1まとめらいぶ2016/12/02(金) 10:51:47.61ID:CAP_USER.net
【田中龍作ジャーナル】
 http://tanakaryusaku.jp/2016/12/00014920

 東電(2012年)、ワタミ(2013年)、ヤマダ電機(2014年)・・・
“名だたる会社” が受賞してきた「ブラック企業大賞」。

 弁護士、大学教授、労働団体幹部などからなる「ブラック企業大賞実行委員会」がきょう、
2016年のノミネート企業を発表した。発表の場所は厚労省記者クラブだった。

 今年(2016年)ノミネートされたのは「電通」「関西電力」「佐川急便」など10社。
実行委員の佐々木亮弁護士が10社のノミネート理由を説明した。

 いずれも聞いていて「なるほど」と頷けるノミネート理由だった。だが日経新聞の記者は
関西電力がノミネートされていることに疑義を唱えた。

 佐々木弁護士の説明(実行委の資料にもとづく)によると―
 2016年4月20日、高浜原発1、2号機の運転延長申請を担当していた管理職の男性が
自殺しているのが見つかった・・・日々、規制委の対応に追われ同年1月には1ヵ月の残業
時間が100時間を超えるようになり、2月には200時間・・・労働基準監督署は、男性の自殺は
長時間労働による過労が原因だったとして労災と認定した。

 この説明に対して日経記者は「関電(について)は当局が多分認めていないと思う。
関電自体は明かしていない…(中略)報道ベースによる事実に基づいてノミネートしている。
選考基準に問題はないのか?」と佐々木弁護士に質した。

  日経記者の言う「当局」とは何を指すのだろうか? 労基署は労災認定している。

  同弁護士は「報道ベースであれば世の中の人が知っている事実。無視するわけには
いかない。今回ノミネートの対象とした」と明快に答えた。

関電・高浜原発。老朽原発の運転延長申請にあたっていた男性が過労死した。

=写真:高浜原発運転差し止め原告団提供=

 報道ベースとは各社の報道である。体制に対しては控えめなNHKでさえ10月20日に
報道した。当の日経が10月20日付(電子版)で伝えているのである。

 関西電力が「原発絡みで過労死があった」などと自ら明らかにするだろうか?

日経記者にしてみれば《 関西電力をブラック企業に
ノミネートするとは けしからん 》ということだろうか。

 マスコミを差配する電通がノミネートされていたことから、
記者会見場には重苦しく殺伐とした雰囲気が垂れ込めていた。

 記者会見に出席した社は ちらほら 。テレビ局は一社たりとも来ていなかった。

「2016年ブラック企業」にノミネートされた10社は以下 

1.株式会社エイジス
2.株式会社 電通
3.株式会社 ドン・キホーテ
4.株式会社プリントパック
5.関西電力株式会社
6.佐川急便株式会社
7.サトレストランシステムズ株式会社
8.宗教法人 仁和寺
9.ディスグランデ介護株式会社(「茶話本舗」FC企業)
10.日本郵便株式会社

~終わり~

過労

【イメージ画像】
続きを読む