タグ:三越

1まとめらいぶ2017/09/30(土) 10:03:40.46ID:CAP_USER.net
今年2月のさくら野百貨店仙台店(仙台市青葉区)の破綻に伴い、同店での営業休止を
余儀なくされた人気のナポリタン専門店が仙台三越(青葉区)に移転し、10月1日に
再オープンする。「日本一のナポリタン」の復活を待ち望んだ顧客の声に応えた。

店名は「日本一のナポリタン スパゲッチパーラーマルハチ」。
店舗は仙台三越定禅寺通り館地下1階で、面積は約25平方メートル。
座席は10席ある。具などが異なるナポリタンは5種類で、従来より2種類増えた。

さくら野仙台店地下1階にあった当時の店名は「東京ナポリタン(8)」。
2011年8月にオープンし、
13年にはナポリタンの日本一を決める大会で最高賞のグランプリに輝いた。

「日本一のナポリタン」として多くの人に親しまれたが、さくら野仙台店の破綻で
営業を休止。その後、市民から「必ず復活してほしい」との声が相次いだ。
仙台三越が「幅広い世代に来客してもらえる店舗」として誘致した。

店舗を運営するオールスパイス(仙台市)の角田秀晴社長は
「多くの人の励ましと仙台三越のありがたい誘いがあり、復活できた。
 日本一のナポリタンを多くの人に提供したい」と意気込む。

営業時間は午前10時~午後7時(ラストオーダー午後6時半)。
仙台三越の休館日は休み。

写真:営業再開の準備が進む「日本一のナポリタン スパゲッチパーラーマルハチ」



【河北新報】
 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170930_12003.html
続きを読む

1まとめらいぶ2015/12/08(火) 20:44:31.21ID:Ar7ikfeg0.net BE:586999347-PLT(15931)
三越伊勢丹グループの新宿・銀座・浦和の3店舗で、
1月2日迄休業日にすることが発表された。業界では、
稼ぎ時といわれる「初売り」を3日にずらすのは異例の決定ともいえる。

 この件に関しては、今年9月に三越伊勢丹グループから公式の発表があったが、
主に同グループに出店している洋菓子店「銀座ウエスト」がこの度、公式アカウントで
ツイートし、再度話題になったかたちだ。

同アカウントは、「売上げより我々社員の労働環境の改善を重視した英断だ」とも
述べている。

※ ツイートでは、3店舗となっているが、公式発表では8店舗となっている。

 以前から、取引先も販売員の労働環境や人材の安定確保の観点から営業時間
短縮や店舗休業日を求める動きがあり、「平成24年より虎屋の黒川社長はじめ
食品業界有志の皆様が一貫して百貨店業界に働き掛けてきた
努力の賜物なのです」とも投稿している。

 百貨店最大手の三越伊勢丹グループが1月2日迄休業を決めた背景には、
「1995年以降の約10年間で百貨店の営業時間、営業日が拡大し、従業員の労働
環境が厳しくなったことで百貨店の強みである販売サービスの低下を招いた」と
説明している。同社は2009年度から営業時間の短縮を、2001年度から元旦
以外の休業日を導入し、その結果、営業時間に販売員が厚く配置され、
より質の高い手厚いサービスを提供することが可能になった。営業時間の拡大
よりも、販売サービスの強化が顧客満足につながったのだ。

 これに対し、Twitterユーザーからは、
「素敵な会社ですね」「(従業員も)元旦くらいはゆっくり過ごそう」という賛同の声が
多く寄せられた。この業界異例の休業により、今後この働き掛けの
拡大や動向が大いに注目されることだろう。

トゥキャッチ

初売り
続きを読む

1まとめらいぶ2015/06/24(水) 21:38:20.45ID:???.net
ねとらぼ

 三越伊勢丹は、7月1日から希少性の高いランドセルを販売します。
なかでも、イタリアのマエストロ職人工房「ペローニ」による色染めから
細かな装飾まで手作業で作ったベジタブルタンニンレザー製ランドセルは、
芸術品のような仕上がりとなっています。価格は税込17万2800円。
伊勢丹新宿本店および三越日本橋本店のみの販売となります。



 三越・伊勢丹の両百貨店は昨年から共通したオリジナル商品を
手がけており、今年はさらにそのバリエーションを増やしていきます。

 ほかにも、馬のおしりの革「コードバン」を用いたランドセル
(税込14万400円)や、女の子のための愛らしい黒いランドセル、
男の子のための背面も色鮮やかなカラーコンビネーションが
魅力のランドセルなど、多数の商品が発表されていました。

 まだ、来年の4月までは半年以上ありますが、来年入学の孫を
持つおじいちゃん、おばあちゃんは、今から
楽しみが始まっているようです。
続きを読む

↑このページのトップヘ