タグ:不安

1:まとめらいぶ 2019/06/20(木) 17:04:58.53 ID:0Mguw73/0● BE:565421181-PLT(13000)
どうよ?

no title

珍しい「波の雲」が出現 米バージニア州

米東部バージニア州スミスマウンテン湖でこのほど、波の形をした珍しい雲が出現し、
ソーシャルメディアで話題になっている。

雲は18日に湖上空に現れ、海の波が連なるような形だった。こうした雲は風の強い
不安定な日にまれに形成されるが、条件が整うことが必要となる。

この現象は「ケルビン・ヘルムホルツ不安定性の雲」と呼ばれる。
米国立気象局(NWS)によると、
「静的に安定した領域でのウインドシアと関連する縦方向の波」
として定義され、レーダーや写真で砕ける波のような形で捉えられるという。

大気中の異なる層が違う風速で吹いているときに、波のような形状が出現する。
気温や湿度の条件が整うことも必要となる。

【Yahoo! ニュース】
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-35138763-cnn-int&pos=3

引用元: ν速名物の、凄い雲の画像貼っていこうぜ 見てて不安になる系のやつ まず俺からな

(C)2015 - 2019 まとめらいぶ

続きを読む

1:まとめらいぶ 2018/11/30(金) 20:12:10.73 ID:CAP_USER9
鳴門市職員 飲酒運転で停職処分

【NHK NEWS WEB】
 http://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/20181130/8020003594.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

鳴門市の52歳の男性主任が酒を飲んで自家用車を運転したとして、
市は30日付けで、この主任を停職4か月の懲戒処分にしました。

懲戒処分を受けたのは、鳴門市クリーンセンター廃棄物対策課に勤務する52歳の男性主任です。

鳴門市によりますと、主任はことし9月、自宅で酒を飲んだあとに、自家用車を運転して
鳴門警察署に向かい、自ら飲酒運転を行った旨を伝えたということです。

警察は今月下旬にこの主任を飲酒運転の疑いで書類送検しました。

市の調査に対して主任は飲酒運転を認めた上で動機について
「住宅ローンなどの返済に不安があった。警察に捕まればローンを払わなくて済むと思った」
と話しているということです。

このため市はきょう付けで主任を停職4か月の懲戒処分にするとともに、
上司にあたる市民環境部長、環境局長、クリーンセンター
廃棄物対策課長の3人を文書での訓告処分にしました。

鳴門市の泉理彦市長は、

「本市ではことし5月にも飲酒運転を行った消防職員の懲戒処分を行ったばかりであり、
再び市民の信頼を大きく損ねてしまったことは大変遺憾であり、みなさまに深くおわび申し上げます」

と話しています。

市は来週にもすべての職員を対象に交通安全の研修などを開いて、
再発防止に努めることにしています。

廃棄物処理場

【イメージ画像】

引用元: 【現実逃避】鳴門市職員、飲酒運転し警察へ 「住宅ローンなどの返済に不安があった。警察に捕まればローンを払わなくて済むと思った」

(C)2015 - 2018 まとめらいぶ

続きを読む

1まとめらいぶ2016/01/24(日) 18:29:36.64ID:CAP_USER*.net
現在放送中のドラマ『家族のカタチ』(TBS)で香取慎吾が演じる大介のように、

「あえて結婚しない」

アラフォー男性が増えつつあるようだが、その影で、

「したいのにできない」

中年男性たちもまた、年々増加しているという。

 特に問題視されているのが、中年フリーターの未婚化だ。厚労省の発表によれば、
2014年時点で34~44歳男性の非正規雇用率は9.5%に達し、中年のフリーターの
数は過去最高を更新し続けている。その一人である
亀岡さん(仮名・47歳)に話を聞いた。

◆年齢的にも収入的にも、女性に相手にされない

<亀岡竜也さん(仮名・47歳)/年収280万円/彼女ナシ歴10年>

「独身だと病気やケガをしたら死ぬしかありませんね」と嘆く亀岡さん。
早朝は築地市場の作業員、昼は介護士バイトで生計を立てている。

「大学卒業後に当時は高給取りだった大型トラック運転手になりました。
20代で年収は1000万円近くあったかな。でも、バブル崩壊後に給料が半減。
42歳で運転手の職業病である痔を患い、今の仕事に転職しました」

 介護士資格を有するも、その給料だけではやっていけず、正社員ではなく
パートタイム勤務。二足のわらじを続けた結果、長距離トラック運転手時代に
貯めた500万円の貯金は約300万円まで目減りした。

◆インフルエンザで衰弱死を覚悟

「悔やんでも悔やみきれないのは、過去2回見送った結婚のチャンスです。
30代前半だったこともあり、“まだ遊びたい”と結婚を拒否してしまいました。
でも、今は結婚したくて仕方ありません。

 2年前の冬、インフルエンザで4日寝込んだとき、病院にもコンビニにも行く
体力がなかった。唯一あったカレーのルウをお湯に溶いてエネルギー補給
しましたが、衰弱死も覚悟しましたね。何の保証もなく、このまま仕事が
できなくなったら、人生おしまいです」

 既婚者で共働きであれば、収入面でリスクヘッジできる。
だが、独身者はそうもいかない。

「貯金があるうちに、何とか結婚したいと思いますが、
年齢的にも収入的にも女は相手をしてくれない。
ガンになってからガン保険に入れないのと一緒です」

 女性にとって年齢は結婚における大きなハードルになると言われるが、
ある年齢を過ぎれば、男性も同じようだ。だったら同年代の独身女性を探せば
いいのにと思うが、やっぱり若いコの方がいいのだろうか……。

※ 35~45歳で個人年収400万円以上600万円未満の独身男性200人が対象。

Yahoo! ニュース

非正規中年

【イメージ画像】
続きを読む

↑このページのトップヘ