http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10684
続きを読む

↑このページのトップヘ