不動産 : まとめらいぶ

タグ:不動産

1まとめらいぶ2017/07/21(金) 19:39:53.68ID:CAP_USER.net
パナホームは20日、都市部の狭い土地でも空間を有効利用して二世帯が暮らせる3階建て
住宅の新商品を発表した。地価の上昇が続く東京や大阪などでも眺望や日当たりといった快
適さを追求するとともに、小さな屋根では難しかった太陽光発電の性能も高めた。

 郊外に比べて土地の限られた都市部では住宅の高さや形状に関する規制が厳しく、これま
で3階部分を十分に活用できないケースもあった。新たな住宅では、手狭な土地でも屋根の
形状を工夫することで3階部分に高い天井のリビングを実現。屋根の面積も広くし、太陽光
パネルを設置できる枚数も増やした。

 国土交通省によると全国の3階建て以上の住宅のうち、2016年度の着工棟数の8割超
が東京と大阪、神奈川、埼玉、愛知、兵庫、千葉、京都の8都府県に集中。パナホームはこ
うした世帯の建て替え需要を取り込みたい考えで、3階建て以上の住宅の年間売上高を16
年度の約800億円から18年度までに1000億円に引き上げることを目指す。



【SB】
 http://www.sankeibiz.jp/business/news/170721/bsc1707210500005-n1.htm
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/06/15(木) 15:29:50.90ID:CAP_USER.net
米電気自動車メーカー、テスラの「モデルX」ほどの広さのアパートはいかがだろう。
面積は約161平方フィート(約15平方メートル)。香港の不動産開発大手ヘンダー
ソン・ランド・デベロップメント(恒基兆業地産)が販売するミニアパートで、
価格は50万米ドル(約5480万円)をわずかに下回る水準だ。実際のモデルXは
香港で約15万米ドルから売られている。



 香港では住宅価格が最高値を更新し、世界で最も住宅を取得しにくい状況が続いている。
こうした中で長江実業地産や九龍建業、ヘンダーソンなどの不動産開発業者はより面積が狭
いアパートの販売を増やしている。同業の俊和発展集団は128平方フィートの住戸の建設を
計画。米カリフォルニア州の物置小屋ほどの広さだ。

当局のデータによると、こうしたミニアパートが新築住宅に占める割合は2010年には5%
にすぎなかったが、昨年は27%に上昇。当局は来年には43%に達すると予想している。価
格は10-16年に99%上昇。香港市民の大半にとって高根の花である、より広い住宅の価格
の2倍余りのペースで値上がりした。

不動産開発各社は当局が掲げる住宅供給目標達成への協力を模索するとともに、販売価格
を買い手が取得しやすい水準に引き下げようとして、一つの区画により多くの住戸を建設
するようになっている。土地の入札価格も最高記録を更新しており、そのコストを回収す
る必要もある。

【Bloomberg】
 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-15/ORKF8S6S972801
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1まとめらいぶ2017/04/11(火) 06:53:29.08ID:CAP_USER.net
賃貸業界大手で初、鍵の閉め忘れも離れた所から施錠可能

株式会社レオパレス21は、グラモが展開するスマートロックをレオパレス21仕様にカスタ
マイズした『Leo Lock』を共同で開発し、4月より受注した10月の完成物件より順次搭載
することで、当初年間約1万戸への導入を予定しています。なお、ネットワーク連携型スマ
ートロックと家電制御機能を搭載した賃貸住宅としては国内最大規模となる見込みです。 

『Leo Lock』は、基本的な「鍵」に求められる耐久性や信頼性を担保した上で、クラウド
サーバーと連携する先進の機能を実現した新しいコンセプトのスマートロック製品です。
この機能により、例えば那覇から札幌に引越しされる入居者様にも暗証キーをリモート
操作でどこででも直ちに発行でき、鍵の受け渡しに手間取ることもなくなります。

また、従来の鍵を持つ必要が無く、無理に解錠しようとしたり、火災などで異常な温度変
化を検知した場合は、スマートロックを経由して指定された宛て先に知らせることも可能
になりました。

また、既に採用している家電制御機器『Leo Remocon』と連動させることで、施錠、開
錠の確認を遠隔で可能になる他、TV、エアコンなど家電の自動制御や、鍵の開け閉めで
室内の電灯を自動的に点灯、消灯することが可能です。

『Leo Lock』では、レオパレス21の業務システムと連携することにより、
入退去時の鍵の交換などで発生していた年間約5億円のコストを、大幅に削減可能です。

【共同開発した『Leo Lock』の固有機能】
今回、レオパレス21とグラモが共同でお互いのシステムを連携開発することにより、
現在の運用業務を大きく変更することなく、自然に業務効率を高めることが可能なシス
テムを実現しました。『Leo Lock』はレオパレス21の業務システムと完全に連携されて
おり、従来人手を介して実施していた鍵のシリンダー交換や受け渡し、紛失時の対応等
の管理業務が遠隔から自動で行われるため、入居者様の利便性向上に加え、管理コスト
を大幅に削減可能です。また、鍵の受け渡しを遠隔で行えるので、無人での物件下見が
可能になります。

中略

【システム連携による利用シーン】
・入居時には、入居開始日に合わせて、入居者毎の鍵情報が自動的に発行されます。
・入居者の退去時には退去日に合わせて、鍵情報が無効化され使用不可になります。
・物件内覧時やメンテナンス時には、該当物件のワンタイムキーを発行するので、
 内覧者や業者への物理的な鍵の受け渡しが不要です。





【jiji.com】
 http://www.jiji.com/jc/article?k=000000337.000005429&g=prt
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ